生活

遺産相続の遺言書の効力とは?有効になる正しい書き方をチェック

投稿日:

あなたは、自分がこの世を去った時、大切な人に何を残したいですか?

とは言え、残された人にしてみれば、

「遺産相続って、いったい何をすればいいの?相続できるのは誰?いくらもらえるの?」

という疑問がわくことでしょう。

自分が亡くなった後に、遺産相続でトラブルなんて起きてほしくないですよね。

そうならないためには、遺言書を残しておくことが、最も良い方法です。

そこで今回は、

遺言書はどれくらい効力があるのか。

どんな書類にどんな書き方をすればいいか。

について紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

遺産相続に遺言書は必要か?ない場合は?

遺言書

遺産相続する場合、遺言書がある場合と、ない場合では、相続可能な人や相続するものの内容が違ってきます。

まずその違いを見てみましょう。

遺言書がある場合

遺言書がある場合は、遺言書に書かれた内容に従って相続されます。

ただし、遺言書の扱いには注意が必要です。

遺言書がない場合(無効も含む)

この場合、法定相続人の順位に従って相続します。

この場合、被相続人の配偶者は、必ず法定相続人となります。

他には、子供、親や祖父母、兄弟姉妹の3つのまとまりのうち、一番順位の高いまとまりの人達が法定相続人となります。

ですから、

法定相続人の順位の通りに相続したくない場合は、遺言書を遺す必要があるというわけです。

たとえば、子供たちのうち、自分の介護を一生懸命してくれた子供に、財産を多く残してやりたい場合などです。

 

遺産相続の遺言書の作り方

遺言書には、以下の3種類があります。

それぞれ、作り方や保管の仕方、有効にするための方法が違いますから注意が必要です。

自筆証書遺言

遺言者が、手書きで作成した遺言書の事です。

書式や保管の仕方は、とくに指定がありません。

手軽に作成できる反面、紛失や改ざんされるリスクがあります。

また、内容に不備がある場合は、無効になる可能性があります。

相続開始時には、遺言書を見つけた人が家庭裁判所から検認を受けなければなりません。

公正証書遺言

遺言する人が公証役場の公証人に遺言内容を伝え、その内容を元に、公証人が遺言書を作成し保管します。

遺言書の作成には時間がかかりますが、公証人役場で保管するため、紛失や改ざんされる心配がありません。

遺言者が自筆で作成することが困難な場合でも、確実に作成することができます。

また、家庭裁判所の検認が必要ないので、相続開始時には、すみやかに遺言内容を執行することができます。

秘密証書遺言

書式や保管の仕方は、とくに指定がありません。

遺言者が作成して封をした後、公証人役場の公証人が確認し、署名、押印します。

それにより、遺言書が本人の物であることは証明されます。

ですが、公証人は遺言書の中身を見ることができないので、書かれていることに不備がある場合は無効になる可能性があります。

また、相続開始時には自筆証書遺言と同じ様に、遺言書を見つけた人が家庭裁判所から検認を受ける必要があります。

 

遺産相続の遺言書の効力

ここまで、遺言書の種類と作成方法について紹介しました。

ただ、遺言書の中にはどんなことが書けるのでしょうか?

遺言書に書いた場合に効力があるのは、以下の7項目です。

1.相続人の廃除

相続人の対象になっていても、廃除理由が法的に認められる場合は、その人の相続権は消失します。

2.相続分の指定

誰がどれくらい相続するかを自由に指定することができます。

3.遺贈について

法定相続人以外の第三者や団体に対して、財産を贈与することができます。

4.内縁の妻と子について

内縁の妻との間の子について、遺言によりこれを認知し、子として相続人にすることができます。

5.後見人の指定

残された子供が未成年の場合、遺言者は第三者を後見人に指名することができます。

これにより、後見人が残された子供の財産管理等を行います。

6.相続人の担保責任の指定

相続した財産に問題があったり、本人のものでなかった場合、相続人は担保責任を負わなくてはなりません。

遺言する人は、誰が担保責任を負い、どの様な割合で負担するのかを指定することができます。

7.遺言執行者の指定

遺産相続をした結果、預貯金などの名義変更や、土地の変更登記をする必要が出てきます。

遺言する人は、このような場合の事務処理をする遺言執行者を指名できます。

また、第三者に遺言執行者の指名を委任することもできます。

 

ただし、遺言書にどんなことが書かれていても、遺留分が優先されるので注意しなければなりません。

遺留分とは、相続人に認められている、遺言によって除外することができない一定以上の相続分のことです。

 

遺産相続の遺言書を有効にする書き方とは?

手書きの遺言書

手書きの遺言書

これまで、遺言書の種類と、遺書に書ける内容について紹介してきました。

でも、せっかく遺言書を作っても、正しい書き方をしていなければ、無効になる可能性があります

『自筆証書遺言』と『秘密証書遺言』の場合は、自分で作成するので、遺言書を有効にするためには注意が必要です。

では、正しい書き方のポイントを紹介します。

  1. 本人が手書きで作成すること
  2. 遺言内容を録音したものではなく、紙に書いたものであること
  3. 押印されていること
  4. 正しい日付が記載されていること(作成日が記載されていること)
  5. 本人の署名があること
  6. 相続する財産の内容が明確であること
  7. 遺言者本人が一人で書いたものであること

スポンサーリンク

アドセンス

 

さいごに

今回は、遺言書の種類や、どんなことを書くと効力があるのか、遺言書を正しく書くためのポイントを紹介しました。

遺産相続の醜い争いは、ドラマや映画の中だけの話ではありません。

身近なところでも起こっているのです。

「子供たちは、みな仲がいいから遺言書なんて必要ない!」

なんて思っていませんか?

大人になって、それぞれの事情を抱えるようになると、話は変わってきます。

残された人たちには、財産のことなどで争わず、自分の思い出話に花を咲かせてほしいものです。

そのためにも、しっかりと遺言書を作ってみてはいかがでしょうか。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-生活

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.