芸能人

梅原裕一郎の病気の症状や後遺症をチェック!声優復帰はいつ?

更新日:

声優の梅原裕一郎さんが、休業から復帰を発表しました。

『急性散在性脳脊髄炎』

という病気にかかってしまったため、そのリハビリに専念するため、2018年5月10日から休業をしていたのですが、復帰となり、本当によかったです。

それにしても、急性散在性脳脊髄炎という聞きなれない名前の病気は、どんな症状が起こるのでしょうか?

後遺症があるような病気であれば、復帰後も気がかりですよね…

当記事では、声優の梅原裕一郎さんがかかった急性散在性脳脊髄炎について紹介し、その症状や後遺症が残るかなどについて、紹介していきます。

アドセンス

スポンサーリンク

声優・梅原裕一郎が活動再開!後遺症は?

梅原裕一郎さんは、今注目の若手人気男性声優です。

2013年に声優デビューを果たすと、その翌年にはレギュラー出演を勝ち取り、今では多くのメインキャラクターを演じるほどにまで成長しています。

有名な役だと、

  • 『ヤング・ブラックジャック』の間黒男役
  • 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のユージン・セブンスターク役
  • 『アイドルマスターSideM』の鷹城恭二役
  • 『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』のシャリオス17世役

あたりでしょうか。

 

そんな人気声優の梅原裕一郎さんですが、2018年5月10日から、しばらくの間病気によって休業をしていました。

所属事務所のアーツビジョンが

皆様には格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

弊社所属の梅原裕一郎が【急性散在性脳脊髄炎】の為、現在、入院、療養をしております。

ファンの皆様、関係者の皆様におかれましては、多大なるご心配とご迷惑をおかけします

ことを心よりお詫び申し上げます。

一日でも早く皆様の前に元気な姿を見せられるよう治療に専念しておりますので、

今しばらくお待ちいただけますよう、お願い申し上げます。

復帰の時期につきましては、改めてご報告させて頂ければと思います。

今後とも変わらぬお引き立てのほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

と、梅原裕一郎さんが病気・急性散在性脳脊髄炎にかかってしまい、現在入院中だと報告したのです。

声優の病気療養というのは最近よく耳にしますが、病名を公表しての休業は、なかなか珍しい事例ですよね。

以上の理由から、しばらくの間治療に専念するため、声優活動を休業していた梅原裕一郎さん。

「復帰時期はいつになるのだろうか…?」

と思い、多くのファンが心配していたのですが…

2018年7月30日に、所属事務所から、無事に退院したとの報告がありました!

アーツビジョンによると、

【急性散在性脳脊髄炎】の発症後、治療に専念して参りました。

順調に回復しつつも、途中【低髄液圧症】を併発し、長期療養となりましたが、治療やリハビリに取り組み、後遺症の心配もなく無事に退院となりました。

 

これもひとえにファンの皆様の応援と、関係各所の皆様のご協力あってのことでございます。

お力添えいただきましたこと感謝申し上げます。

とのことでした。

この病気には後遺症の心配もありましたが、梅原裕一郎さんに何事もなく、無事に退院できたようで安心しました。

 

筆者は、声優復帰に3か月~半年ほどかかると思っていたので、予想より少し早かったですね。

ちなみに、梅原裕一郎さんの復帰時期についてですが、アーツビジョンは、

体調を考慮しつつ徐々にではありますが、再開させて頂く所存でございます。

少しずつではございますが、皆様の応援にお応えできるよう、梅原ともども精進してまいりますので、今後とも変わらぬご声援、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

と発表し、

『徐々に仕事を再開させていく』

と発表しています。

そのため、復帰時期としては、もう既に活動復帰…と言っていいのかもしれませんが、全ての仕事で復帰するのは、具体的にいつとは言えない状態です。

様子を見ながら少しずつ再開…とのことなので、長時間喋ったり歌ったりするような仕事は、まだ復帰とはいかないでしょう。

そのため、梅原裕一郎さんの復帰時期は、

個々の仕事によって異なる

と言えそうですね。

 

