女性アイドル

指原莉乃の年収はいくら?噂の3億円は事務所?それとも個人で?

投稿日:

自身のスキャンダルも武器に変え、バラエティ番組を中心に出演し、絶大な人気を得ている指原莉乃さん。

現在レギュラー(準レギュラー・不定期出演は除く)だけを見ても、6本も出演しています。

そんな指原莉乃さんは、アイドル・タレントとしてだけでなく、アイドルをプロデュースし、彼女らの楽曲の作詞まで手がけています。

当然、印税なども含めて収入は計り知れず、噂では1億以上という話もあります。

一体、彼女の年収はいくらなのでしょうか?

また、一部では、個人事務所設立という話も聞かれます。

本記事にて、指原莉乃さんの収入の配分も含め、その真相を探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

指原莉乃の年収っていくら?噂の3億円って本当?

指原莉乃

指原莉乃

AKB48選抜総選挙でも前人未到の3連覇を果たすなど、アイドルファンから絶大な人気を得ているアイドル・タレントの指原莉乃さん。

『ワイドナショー』(フジ系)や『この差って何ですか?』(TBS)など、これらの準レギュラー出演も合わせて、なんとレギュラー11本に出演中。

しかも、情報番組からバラエティ番組までジャンルも問わず、さらに九州朝日放送などのローカル局からNHKまで放送局さえ選ばない…。

そんな幅広い活躍を見せているのは、アイドルの中では数少ない一人と言っても良いのではないでしょうか。

もちろん、タレントとしてみれば、小島瑠璃子さんをはじめ、多数の人気女性タレントがいます。

しかし、アイドルという括りだけで見ると、男性アイドルも含め、これほどレギュラー本数を抱えた女性アイドルはいないでしょう。

一部では、いまAKB48グループを卒業しても、全く困ることはなく、バラエティの世界でブレイクし続けるだろうという噂もちらほら…。

当然、そんな指原莉乃さんだからこそ、年収だって相当に稼いでいるのではないかと噂されているわけです。

報道でも囁かれている指原莉乃の年収

そこで、実際にどれくらい貰っているのか、調べてみると、

約3億円

というワードが浮き彫りに…。

というのも、彼女の場合、番組1本あたりのギャラがそれほど多くないとしても、テレビ番組・CMだけでも相当数に出演しています。

そのため、ゴシップ誌などでは、

推定2億9500万円

と具体的な金額まで出しているのです。

とはいっても、この年収金額の全てを彼女が手にできるわけではありません。

実際には年収1億円前後が妥当?

現在所属している芸能プロダクション『太田プロ』に稼ぎの4割は入るので、仮にこの話が事実だとしても、指原莉乃さんの年収は約1億8000万円。

そこから、税金などを引いて、1億円~1億2000万円がいいところだと思いますよ。

もちろん、これは報道で言われている金額を基軸に計算した金額でしかありません。

指原莉乃さん自身は、1億円でさえ否定しているわけですから、その前後という可能性は十分考えられます。

ただ、少なくとも彼女は別途個人事務所を設立しています。

もし、それが節税対策のためであるならば、少なくとも手取りで5000万円以上ないと、運営・維持する意味はなさそうです。

なので、あくまで推定ですが、5000万円~1億2000万が、指原莉乃さんの年収と思われます。

まぁ、具体的な年収額は分かりませんでしたが、少なくとも、一般人にはとても手の届かない夢のような金額だけは確かでしょうね。

 

指原莉乃のギャラの配分は事務所・個人でどう違う?

先程も少し触れましたが、指原莉乃さんは、芸能プロダクション・太田プロ所属の女性タレントなので、ギャラ全部が彼女のものになることはありません。

必ずどこかの芸能事務所に所属しているタレントは、ギャラの一部が所属事務所に入り、残りのギャラがタレントに入ることになります。

また、給料制の場合は、ギャラの金額に関わらず、決められた給与額しかタレントには入りません。

その話は、小島瑠璃子さんの事例でも話に挙がっていますよね。

彼女の場合、多数の番組に出演していながらも、貧乏生活を強いられ、出演していない番組の収録見学に赴きながら、弁当を貰うなんて話も…。

もちろん、小島瑠璃子さんが所属するホリプロでは、仕事があろうがなかろうが、給与制で安定した収入を得られる制度を取っています。

要は、所属タレントが得ている給与額全体で分配するので、そこはルールなので仕方ない部分でもあります。

太田プロの場合のギャラの配分は?

