時事

国際信州学院大学の飲食店の予約ドタキャン炎上の真相!元ネタは?

投稿日:

Twitterで炎上状態にまでなった、ある飲食店の予約ドタキャン事件を知っていますか?

国際信州学院大学という大学の教職員50人が、飲食店の予約をドタキャンしたと、飲食店がTwitterで投稿、それが炎上したという一件です。

しかしこの一件、実は飲食店から国際信州学院大学まで、全てが架空の存在であるという事実が判明しました。

国際信州学院大学が架空の存在だったということですが、一体元ネタは何だったのでしょうか?

当記事では、国際信州学院大学の飲食店ドタキャン炎上について、その真相や国際信州学院大学の元ネタを探っていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

国際信州学院大学が飲食店の予約ドタキャンで炎上!

事件が起きたのは、2018年5月13日のことでした。

『うどんや 蛞蝓(なめくじ)亭』という飲食店のアカウントが、

無断キャンセルに合いました。

50人で貸切の予約で、料理を準備してお待ちしてましたが、予約時間過ぎても見えず、此方から電話するとキャンセルとの返事。

キャンセル料を請求したら、そんな説明は受けていないと逆ギレ。

国際信州学院大学の教職員の皆さん、二度と来ないでください。

#拡散希望

とツイートしたことが全ての始まりです。

(全てが発覚した今、蛞蝓亭のアカウントは非公開状態となっています。)

この投稿は、大学の教職員という、いい年をした人たちがドタキャン。

さらにキャンセル料も踏み倒したことが重なって炎上状態に!

「教える立場の人が常識ないとか、最低」

「絶対に許すな!」

「人に教える立場の人間が何をやっているんだ」

「弊社の社員を連れて食べに行きましょうか?」

「とても気の毒…」

など、うどん屋に同情の声や、国際信州学院大学の教職員に対する批判が集まる結果に。

そして、国際信州学院大学のホームページにアクセスが殺到し、一時鯖落ちするなど、誰が見てもわかる炎上状態になってしまったのです。

うどん屋さんは、

「弊社の社員を連れて食べに行きます」

というツイートに対し、

お気遣いありがとうございます。

時間が経つとすぐに傷んでしまうので、泣く泣く廃棄しました(T_T)

また今度の機会に来ていただけると嬉しいです。。。

と返信。

(実は、この『弊社の社員を連れて食べに行きます』というツイート主もグルです。)

また、国際信州学院大学の生徒が教職員に代わって謝罪をするやりとりもありました。

Twitterで瞬く間にリツイートが広がり拡散されていった今回のうどん屋予約ドタキャンの炎上事件…。

しかし、この事件には、もう1つ大きな真相が隠されていたのです!

 

国際信州学院大学の飲食店ドタキャン炎上の真相!

Twitterでかなり拡散され、怒りに任せてリツイートやこの件に対してコメントしてしまった人も多いかと思います。

が、しかし…

実はこの一件、とんでもない真相が隠されていたのです。

なんと、

飲食店の蛞蝓亭、国際信州学院大学ともに架空の存在

だったのです。

まぁ、要するに

釣り

ですね。

つまり、今回ドタキャンされた店など存在せず、さらにドタキャンをした国際信州学院大学という大学も実在しません。

国際信州学院大学は、過去にも

『教員がPCで漫画村をお気に入り登録していた』

というツイートで炎上したことがありましたが、全てフェイクだったのです。

当然ながら、国際信州学院大学が存在しないので、その生徒や教員のアカウントも全てフェイク。

実際に存在する人たちではありません。

国際信州学院大学はホームページもあるのですが、それもわざわざ釣りのための仕込みとして用意されていたものだったのです。

 

それにしても、被害者・加害者全てが釣りという手の込んだ自作自演…。

そしてホームページも存在し、わざわざ有料かつドメインの中では高額な『.jp』ドメインまで用意してある国際信州学院大学の元ネタとは、一体何なのでしょうか!?

