時事

アイスの値上げはいつから?バニラ価格が異常に上がった理由とは

投稿日:

これからの季節、まぶしい日差しを浴びながらアイスクリームを食べる。

幸せなひと時ですね。

アイスクリーム専門店はもちろん、スーパーやコンビニでは、いろいろなメーカーからたくさんの種類のアイスクリームが販売されています。

子供から大人、お年寄りまで、一年中気軽に食べられているスイーツです。

みなさんは、一番人気のあるアイスクリームはなんだと思いますか?

それは、バニラアイスクリームです。

そうですよね、バニラ味を置いていないお店はありませんよね。

ところが今、アイスクリームやケーキなどの香りづけに使われている、バニラの価格が異常に上がっているそうなのです。

バニラアイスクリームのファンには心配な出来事です。

今回は、バニラの価格が上がった理由やアイスの値上げについて紹介します。

スポンサーリンク

バニラの価格

バニラ

バニラ

アイスクリームなどの甘い香りづけに使われているバニラ。

バニラは、さや状の実を乾燥・発酵させて作ります。

あの甘い香りを、

オイルに抽出したものが、バニラオイル。

アルコールに抽出したものが、バニラエッセンス。

バニラをアルコールに漬けて香りを出したものが、バニラエキストラクト。

 

ところが今は、手に入りにくい状態になっています。

香辛料の通関輸入統計によると、

  • 2017年のバニラの輸入量は、3年前と比べると40%減
  • 2017年のバニラの価格は、3年前と比べると4倍に

そうなると、小売価格への影響も大きいはず。

バニラの価格が上がっているのも、うなずけますよね。

日本では、バニラを輸入にたよっています。

その約9割をマダガスカルから輸入しているのです。

 

バニラの値上げの理由

バニラは、アフリカの南東沖にあるマダガスカルが主な生産地です。

世界のバニラの75%以上が、このマダガスカルで栽培されているのです。

数年前から、天候不良のために不作が続いていました。

そのうえ悪いことに、2017年3月にマダガスカルをサイクロンが襲い、甚大な被害に。

多くの農園が被害を受けることになりました。

また、政情が不安定なために暴動が起こるなどして、バニラの生産が順調にいっていないのです。

自然災害と政情不安のためにバニラの生産が減少。

そのため、バニラの価格が値上げしたまま下がらない状態が続いているのです。

 

世界的に需要の多いバニラ。

最近では、新興国による消費も増加しているとのこと。

そして、ここに目をつける人たちが出てきました。

価格の値上がりを見越して、バニラの買占めが起こっているのです。

世界的な需要と供給のバランスが取れていない。

というのも、理由の一つなのでしょう。

イギリスでは、銀の価格が1キロ393ポンドなのに対して、バニラは1キロ443ポンドにもなっているそうですよ。

貴金属である銀よりバニラの方が高い…。

今やバニラは、超高級スパイスになっています。

これでバニラの値上がり方が、すごい事になっていることがわかりますよね。

 

バニラの値上げをうけてアイスの値段は?

アイス

アイス

海外のアイスの状況

海外のアイスクリーム店では、バニラエキストラクトを使うことが多いそうです。

自然派志向から、天然バニラにこだわるのだそう。

近年のバニラの値上げをうけて、1年分先物買いをするなどの対策を立てているところもあるそうです。

さらに

「今後どうなるのかは検討しなくてはいけない」

と話しているそうです。

すでにロンドンでは、バニラエキストラクトを使っているお店では、バニラ味のアイスを出せなくなっている所も出てきているとか。

この話を聞く限りでは、海外のバニラ状況も大変そうです。

日本のアイスの状況

日本では、バニラの高騰を受けて、数年前からアイスクリームの値上げは始まっています。

  • ハーゲンダッツ
  • 森永乳業
  • ロッテ
  • グリコ

などのメーカーが、

2015年に値上げ、または容量を少なくしての実質的な値上げ

をしているのです。

この時の値上げの理由では、

主原料の乳原料や副原料の農産物の価格高騰

などを理由にあげています。

さらに、

2018年3月から、森永乳業の定番アイスが値上げされています。

  • ピノ チョコアソート
  • ビエネッタ バニラ
  • ビエネッタ ティラミス
  • パルム アーモンド&チョコレート

が、10%の値上げとなっています。

理由として、

  • 世界的な食糧需要の増加
  • 経済状況の変動
  • 乳原料や梱包資材の価格高騰

などをあげています。

乳原料の不足は、もちろん納得です。

あからさまにバニラが値上げの原因とは言っていませんが、バニラの値上がり方を考えると、近年のアイスの値上げに関係があるのではないでしょうか。

現在のところは、他のメーカーから値上げの発表はされていないようです。

でもバニラの値上がりを考えると、この先どうなるのか分かりません。

今後、天然のバニラの不足が続けば、人工の香料を使うことが多くなると思われます。

こうなると、自然派志向のバニラアイスは苦しいでしょうね。

スポンサーリンク

 

まとめ

バニラの値上げは、

主要生産国であるマダガスカルで、自然災害と政情不安のためバニラの栽培が順調にいっていないため、世界的に需要と供給のバランスが取れていない

ために起こっているものでした。

海外でも日本でも、アイスクリームを取り巻く状況は苦しいようです。

今後のアイスの値上げの予定は発表されていませんが、この先も注目です。

バニラの価格が安定するためには、マダガスカルのバニラの収穫が順調になることを期待するしかありません。

とりあえず安く食べるためには、スーパーやドラッグストアでの特売に期待するしかありません。

これからアイスクリームがおいしくなる季節、こまめにチラシをチェックしましょう。

-時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.