生活

営業セールスや迷惑電話を撃退するには?断り方など対策を紹介!

投稿日:

迷惑電話1

職場や自宅における作業は、どんなものでも集中して平穏にこなしたいものです。

そんな中、突然かかってくる

営業セールスや迷惑電話

困った経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

何度もかかってくる電話や、なかなか切らせてもらえない電話には誰でもイライラしてしまいます。

それらに無駄な時間をかけてしまうことで、精神的に疲れてしまうことも少なくないでしょう。

 

そのストレスを避けるためには、

迷惑な電話への対処法

を覚えることが非常に有効です。

いくつかのポイントを押さえて正しく対処することができれば、迷惑電話や営業セールスは簡単に撃退することが可能です。

この記事では、迷惑な営業セールスや電話への対策として、有効な断り方や撃退方法を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

迷惑な電話へのスマートな対処法

契約しないことをはっきりと伝える

営業セールスや迷惑電話をスマートに断るうえで、最もシンプルな方法です。

 

余計な理由を伝えずに、

『迷惑であること』

『二度とかけ直して欲しくないこと』

などを伝えてすぐに電話を切ること。

 

これが一番効果的で、かつスマートな方法であるといえます。

この中でとくに大切なことは、はっきりと契約しないと意思表示することです。

 

電話による営業セールスをする際には、

『最初にその電話が勧誘目的であるということを伝える』

『契約をしないと意思表示した相手には勧誘を続けない』

ことが法律で定められています。

 

つまり、自分に必要のないセールスだとわかった時点で、はっきりと契約を拒否すれば、

法律上は勧誘を続けることができなくなります。

 

また、最初に「忙しい」「必要ない」といった理由を伝えると、

「忙しくないのはいつか」「ではこの商品はどうか」

などと食い下がってくる場合も多いです。

とにかく、その電話が迷惑であることや契約しないことだけを明確に伝えて電話を切るといいでしょう。

何も言わずに電話を切る

はっきりと断ることが苦手な人であれば、相手が何を言おうと電話を切ってしまっても構いません。

 

この対処法を聞いても、気の弱い人は

「相手を傷つけてしまうかもしれない」

と慎重になってためらってしまうかもしれません。

 

しかし、その必要は一切ありません!

 

相手の話を一切聞かずに電話を切ることは、言葉に出さずとも契約をしない意思表示となります。

もし何度も電話をかけてくるようなことがあっても、何も言わずに何度も電話を切ってしまって構いません。

 

そもそもあなたが迷惑であると感じている以上、その原因である相手を思いやる必要はありません。

そのような営業をしている相手も少なからず電話を切られたり、罵声を浴びせられる経験をしているはずです。

 

自分の身を守るためにも、勇気を出してはっきりと意思表示をするといいでしょう。

 

迷惑な電話を撃退するためにできること

迷惑電話2

迷惑電話対策の機能やサービスを利用する

電話機に付いている機能や通信会社のサービス

を利用することで、しつこい迷惑電話も簡単に撃退することができます。

 

一般的に電話機には迷惑電話への対策として、

登録した電話番号をブロックする機能

が付いています。

 

一度登録してしまえば同じ営業の電話が来ることはなくなります。

断っても何度も連絡してくるといった悪質なセールスの電話などに対しては非常に有効です。

 

また通信会社のサービスを利用すれば、非通知の電話や詐欺などの

危険度の高い電話を受け取らないようにすること

なども可能です。

別途料金がかかってしまいますが、サービスの内容をよく確認したうえで、必要だと思った場合には利用してみるのもいいでしょう。

相手が想定していないような反応をする

とっさに考えつくのは難しい方法です。

ただ、突拍子もない反応をすることで相手を諦めさせる方法もあります。

 

具体的には、相手が商談に入る前に

『相手の会社名や会社の所在地』

『電話番号の入手方法』

などを、こちらから聞くことが効果的です。

あまり客に知られたくない情報を聞かれると、多くの場合は素直に引き下がってくれます。

 

そのほかにも、

冗談やセクハラまがいの質問をする

というユニークな撃退法もあります。

倫理的に問題はありますが、相手への脅迫や業務妨害にならない程度であれば、法的には問題ありません。

 

ほとんどの場合は、あきれた相手が電話を切ってくれます。

しかし、逆上されて電話や迷惑行為が長引いてしまう場合もあります。

また、度を過ぎれば罪に問われる場合もあるため、必要以上に問題を生まないように注意しましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

営業セールスや迷惑電話に対しては、

『迷惑である』『電話をかけてきて欲しくない』

相手に直接伝えて電話を切ることが大事です。

 

断り方が分からなくても、とにかく相手の言葉を気にせずに電話を切ってしまって構いません。

迷惑な電話に対処するためには、言葉に出すかどうかにかかわらず、

契約しない意思をはっきりと持って、相手に伝えること

が何より重要です。

また、電話機の機能や通信会社のサービスを利用して繰り返しかかってくる電話を撃退することも可能です。

相手が思いもしない反応を見せることで、諦めさせて電話を切らせるというユニークな対処法もあります。

どの対策も事前に心の準備をしておけば簡単に実行することができると思います。

ですが、やはり素直に契約を断って電話を切る方法が一番スマートで後腐れもないでしょう。

余計なストレスを感じてしまう前に、必要のない契約はしないという意思表示できる勇気を持つように心がけましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-生活

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.