著名人

プレバトの水彩画の先生・野村重存の個展を紹介!作品の価格は?

投稿日:

TBSプレバトの水彩画査定でお馴染み、野村重存先生。

もう、自分の水彩画の腕を自慢したいとばかりに、毎回お手本を見せ、周囲を圧倒させていますよね。

その光景に対して、MCの浜田雅功さんがツッコみを入れていますが、その姿が面白く、査定が行われるたびに、よく拝見しています。

さて、そんな水彩画査定を担当している野村重存先生ですが、番組などで、彼の個展の話や作品の価格などの話は、あまり出てきていませんよね。

それだけに水彩画の実力や、個展での実績など気になる人も多いみたい。

そこで改めて、本記事にて、野村重存先生の水彩画の実力や、個展・作品の価格を探り、まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

野村重存先生の水彩画のレベルの高さに衝撃

水彩画やデッサンでも、まるで写真を見ているかのような作品を作り上げることができる…。

これは筆者が専門学校時代に体感したことですが、その頃のことを、もう一度思い出させるような優れた講師がプレバトで水彩画査定をしています。

その人こそ、カルチャースクールや生涯学習講座などで水彩画の講師を務め、数々の指導書を出している、野村重存先生です。

 

野村重存先生の水彩画のレベルの高さは超一級

野村重存先生の水彩画としてのレベルは、素人が見ただけでも一目瞭然で、明らかにレベルが違いすぎますよね。

それは、プレバトを観ている人なら、十分理解していると思います。

立体感・リアリティ・色彩など、どれを取っても、ちょっと絵をかじった程度では絶対に出せないクオリティ…。

もし、野村重存先生の絵が下手だというのであれば、その人は、よほどの水彩画の達人であるとしか言いようがありません(笑)

そもそも、絵で写真と同じように正確に描写するのは凄く大変なことで、相当の技量を持っていないと絶対に不可能です。

そして、水彩画を普通に描くレベルでは、構図選びから平面的となってしまい、立体感がでないか、どことなく違和感を覚えてしまうものです。

立体感を意識した構図選び一つで絵のクオリティは変わる

例えば、金閣寺や法隆寺などの歴史的建造物を題材に、水彩画を描くとしましょう。

当然、テーマが歴史的建造物である以上、建物を中心に構図を取るかと思います。

しかし、ただ漠然と建物だけを描くと、その立体感は乏しく見えます。

金閣寺や法隆寺を見に来る人達、周りの木々など、どのように、前後の立体感を映し描いていくのか…。

遠近感も考えた上で、構図を取らなければ、水彩画としての美しさは半減してしまいます。

筆者は、CG制作を嗜んだことがあるので、絵のことは多少分かるのですが、この構図を取るのが本当に難しいのです。

少しでも間違うと平面的に見えてしまいますし、仮に構図が上手く取れたとしても、遠近感が少しでも狂うと、おかしな絵になってしまいます。

野村重存先生の構図選びは写真を超えるレベル

野村重存先生の絵は、立体感がリアルに映し出され、まるで写真を見ているかのような、錯覚すら受けてしまうのです。

このような技量・感性を持ち合わせていることが、野村重存先生の実力の高さだと感じています。

もちろん、空の描き方や、木々の描き方など、テクニックでいくらでもカバーできる部分はあるかもしれません。

しかし、構図選びに関しては、テクニックではどうすることもできず、優れた感性がないと、どうしてもつまらない絵になってしまいます。

写真と錯覚させるかのようなスキルを見せるなら、長年培われてきた感性は、どうしても必要とされるのです。

 

俳句査定とは異なり、プレバトで『水彩画の才能査定ランキング』を毎週やっているわけではありません。

ただ、不定期ではありますが、放送しています。

なので、みなさんもぜひ、一度機会を見つけて観てください。

手本として描かれる野村重存先生の水彩画のレベルの高さに、間違いなく衝撃を受けると思いますよ。

 

野村重存先生の個展の開催時期・場所は?

