美容・健康

太りたい人の太る食べ方と痩せたい人の痩せる食事の仕方とは?

更新日:

食事する女性

食事する女性

世の中には、太りたいと悩んでいる人もいれば、痩せたいと悩んでいる人もいますね。

本当に人の体型の悩みはさまざまです。

太りたい人から見れば痩せたい人の体型は理想だったり、痩せたい人にとっては、太りたい人の体型が理想だったりもします。

太りたい人も、痩せたい人も、なるべく早く願いが実現してなりたい体型になりたいものでしょう。

この記事では、太りたい人、痩せたい人におすすめの食べ方を紹介しています。

なりたい体型になることは、なかなか大変ですが、気持ちを切らさず頑張っていきましょう。

アドセンス

スポンサーリンク

太りたい人におすすめの太る食べ方とは?

太りたい人におすすめの食事の食べ方としては、

『小まめに食べる』

『糖質を多めに摂る』

の2つがポイントになります。

小まめに食べる

太れない人に多いのが、

『食が細くて、ごはんをたくさん食べられない』

という人です。

太るためには、それなりに食べ物を食べなければ太れません。

食が細くて1度にたくさん食べられない人は、1回あたりの食事量を減らして、小まめに食べてみるのがおすすめです。

例えば、

『朝食、昼食前の午前10頃に間食、昼食、15時ごろ間食、夕食』

と、1日5食ぐらいに分けて食べてみてください。

1回あたりの食事量が少なくても、1日に5回も食事をする機会があれば、1日3食しか食べないよりは食事量が増やせます。

糖質を多めに摂る

太るのに最適な食べ物は、

『糖質の含まれている食べ物』

になります。

そのため、太りたいなら糖質の多く含まれている食べ物を主に食べていくのがおすすめです。

糖質の多く含まれている食べ物とは、米やパンなどの炭水化物、甘みのある野菜や果物があげられます。

このことから、太るのにおすすめの食べ物としては、

『ごはんやパン、うどんといった炭水化物』

『さつまいもやにんじんといった甘い野菜』

『バナナやりんごといった果物』

がおすすめになります。

また、どうしても固形物が食べられない場合には、糖質の多い野菜や果物で作ったジュースやスムージーを飲んでみるのもおすすめです。

ジュースやスムージーは液体ですから、食欲がない時でも摂りやすいです。

太るための食べ物というと

『油っこい食べ物の方がいいかな…』

といった印象がありますが、太るためには糖質を摂る方が効率よく太れます。

唐揚げやフライといった油分の多い食べ物もいいですが、食事の際には必ずごはんやパン、うどんといった炭水化物を摂るようにしてみてください。

 

痩せたい人におすすめの痩せる食事の仕方とは?

痩せたい人におすすめの痩せる食事の仕方で大切なのは

『1日3食きちんと食べる』

『糖質の摂取量を控える』

この2つになります。

1日3食きちんと食べる

痩せたいのに、1日3食きちんと食べると聞くと、

「かえって太るのでは?」

と思うかもしれません。

しかし、

痩せたいなら、まずは3食きちんと食べるようにしてみてください!

1日、朝、昼、晩と3食きちんと食べれば、お腹が空きすぎることによる早食いやドカ食いが防げます。

例えば、

『ダイエットのために朝食を抜いたり』

『飲み物だけで軽く済ませたりしている』

と、昼食までに強い空腹感を覚えることになります。

ここで意思が強い人は昼食まで間食をせずに頑張り、さらに昼食も少量で済ますことができるかもしれません。

しかし、多くの人は昼食まで間食をせずに我慢ができたとしても、昼食で早食いやドカ食いをしてしまいがちになります。

空腹時に早食いやドカ食いをしてしまうと、血糖値が急激に上昇してしまうことになります。

血糖値が急上昇すると、インスリンという血糖値を下げるホルモンがたくさん分泌されることになります。

このインスリンには、食べ物から摂った糖を脂肪に変える働きがあります。

そのため、インスリンがたくさん分泌されることは、その分、太りやすくなるということになってしまうのです。

1日3食、バランスの良い食事を適量摂っていれば、お腹が空きすぎるのを予防できます。

とくに朝食、昼食はしっかり食べて、夕食を軽めにすませると痩せやすくなります。

これは、朝食と昼食はしっかり食べたとしても、日中の活動でカロリーを消費できるためです。

夜は活動量が日中よりも減るのが普通ですから、夕食をしっかり食べすぎると夕食で摂ったカロリーが消費できずに溜まりがちになってしまいます。

夜勤などで夜に働く人は夕食をしっかり食べても大丈夫かもしれません。

しかし、夜に活動する予定がないなら、朝食と昼食をしっかりと食べて夕食は軽めにしていきましょう。

糖質の摂取量を控える

太る大きな原因のひとつともいえるのが

『糖質の摂りすぎ』

糖質は、米やパンなどの炭水化物や甘みの多い野菜や果物に多く含まれているものです。

この糖質をたくさん摂ると、血糖値が急上昇する原因となります。

さきほどのお話にあった通り、血糖値が急上昇すると太りやすくなりますから、痩せるためには糖質の摂取量を控えていくことが大切になります。

例えば、

  • ごはんをお茶碗に少な目に盛ってみる
  • うどんなど炭水化物ばかりのメニューを避ける
  • ケチャップやソースなど糖質が多い調味料を使わない

といったことが糖質の摂取量を減らすの役立ちます。

また、食事を摂る順番を

『野菜→たんぱく質→炭水化物』

といったふうに、野菜を一番最初に食べていきましょう。

こうすることで血糖値が急上昇しにくくなり、身体が栄養をため込みにくくなります。

食べる順番を変えるだけですから、ぜひやってみてくださいね。

ごはんやパンなどの炭水化物の摂取量を減らした分、食事量が減りますから、その減らした分を野菜やたんぱく質の量で補ってくださいね。

こうすると、炭水化物を減らしても他の物をたくさん食べられますから、満足感があってダイエットも続けやすいです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

太りたい人も痩せたい人も、体型を変えていくためには

『食事の摂り方』

が大切になります。

とくに糖質の摂り方は重要です。

摂りすぎると太りやすくなりますし、減らすと痩せやすくなります。

糖質は、ごはんやパンといった炭水化物、甘い野菜や果物といったものに含まれています。

もちろん、甘い砂糖も糖質です。

これらの糖質を上手にコントロールして、なりたい体型に近づいていきましょう。

太りたい人にとっても痩せたい人にとっても、食事に何らかのコントロールを加えていくことは大変なことです。

しかし、コツコツと続けていけば、いつかはなりたい体型になれますから頑張ってみてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.