意味の違い

ビュッフェとバイキングの違いと語源を紹介!どちらも食べ放題?

投稿日:

いろいろな種類の料理を食べたいとき。

宿泊先のホテルでの食事形式として。

『ビュッフェ』や『バイキング』のスタイルは良く使われています。

グループや家族でにぎやかに食べる事ができますものね。

それぞれが選んできた料理を並べると豪華ですし、会話も弾みます。

でも『ビュッフェ』と『バイキング』。

言葉は違いますが、何が違うのでしょうか。

今回は、『ビュッフェ』と『バイキング』の違いや語源について、またどちらも食べ放題なのかの疑問について、紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

『ビュッフェ』と『バイキング』の違いについて

バイキング

ホテルの朝食のスタイルとして、『ビュッフェ』や『バイキング』というのは、よくありますよね。

今では、

  • ランチ
  • スイーツ(ケーキ)
  • ディナー

などの形でも、使われているところがあります。

『ビュッフェ』について

『ビュッフェ』とは、『buffet』。

実は、フランス語なのです。

なので、海外発祥ということになります。

海外では、ビュッフェスタイルはパーティーなどで多く用いられています。

つまり、もともとは『立食の食事』という意味。

しかし今では、ホテルの朝食などで、席に座ってゆっくり食事を楽しめる場合も『ビュッフェ』が多いそうです。

あくまで

優雅に、食事を楽しむ

といった印象をうけますね。

また、自分で料理を取りに行く『セルフ形式での食事』のスタイルという意味にもなっています。

 

それに、もともとフランス語ということもあるのでしょうか、日本ではしゃれたイメージを持たれているようです。

まず、ホテルやレストランなどで使われるようになりました。

今では、いろいろなお店で使われていますよね。

もちろん、『ビュッフェ』は、海外でも通用する言葉です。

『バイキング』について

『バイキング』は、帝国ホテルのレストランが元になっています。

1958年、オープンにあたり、北欧などに伝わる『スモーガスボード』という、

『好きなものを好きなだけ食べる形式』

を取り入れることにしたのです。

しかし、『スモーガスボード』という言葉が、日本人にはなじみにくいと考えました。

そこで、

北欧のイメージ=バイキング

という言葉を使うことに。

お店は『インペリアルバイキング』と名づけられ、『好きなものを好きなだけ食べるという形式』でオープンしました。

豪快に食べるというイメージを少し受けますね。

でも『バイキング』と呼ばれる海賊が、食事をしているのとは違います。

その後、『インペリアルバイキング』を真似たお店が増え、バイキングスタイルが広まったのです。

なので、食事の形式としての『バイキング』は、日本発祥の和製英語だったのです。

当然、海外では通じないので、注意してくださいね。

『ビュッフェ』と『バイキング』の違いについて

『ビュッフェ』と『バイキング』は、同じ意味と思われているかもしれませんね。

もちろん共通する所もありますが、違いや特徴もあります。

ここで説明しますと、

『ビュッフェ』

  • フランス語で海外発祥。
  • 海外でも通じます。
  • 『立食の食事』『セルフ形式での食事』のこと。
  • しゃれたイメージを持たれて使われている。

『バイキング』

  • 日本発祥の和製英語。
  • 海外では通用しない。
  • 北欧の『スモーガスボード』を取り入れたもの。
  • 帝国ホテルのレストランから始まった。

などです。

海外で通用するか、しないかは大きな違いです。

また、言葉の響きやお店の経営方針でも、使い分けされているみたいですよ。

 

『ビュッフェ』と『バイキング』の語源

『ビュッフェ』と『バイキング』の違いについて、説明しましたが、今度は由来について紹介します。

『ビュッフェ』はもともと

『飾り棚』

という意味でした。

上が戸棚になっていて、下が扉付の食器棚のことです。

ここに料理を並べ、立食で食べるお店がでてきました。

その後、カウンターやテーブルに料理を並べて自分で取り分ける形式に。

列車内や簡易食堂で使われるスタイルから始まったのです。

 

一方で『バイキング』は

『海賊』

を意味する言葉です。

8世紀~11世紀ごろにかけて、北欧を中心に船団を組んでヨーロッパ各地を侵攻した人達をさします。

もともとは、料理とは関係のない言葉ですね。

日本での『バイキング』の由来は、さきほどもお話しましたが、北欧の『スモーガスボード』を取り入れたことに始まります。

北欧=海賊のイメージが強かったため、『バイキング』と名づけられました。

帝国ホテルのレストランから日本全国に広まったものです。

今では同じように使われている言葉ですが、由来はまったく違いますね。

 

『ビュッフェ』と『バイキング』どちらも食べ放題?

バイキング

この言葉の違い、みなさんはどう思っていますか?

どちらも食べ放題という意味で使われている場合がありますよね。

それも正解です。

 

ではまず、『バイキング』について。

北欧の『スモーガスボード』を取り入れたものでしたよね。

『好きなものを好きなだけ食べるという形式』です。

なので、バイキング』は食べ放題ということになります。

 

それから『ビュッフェ』について。

『立食の食事』『セルフ形式での食事』でしたよね。

なので、必ずしも食べ放題という形ではないのです。

 

例えば、大学の食堂などで、ビュッフェスタイルのところがありますよね。

そこでは、食べる分をとりわけて、その分の料金を払うシステムになっています。

『ビュッフェ』は『バイキング』と違って、食べ放題の所もあれば、そうでない所もあるのです。

お店によって、形はさまざまです。

あらかじめ店員さんに聞いておくと安心でしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

『ビュッフェ』と『バイキング』は同じような使われ方をしています。

私たちも、同じ意味と思って使っていることも。

しかし、その成り立ちや由来は、全然違うものでしたよね。

『バイキング』は食べ放題。

『ビュッフェ』は食べ放題の所もあれば、食べ放題ではない所もある。

ここを気をつけて利用すればいいのです。

どちらも、たのしく食事ができるという事には変わりありません。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-意味の違い

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.