それにしても気になるのは、梅原裕一郎さんのかかった病気・急性散在性脳脊髄炎がどんな病気かですよね。

聞きなれない名前で、どんな症状なのか…。

この急性散在性脳脊髄炎についても調べてみました。

 

急性散在性脳脊髄炎の症状や後遺症をチェック

梅原裕一郎さんが休業する理由となった急性散在性脳脊髄炎とは、どんな病気なのでしょうか?

 

急性散在性脳脊髄炎とは、英語で

ADEM(acute disseminated encephalomyelitis)

とも言われ、アレルギー性の脱髄疾患です。

(ADEMは、アデムと呼びます。)

要するに、

脳神経系の病気

ですね。

発症の原因は、主にワクチン接種後。

とくに脳神経に影響しやすい狂犬病・インフルエンザ・ポリオ・破傷風の予防接種を受けた時に発症します。

さらに麻疹・水痘・おたふくかぜ・インフルエンザなどのウイルス、マイコプラズマなどの病原体への感染後にも発症するおそれがあります。

突発性の急性散在性脳脊髄炎(ADEM)も存在し、こちらはワクチン接種後などの誘因がないため、かなり恐ろしいです。

一般的に、再発することはほとんどないので、この部分は少し安心ですね。

ただ、ワクチンを接種すると発症してしまうなんて、これからワクチンの接種をするのが怖くなってしまいそうですね…。

 

肝心の症状ですが、ワクチン接種後の急性散在性脳脊髄炎(ADEM)の場合、接種後1~4週間以内に

  • 頭痛
  • 発熱
  • 嘔吐
  • 意識が混濁する
  • 目が見えにくい
  • 手足が動きにくい
  • 歩きにくい
  • 感覚が鈍い

のような症状がいくつか現れます。

その後、症状がだんだん悪くなると、

  • 片麻痺
  • 半盲
  • 失語
  • 痙攣
  • 意識障害など脳幹複視や眼球運動障害など小脳運動失調
  • 構音障害(発音が正しくできなくなる症状)
  • 脊髄四肢麻痺
  • 対麻痺
  • 膀胱直腸障害

といった深刻な症状が現れます。

基本的に接種後急性散在性脳脊髄炎(ADEM)は、通常は後遺症が残ることは少なく、ステロイド療法などで回復します。

 

ただ、1つ例外があります。

麻疹後ADEMという、麻疹の感染後に発症した場合は、

命を落とす確率が10~20%とかなり高くなり、重篤な神経学的後遺症が残る

という危険な病気でもあるのです。

また、成人がかかった場合、

治療をしない場合は約半数が後遺症が残ること

もわかっています。

梅原裕一郎さんの場合は病院での治療に専念したため、後遺症が残らなかったわけですね。

また、後遺症がなかったということから、麻疹後ADEMでもないと推測できます。

いずれにしても、梅原裕一郎さんが無事に退院できて本当に良かったです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

声優の梅原裕一郎さんは、接種後急性散在性脳脊髄炎(ADEM)になり、病気療養のため休業していましたが、2018年7月30日に声優復帰を発表!

ファンにとって、とても嬉しい報告になりました。

休業理由となった接種後急性散在性脳脊髄炎(ADEM)は、

10万人に2人

くらいしかかからないという、非常に珍しい病気です。

症状は、重くなると生活に影響が出るものが多く、麻痺や失語などは声優をするには、あまりにも辛い症状です。

また、後遺症が残るような病気でもあったため、梅原裕一郎さんに後遺症が残ったりせず、無事に退院できたのは本当に喜ばしいことです。

梅原裕一郎さんの復帰はとても嬉しいですが、あまり無理をせず、ゆっくりと仕事を続けていってほしいですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-芸能人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.