 

国際信州学院大学の元ネタは?

これほどの大規模な釣りができる場所というと、釣りの名所であるあそこしか考えられないのですが…。

やはりというべきか、国際信州学院大学の元ネタは、

5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)

でした。

国際信州学院大学の元ネタとなったスレは、実は数か月前にさかのぼり、2018年1月に立てられたスレッド

『受験シーズンだし安価で架空の大学を作って受験生釣ろうぜwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww』

というスレでした。

何がすごいかというと、1月にできたスレが未だに続いていて、多くの協力者が集まり、非常に高度なネタとして完成されたところですよね。

 

国際信州学院大学の公式サイトを見てみても、かなりいい出来になっています。

架空の大学なのに、マスコットキャラクターまでいます。

Twitterには生徒だけでなく、教授のアカウントも存在。

かなりキモイ見た目をしている国際信州学院大学のマスコットキャラクター・フラッパー君。

ちなみにフラッパー君は、『いらすとや』のバッタとスキーヤーのイラストを組み合わせて作られています。

また、インターネット出願システムも用意されているんですよ。

本当に素晴らしい手の込み具合ですが、筆者が一番感心させられたのは、先述したドメインです。

『.jp』ドメインを取得したのも、大学のホームページが無料のホームページ作成サービスである『jimdo』だとおかしいとツッコミがあり、わざわざ有料の『.jp』ドメインを取得したわけですからね。

また、画像編集ソフト『GIMP』を使って学校の外観を作る人や、校歌を作成してYoutubeに投稿する人も…。

まさにVIPPERの持てるスキルを最大限活用した大作が、国際信州学院大学だと言えるでしょう。

この久しぶりとも思えるVIPクオリティを感じる釣りは、

『モスバーガーのきれいな食い方教えれ』

『釣神様』こと『俺の先祖は恐ろしい人物かも知れない・・・』

さらには

『電車男』

のような釣りでしたね。

 

ただ、国際信州学院大学のホームページは、よく見れば釣りだとわかるネタ部分が結構隠されているんですよね。

『本学の歴史』という欄では、

歴代学長の名前に元2ちゃんねる管理人・西村博之さんの名前があったり、ヴィップク・オリティという人がいたり…。

歴史の中に

学長が逮捕される

ネタが2回も載っていたり…(笑

さらに、教員の欄では、真っ先に出てくるのが、コサックダンス吉村というお笑い芸人みたいな名前の人。

その人の顔写真が陸軍中将・長岡外史のものだったりもします。

就職実績の『YouTuber 200名』も笑ってしまいますね。

 

ちなみに、この就職実績の下の方へ行くと載っている、

『本校卒の著名人』

にある本村優子という人物が、蛞蝓亭に対して

「弊社の社員を連れて食べに行きましょうか?」

と声をかけたアカウントの人物…。

要するに釣りアカウントの仲間なのです。

 

こうして、VIPPERの総力を集めて誕生した国際信州学院大学。

数か月の時を経て、

Twitterのトレンド1位

になるほど有名になったのです。

教員の漫画村問題にしても、飲食店の予約ドタキャンにしても、受験生ではなく、Twitter民が釣れたというちょっと予想外な方向へ行ってしまいましたが…。

今回釣られてしまった人も、ネットの情報はよく調べる…。

これが学習できたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

国際信州学院大学という架空の大学の教職員が、蛞蝓亭という架空の飲食店の予約ドタキャンをしたことがTwitterで炎上しました。

しかし、釣られたのはTwitter民であり、国際信州学院大学自体は5ちゃんねるが元ネタの壮大な釣り計画。

「うそはうそであると見抜ける人でないと(略)」

という言葉もあるくらいです。

SNSが元となって大きな騒ぎになっていることに対しては、きちんと調べる癖をつけた方がいいなと、改めて思わされた事件でしたね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.