意味の違い

インスタ萎えとは?その意味と蠅や映えとの違いを紹介【流行語】

投稿日:

インスタグラムが若い女性を中心に人気となり、『インスタ映え』という言葉が流行語に選ばれるほどになりました。

そんなインスタグラムには、実は『インスタ映え』だけでなく…。

『インスタ萎え』

という言葉があるのを知っていましたか?

さらに、『インスタ映え』を揶揄った『インスタ蠅』という蔑称もあるみたいです。

『インスタ萎え』とはどんな意味なのでしょうか?

当記事では、『インスタ萎え』について、意味や『インスタ映え』や『インスタ蠅』との違いについても紹介します!

スポンサーリンク

『インスタ萎え』とは?

『インスタ映え』が流行語となり、2017年の流行語大賞に選ばれたのは記憶に新しい出来事ですよね。

しかし、2018年には『インスタ萎え』が流行っているのだと言います。

映えるのではなく萎えてしまっていますが、『インスタ萎え』とは、どんな意味の言葉なのか気になりますよね!

 

さっそく『インスタ萎え』の意味について調べてみました。

『インスタ萎え』は、最初はどうやら

「何でもかんでもインスタ映えで萎えるわ、インスタ萎えだわ…」

というようなSNSでの愚痴があったみたいなんです。

でも、これはとくに流行らずに消えてしまいました。

今現在、『インスタ萎え』として使われている言葉の意味は…。

インスタグラムに投稿した写真を閲覧してみると、思ったより見栄えが悪くガッカリしてしまう

そんな写真のことを、『インスタ萎え』と呼んでいます。

簡単な話、

見栄えのよくないちょっと残念な写真

のことですね。

『インスタ萎え』の元ネタは、平成ノブシコブシ・吉村崇さんがインスタグラムに、

「#インスタ萎え」

というタグをつけて投稿していたのが始まりです。

確かに、『インスタ映え』する写真を求める人が多い中、この写真が出てきたら萎えますよね。(笑

こうして、もともとは平成ノブシコブシの吉村崇さんが使っていた『インスタ萎え』。

瞬く間に流行するようになったのは、その後

  • 木下優樹菜
  • 渡辺直美

といった、インスタグラムで人気のある芸能人の人たちも『インスタ萎え』を使い始めたからでした。

たとえば、

  • アイスを撮影したら、蓋でてっぺんがつぶれてしまっている状態のアイスが撮れた
  • 羽を生やす加工をしたら、背中からじゃなくて頭から生えているような配置になってしまった
  • おいしそうなアングルで撮影したつもりが、光の差し加減で色合いが微妙になってしまった

というような、ちょっと失敗した、不測のアクシデントがおきたような写真が、『インスタ萎え』する写真なのです。

 

ただ、『インスタ萎え』が流行することには、実はメリットが多いんですよ。

  • 失敗してしまったり、上手く撮影できなかったものを『インスタ萎え』という1つのジャンルとして投稿できる
  • ネタに振り切った路線でインスタ投稿をしていくことができる

など、投稿の幅を広げてくれるのです。

 

『インスタ映え』と『インスタ萎え』の違いは?

『インスタ映え』と『インスタ萎え』。

どちらも現在流行していることには変わりありませんが、両者には決定的な違いがあります。

『インスタ映え』は、ひときわ映える、見栄えがいい写真のことを指し、これはいわゆる『美』に該当する概念だと思います。

その中でも『インスタ映え』は、『完成された美』として、アングル、加工、被写体など、全ての要素が美しく作り上げられたものです。

一方で『インスタ萎え』は、

『美』+『残念さ』

ではないでしょうか。

『美』を加工やアングルなどで、さらに見栄えよくしたものが『インスタ映え』。

ならば、『美』のアングルがイマイチ、雰囲気にマッチしないものが混ざるなど、1つ残念な要素がプラスされたものが『インスタ萎え』なのだと思います。

 

要するに、『インスタ映え』と『インスタ萎え』の違いは、

『美』にナンセンスさが加わっているかどうか

ここが両者の異なるポイントではないでしょうか。

ただ、何がナンセンスかというのは説明が難しいところです。

ひとまず簡単な話、『インスタ映え』と真逆の位置にあるものが、『インスタ萎え』だという認識でいいと思いますよ。

 

『インスタ蠅』とは?

『インスタ萎え』が2018年は流行りそうな予感がしていますが、もう1つ、『インスタ○○』という言葉で広まってきているものがあります。

それが、『インスタ蠅』です。

『インスタ蠅』とは、どんな意味なのでしょうか?

実は、『インスタ蠅』とは蔑称なので、いい意味ではありません。

インスタ映えするおしゃれな写真を撮ろうと躍起になり、迷惑行為をする人

のことを、『インスタ映え』と虫の『蠅』をかけて、『インスタ蠅』と呼ぶようになったのです。

確かに、正直なところ、『インスタ映え』ブームになってから、『インスタ蠅』は増えましたよね。

フォロワーを増やしたい、より多くの『いいね!』が欲しい…。

その結果、

  • 食べ物の写真を撮る目的だけでお店で購入し、食べずにそのまま捨てる行為
  • 風景の写真を撮る目的のために立ち入ってはいけないところへ入ろうとする行為

そんな人が現れました。

『インスタ映え』のために『インスタ映え』スポットに群がり、迷惑行為をしていく…その様は、名前通り餌に群がる害虫のハエそのもの。

このような醜い姿を見せるインスタグラム利用者のことを、『インスタ蠅』と呼ぶのです。

『インスタ蠅』は、害虫、いや害人と言った方がいいでしょうか、はっきり言えばモラルのない人間です。

みなさんも、決して他者から認めてもらいたいだけの理由で周りに迷惑をかける害人『インスタ蠅』にならないよう、気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

 

まとめ

『インスタ映え』に続き、『インスタ萎え』が流行語として流行る兆しを見せています。

『インスタ萎え』とは、

  • どこかちょっと残念
  • がっかりな写真

のことを意味し、シュールなネタ感のある写真などは、その典型と言えるでしょう。

それでも人気になっていますし、『インスタ萎え』も人気になれば、バズる可能性があります。

となると、ある意味『インスタ萎え』も一種の『インスタ映え』と言えるかもしれませんね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-意味の違い

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.