このように、所属事務所によってギャラの配分は大きく変わります。

さて、指原莉乃さんが所属する太田プロは、比較的良心的と言われ、先程お話したとおり、

ギャラの配分は6:4

と言われています。

もちろん本人が6で、太田プロが4という配分です。

これなら、頑張り次第で、それなりのギャラを稼ぐこともできるでしょうし、頑張りがいはあるといえるでしょう。

一応、2億9500万円と報道されているので、大雑把に計算して、約1億2000万円が事務所に入ることとなります。

そして、約1億8000万円が指原莉乃さんに入る計算が成り立ちます。

この部分は、先程お話したとおりです。

まぁ具体的な金額は明かされていないのでなんとも言えませんが、少なくとも、太田プロにとって指原莉乃さんは、稼ぎ頭であると言えるでしょう。

 

指原莉乃が節税対策で個人事務所設立は本当?

さて、指原莉乃さんのギャラ・年収を調べていく中で知った話ですが、実は、指原莉乃さんは個人事務所を設立しています。

彼女の母親が、地元大分に『34COMPANY』という個人事務所を設立しているらしく、主に、

  • 芸能タレント等の育成、マネージメント業務及びプロモート業務
  • 芸能タレント等の音楽芸能活動に関する興行の運営業務
  • 芸能タレント等の肖像権の管理

及び、不動産の売買、管理及び賃貸を目的に、設立運営している模様。

まぁ、不動産売買の管理なども含まれていますが、芸能事務所と同じ構えの個人事務所であることが伺えます。

 

では、指原莉乃さんは太田プロを退社し、独立を考えているのか?

その答えは、『No』といって良いと思います。

そもそも、もし彼女が独立を考えているのであれば、AKB48グループからも卒業しているはずです。

そんな構えは何一つ見せずに独立というのは、まず考えにくい…。

では、なぜ母の手を煩わせてまで個人事務所を設立するのか?

指原莉乃が個人事務所を構える理由

その理由は、ズバリ!

節税対策以外考えられません。

先程もお話したように、ゴシップ誌の報道をベースに計算すると、指原莉乃さんは、5000万円~1億2000万円の年収があると推測されます。

となると、税金だけでも40%以上も持っていかれてしまう事になり、それは由々しき問題…。

まぁ税金を正しいことに使ってくれるなら、まだ納得もできると思います。

しかし、この税金を使って、政治家たちの飲み食い代(もしくは無駄な給与)に消えていくだけ…。

スキャンダルを巻き起こし、そのことに反省すらせず隠蔽し続け、挙げ句のはてに政治は空転…。

その間も無駄に税金が使われているとなれば、もったいないと考えるのは当たり前の話ですよね。

ただ、税金は国民の義務でもあり、支払わないわけにはいきません。

だから、無駄な税金を少しでも抑えるために、節税対策を求められるというわけ。

なお、この節税対策は、別に脱税でも何でもありません。

れっきとした資産運用として認められた行為です。

節税対策に事務所を構えるなら年収5000万円以上か?

ただし、会社を設立し運営する以上、

少なくとも5000万円は年収がないと、全く割に合わないどころか損失さえ生まれてしまう

と言われています。

その点からも、指原莉乃さんの年収・ギャラは、5000万円以上と言われているわけで、節税対策の一つとして個人事務所を構えた…。

そのように考えることは可能でしょう。

まぁ、本人は否定していますが、少なくとも両親に会社運営をさせているわけですし、そのことも考えると、1億円前後の年収はあるでしょうね。

もちろん、彼女の年収が、まるまるその金額ではないと思います。

高所得者は事務所設立で金銭管理は必要

多額の収入を得ていると、金銭感覚だって麻痺してしまいかねませんし、生活感がおかしくなってしまいます。

なので、母親にお金の管理をしてもらいながら、必要に応じて個人事務所から役員報酬として、生活費を得ているのだと思いますよ。

とはいえ、これも噂ではあるんですが、

『指原莉乃さんは家賃50万円ほどのところに住んでいる』

という話なので、それなりの金額は得ているはずです。

節税対策で、個人事務所を設立し、しっかり収入も確保した上で、お仕事も頑張っている…。

そして、多くのアイドルに夢をしっかり与えてくれている点で、指原莉乃さんは素晴らしい女性アイドルであると言えるでしょう。

今後もバラエティやアイドル、はたまたプロデューサーなど、幅広く活躍し続けてほしいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

指原莉乃さんの年収が3億円近くあるという噂も流れ、かつて『ワイドナショー』で松本人志さんにいじられたこともありましたよね。

この話はもちろんのこと、年収1億円の話すらも彼女は完全否定…。

しかし、少なくとも地元・大分に個人事務所を構え、節税対策しているというのですから、年収1億円近くはあるとみて間違いないでしょう。

また、アイドル・タレント・プロデューサーとして、成功しているのは事実で、多くのアイドルに夢を与えているのは間違いありません。

それだけに、今後も、アイドル・タレント・プロデューサーとして、幅広く活躍している彼女の姿を見ていくことが非常に楽しみですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-女性アイドル

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.