雑学

こわっか(子供のつり革)の使い方と価格を紹介!口コミもチェック!

投稿日:

今、子育てをしている保護者に、大人気の意外な商品があります。

それが、"つり革"です。

実は今、子供用のつり革である『こわっか』が、保護者たちの間で人気グッズとして評判になっているのです。

それにしても、子供用のつり革なんて、何のために使うのでしょうね?

当記事で、子育てグッズとして人気が上昇しつつある子供用のつり革『こわっか』について、使い方や口コミなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

子供用のつり革・こわっかとは?

子供用のつり革…。

つり革に子供用があるなんて、筆者は初めて知りました。

それどころか、そもそもつり革というのは、電車に備わっているものであり、電車専用の備品なのかと思っていましたが…。

普通に市販されているんですね。

それにしても、つり革に子供用があること自体が驚きですが、何に使うのでしょう?

 

実は、子供用のつり革『こわっか』は、とても便利で保護者から重宝されているんです。

子供を連れて歩くとき、手を繋いで離れないようにしたい…。

子供がどこかに行かないか、寂しがらないかなど。

色々な理由で、子供と手を繋いでおきたいと思う保護者も多いでしょう。

しかし、

「子供が3人以上いるから、全員と手を繋ぐことができない…」

「買い物の帰りだと、袋を持たなきゃいけなくて子供の手を繋げない」

「下の子のベビーカーで手がふさがってしまって、上の子と手を繋げなくなっている」

というような悩みを持っていたりはしませんか?

とくに電車の中だと、人が混みあっている時は子供とはぐれないか心配ですよね。

足に捕まってもらっている家庭もあるかもしれません。

そんな保護者の悩みに答えた商品が『こわっか』であり、今ひそかに人気が上昇している理由なのです。

 

実は、つり革は子供が大好きなものの1つで、触りたがる子供が多いそうです。

でも、子供が興味津々になるつり革、そして、ベビーカーなどで手がいっぱいで電車内で手を繋げない親子…。

そこで、作者が

「こどもがつかまれる高さにも、つり革があればいいのに」

と思ったことで、『こわっか』は生まれました。

この『こわっか』をベビーカーや鞄などにつければ、たちまち気分は電車内。

子供では手が届かなかったつり革を掴むことができ、さらに親の近くに居られて安心感を得られます。

子供も嬉しいですし、大人も子供がしっかり捕まってついてきてくれるので、どこかへ行ってしまう心配もなく安心ですよね。

素材は天然のカエデの木とヌメ革でできているので、さわり心地がとってもよく、滑りにくいのもグッドなところです!

デザイナーの小野里奈さんによると、

電車に乗っている時に、ベビーカーや荷物を持って手がふさがっているお母さんとこどものやりとりを見た時、お母さんの手がふさがって手がつなげない時に子どもがつかまっていられる「ちょっとした場所」があればいいのになと思いました。

とのこと。

実は、このきっかけで『こわっか』が生まれたのは、2009年のことで、もうすぐ発売から10年を迎えます。

それが今、Twitterで『こわっか』が拡散されたことで注文が殺到。

材料の厳選、さらに手作りで制作しているため、

今注文しても数か月待ちになるほど

のバカ売れ状態となっているのです。

発売から10年が経ちますが、ここまで話題になったのは初めてで、時代に関係なく現在子育て中の方々にも『助かる』『うれしい』といった声をいただけたのがうれしいです。

このプロジェクトを続けてよかったなと感じています。

と、コド・モノ・コトの共同主宰者のひとり、増田多未さんも語っていました。

 

こわっかの使い方を紹介!

子供用つり革である『こわっか』は、どのように使えばいいのでしょうか?

使い方は実に簡単で、

つけたいところにつけて、子供に捕まってもらう

これだけです。

なので、お出かけの時に離れないでいてほしい時など、子供と手を繋ぎたいけど繋げない時に『こわっか』を使う、これが使い方となります。

『こわっか』をとりつける場所はさまざま。

ベビーカーにとりつけたり、鞄、さらにはスボンなど…。

とにかく、

ベルトが通るところなら、どこにでもつけることが可能!

また、説明には、

「こどもが大きくなったら、タオル掛けとして使ってもらえるとうれしいです。」

とあり、ベルト付き、そしてつり革のわっか部分が、物をかけるのにちょうどいいことから、室内では『タオルかけ』としての使い方もあるみたいですね。

子供が大きくなったら捨ててしまうのではなく、タオルかけなどに利用し、『こわっか』を使っていたころの思い出にも浸れるので、とてもいい商品だと思います。

 

こわっかの価格はいくら?

この『こわっか』、価格はいくらなのでしょうか?

『こわっか』の価格は、

3,700円(税込み3,996円)

となっています。

約4,000円といったところですか。

『長く使える』という意味では、そんなに高いとは感じません。

むしろ、ハンドメイドで素材も厳選されていてこの価格なのですから、財布に優しいとすら感じます。

しかし、現在はどこも売り切れ。

ネット通販などで買おうとすると、誰かが出品している高いものを買うしかない状況…。

現状の『こわっか』は、生産がおいついていないので、こまめに色々な販売サイトをチェックしないといけなさそうですね。

 

こわっかの評判は?口コミをチェック!

便利グッズとして人気なだけあって、『こわっか』には、とくに母親の人たちから大好評!

口コミを見ても、

『かなり便利である』

と嬉しい声をたくさん見ることができました!

「『こわっか』のおかげで、座席が空いてない時も抱っこしてと言ってこなくなった」

「自分の手が空いてない時に使えて便利だし、今じゃ子供たちの間で取り合いになるくらいです。買ってよかった」

「自分に触られるのが嫌なのか、出かける時は真っ先に『こわっか』を取りに行くくらい気に入っている」

「子供がほんとに楽しそうにしてるし、逆にこっちが引っ張り回されるくらいです」

と、母親たちも喜んでいますが、口コミを見る限りでは、それ以上に子供たちに大人気みたいですね。

 

また、買ったことのない人たちも、『こわっか』の話を聞いて、

「木製で滑らないし、手触りがよさそうだからうちの子にも買いたい」

「自分が子供の頃は、つり革につかまりたい!って思ってた経験がある。子供には受けそうだよね」

「保育園で先生が全員と手を繋げないから、これを使ってるのを見たことがある」

「でも、これつけるのはちょっと見た目的に恥ずかしいかな…」

「結構高いし、博物館で数百円で買えるつり革を買った方がコスト的にはいいかもね」

など、かなり関心を集めているようすでした。

ちなみに、保育園では先生が似たような物を自作しているケースもあるみたいですね。

上記コメントにもあった、バスや電車の博物館で安く買えるお土産にもつり革があります。

現在『こわっか』は、注文殺到で売り切れ中なので、似たような代替品を探してみるのもいいかもしれません!

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

子供用のつり革『こわっか』は、電車で子供と手を繋げない母親を見たことから生まれたアイデア商品で、母親たちに大人気のようです。

子供はつり革が好きなようで、捕まりたがりますし、母親は子供がちゃんと掴んでついてきてくれるので、手荷物が多い時のお出かけも助かる…。

素晴らしい、画期的なアイテムですね。

ハンドメイドのアイテムで、作り手の想いもこもっていますし、気になった人はぜひ『こわっか』を手に入れてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.