食べ物

茅の舎だしの口コミとレシピ紹介!普通のだしの素との違いとは?

投稿日:

茅の舎だし

茅の舎だし

今話題の『茅の舎だし』を知っていますか?

『茅の舎だし』は、和食が好きな女性の間では、すでに密かなブームとなっているようです。

和食と言えば

『だしが決め手』

と言われます。

本格的なだしで作る

  • お味噌汁
  • 煮しめ
  • うどん
  • 茶わん蒸し

などの和食は、ワンランク上のおいしさに変貌します。

和食屋さんで美味しいだしの効いたお料理に感動する事って、ありませんか?

でも普段の家庭料理で本格的なだしを取るには、時間も手間もかかります。

多くの人は、手軽で簡単なだしの素などの顆粒だしを使用していますよね。

その中で『茅の舎だし』は、

これさえあれば美味しい本格和食が作れる!

と人気のだしなのです。

この記事では、気になる『茅の舎だし』の口コミやレシピなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

『茅の舎だし』って?

さて、

「『茅の舎だし』って何?」

と思った人に『茅の舎だし』について紹介します。

『茅の舎だし』は、久原本家という調味料・食品会社が開いたレストランのだしを、家庭でも使いやすく商品化したものです。

化学調味料・保存料無添加で、だしに使われる

  • 焼きあご
  • かつお節
  • うるめいわし
  • 真昆布
  • 海塩

など一つ一つの素材にもこだわっています。

そのため、

  • 料理好きでだしにこだわりたいという人
  • 普段から本格的なだしを使いたいという人
  • だしの原材料が気になるという人

に多く愛用されている、だしなのです。

 

毎日お料理をする人は、だしをほぼ毎日使いますよね。

この『茅の舎だし』は一度使うと

「プロの様な本格的な和食が自分にも作れる!」

とワンランク上のお料理に感動する人も多く、ファンの多い商品です。

『茅の舎だし』と普通のだしの素の違い

だしの素

だしの素

まず、『茅の舎だし』と普通のだしの素の大きな違いと言えば

『茅の舎だし』はパックだし

『普通のだしの素』は顆粒だし

という点です。

顆粒だしは、お湯に溶かして使うことが出来るため、その手軽さから日常的なだしには、顆粒だしを使用している人が多いのではないでしょうか?

一方、パックだしの『茅の舎だし』は真昆布、かつお節、うるめいわし、焼きあごを粉末にしたものが詰められています。

こちらは、2~3分ほど煮出して使います。

顆粒だしはサーっとお湯に溶けてしまうので、煮詰める必要もなく使いやすいのですが、だしの素材そのものの風味を味わうには、煮出して使うパックだしに負けてしまいます。

 

さらに、添加物の内容についても違いがあります。

『茅の舎だし』は化学調味料・保存料が無添加なので、だしに使われる原料の旨味が、よりダイレクトに味わえます。

美味しいことに加え、身体のためにも『無添加』であることを気にしている人は増えていますよね。

 

『茅の舎だし』の口コミを紹介

これから『茅の舎だし』を使ってみたいと思っている人は、実際に使用している人の口コミも気になるところですよね。

そこで、この人気の『茅の舎だし』を実際に使っている人の口コミを集めてみました。

  • お料理上手だね、と言われる
  • コクのある煮物ができる
  • 身体中に染み入るような、美味しいだし
  • 美味しくてだしだけでも飲める
  • 香りが良い
  • 普通のだしの素よりも値段は高いけど、値段に見合った実力
  • 簡単に本格的なだしが取れる
  • 料理が苦手な人でも簡単に美味しい和食を作ることが出来る

こんな口コミが、数多くあります。

美味しいだしの効いたお料理は、

「さぞかし手間をかけて丁寧にだしを取ったんだろうな」

と、食べる人の気持ちも豊かになります。

そんなお料理が簡単に作ることが出来る『茅の舎だし』は、一度使うと手放せない存在になるのではないでしょうか。

 

『茅の舎だし』の基本的な使い方

『茅の舎だし』は、煮出して使うのが基本的な使い方です。

ここでは、『茅の舎だし』でおいしくだしを取る方法を紹介します。

『茅の舎だし』で基本だし・濃いだしを取る

基本だしは

  • お味噌汁
  • お吸い物
  • 茶碗蒸し
  • うどん
  • そば

など、だし汁まで飲み干すようなお料理に使用します。

使用する水の量は『だしパック1袋に対して水400ml』です。

 

濃いだしは

  • 煮物
  • そうめん・そばのめんつゆ

など味の濃いお料理に適しています。

使用する水の量は、『だしパック2袋に対して水500ml』です。

お鍋に基本だし、または濃いだしの分量のだしパックと水を入れて、沸騰してから中火で2~3分煮出せば、美味しいだしの完成です。

だしパックを破って調味料として使う

『茅の舎だし』はお料理によって、

だしパックの中の粉末をそのまま調味料として使用すること

ができます。

炒め物やスープ、パスタなど用途は様々なようです。

 

『茅の舎だし』のおすすめレシピ

だし巻き卵

茅の舎だしで作るだし巻き卵

さて、最後に『茅の舎だし』を使ったおすすめレシピを紹介します。

だし巻き卵

だしを使った定番メニューと言えば『だし巻き卵』。

顆粒だしとは違った、だしの風味を味わえるお料理です。

筑前煮

こちらもだしのうま味がよく分かるメニューですよね。

『茅の舎だし』を手に入れたらぜひ作ってみたい一品です。

卯の花のだし煮

おからと人参やしいたけ、こんにゃく、ちくわ、油揚げなどと一緒に『茅の舎だし』で炊き上げます。

ふわっと仕上げるのがポイントだそう。

山菜ごはん

しいたけと季節の山菜を炊き込みご飯にします。

炊き込みご飯は、だしが美味しいと、味もグッと引き締まりますよね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『茅の舎だし』は、本格的なだしが簡単にとれる魅力的な商品です。

とくに和食では、だしが決め手になります。

でも、普段から本格的なだしを取ろうと思うと、時間や手間がかかってしまうので、手軽な顆粒だしがメインになってしまいますよね。

『茅の舎だし』は、化学調味料・保存料が無添加で素材の風味をしっかりと味わうことができるだしです。

お料理が苦手な人でも、この『茅の舎だし』を使うだけで、グッと味が引き締まり

「お料理上手だね!」

と言わせることができそうです。

『茅の舎だし』の本格的なだしの味に慣れてしまうと、もう無くてはならない存在になるかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FUGURI

好きな食べ物:パン、アイス、ハチミツ、ウイスキー。 趣味:ライブ参戦、パンの食べ比べ、コスメ収集、インターネットショッピング、お尻トレーニング。 基本的には健康オタクです。 最近ハマっているものは酒粕とハトムギです。 皆さまに読みやすい記事をお届けできますよう努めてまいります。

-食べ物

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.