プレバトでも、かなりの実力の持ち主として注目されている水彩画の先生・野村重存先生ですが、画家としての話はあまり耳にしませんよね。

講師として、予約殺到で何年待ちという話を聞くものの、個展を開いて作品がいくらで売れたなんて話はありません。

単純に筆者が知らないだけなのか、それとも個展そのものを開催していないのか…。

いろいろ気になりましたので、あらためて調べてみることにしました。

野村重存先生の過去の個展の開催情報

一応、調べてみたところ、野村重存先生は、過去に個展を何度か開いています。

2011年、2013年、2015に一度ずつ。

また、2017年10月には、東京丸の内(丸善・丸の内本店4Fギャラリー)にて開催しています。

入場料は無料で、単純に絵を見て楽しむというもの…。

その時も同様に絵の販売はしていなかったらしく、そのスタンスは今も変わっていないみたいです。

個展というと、絵を展示して販売する画廊に近い物をイメージしてしまうのですが、あくまで個展なので、展示が目的なのでしょう。

今後の野村重存先生の個展の開催予定は?

さて、今後の野村重存先生の個展の予定ですが、いまのところは全くないみたいです。

というのもデッサン・水彩画教室の忙しく、それどころではなさそう…。

もちろん、現時点で個展の情報が流れていないだけで、もしかしたらどこかのタイミングで個展を開くことあるかもしれません。

そのあたりは、今後の野村重存先生の動向次第と言って良いでしょう。

やはり個展に赴き、野村重存先生の水彩画の素晴らしさを体感したいという人も多いと思います。

ただそういう人ほど、実際に水彩画教室で授業を受けながら、その世界観を体感してみることをおすすめします。

 

野村重存先生の作品の価格や評価は?

野村重存

野村重存先生の絵

先程お話したとおり、野村重存先生は、デッサン・水彩画の講師としての活動を中心にしています。

なので、おそらく画家として絵を売って生計を得る考えはないのでしょう。

いろいろ調べてみましたが、野村重存先生の絵が販売されている情報はどこにもありませんでした。

野村重存先生の作品の価値(推定価格)

そこで、いろいろ考察してみたのですが、おそらく絵の価値(価格的な)は、それほど高くはないのかなぁと考えています。

もちろん、野村重存先生の絵の力は凄いものです。

ただし、野村重存先生は、そのノウハウや技術・感性を、多くの生徒に教えています。

つまり、何十年後か先に、野村重存先生のレベルに達する生徒が現れれば、同じレベルの作品は描けるはず…。

ということは、当然、絵としてのレアリティは下がってしまうでしょうし、価格そのものが上がるとは、とても考えにくいのです。

まぁゴッホやピカソの絵の価格が上がったのは、彼らが亡くなられた後の話ですし…。

いずれにしても野村重存先生の絵が、億単位で取引されることはないでしょう。

野村重存先生の作品以上に水彩画の指導が大好評

ただし、彼のデッサン・水彩画講座を受けたいと応募する生徒は、計り知れないほどいるそうです。

なので、そこで元は十分取れているはず…。

絵の価値よりも、絵を教える能力の高さに価値を見出している巨匠というべきだと思いますよ。

野村重存先生の絵の評判

さて、肝心の野村重存先生の作品の評判ですが、大半が、

実物よりもリアル

というくらい大好評!

構図選びから正確なデッサンまで、どれを取っても素晴らしく、そのクオリティの高さが作品を通じて伝わってきます。

野村重存先生は、

作品に対して時間をかけて丁寧に描くこと

を気をつけているそうです。

何でもゆっくり描いていかないと、どうしてもデッサンが狂ってしまうんだとか…。

もちろんゆっくり描くことの中には、対象物をしっかり観察する部分も含まれているのでしょう。

対象物(モチーフ)のことを理解した上で、丁寧に描いてこそ、あれだけのレベルの作品ができあがります。

野村重存先生の評判の良さの裏側には、彼の技量だけでなく、作品にかける想いもたくさん込められていることがわかりますね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

プレバトで水彩画査定をしている野村重存先生の作品は、いずれも写真を超えるような素晴らしい作品で、絶賛の嵐…。

ただ、あくまで野村重存先生はデッサン・水彩画の指導者(講師)に過ぎず、画家という立ち位置ではないので、自身の絵を販売することはないみたい…。

一応、個展を開くこともありますが、不定期で開催しているらしく、今のところ次の開催は未定の模様。

ただ、随時カルチャーセンターなどで、デッサン・水彩画講座は開いていますし、彼の指導書などでノウハウを学ぶことも可能です。

また、プレバトを通じて野村重存先生の作品の凄さを体感することもできるので、ぜひ、一度観てくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-著名人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.