雑学

夫婦喧嘩で無視する期間が長いと離婚に!早めの仲直りや解決法紹介

投稿日:

どんなに仲の良い夫婦でも、一緒に生活していれば、お互いの嫌な所が見えてきて夫婦喧嘩をしてしまいますよね。

みなさんも経験ないですか?

ほんの些細なことから、始まってしまった喧嘩。

でも、どんどんエスカレートしてしまって、夫(妻)が口をきいてくれなくなった。

そうなってしまうと、仲直りのタイミングが難しくなります。

今回は、夫婦喧嘩での無視について、そして仲直りや解決方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

夫婦喧嘩で無視する心理

夫婦喧嘩2

夫婦喧嘩

夫婦喧嘩をしてしまって、夫(妻)が口をきいてくれない。

なぜそういう状態になってしまうのでしょうか。

無視された側も

「わかってくれない」

「どういうつもり?」

と、余計に怒りが湧いてきます。

夫婦喧嘩で無視になる、実はその前に原因があるんです。

喧嘩中に、感情的にイライラをぶつけていたり、相手に対して「でも」「だって」など、自分の意見を押し付けていたりしていませんか?

これでは話し合いになりませんよね。

ヒートアップしすぎては、相手が追い詰められてしまいます。

その結果『無視する』という事になってしまうのです。

自分の意見を聞いてもらえなかったり、自分が間違っているという話しか言われなかったりしたら、話せなくなってしまいますよね。

また、自分の怒りをうまく表現できない時には、『無視する』ことによって怒りを表現したりします。

男性なら相手に対して、これ以上の怒りを感じてキレてしまわないようにしていたりします。

以上のような心理が、夫婦喧嘩で無視する事が起こっている時にはあるようです。

 

夫婦喧嘩で無視する期間

実は、夫婦喧嘩で無視する、というのはよくあります。

いやな期間ですよね。

「いつまで続くんだろう」

と考えてしまいます。

夫婦によって、喧嘩の大きさによって無視する期間は様々ですが、いくつかのパターンがあります。

2~3日間まで

この期間が一番多いです。

少しの時間距離をおいたら、お互い『何とかしたい』という気持ちになりやすいでしょう。

日常生活にも戻りやすいですね。

1週間~2週間

この期間無視が続くのは、何か大きな原因があるのではないでしょうか?

夫婦喧嘩は、どちらが悪い・正しいかを言いがちですが、お互い意地を張らず、早く冷静になったがいいです。

1ヶ月~それ以上

中には長期間になる人もいるようです。

コミュニケーション不足で、夫婦関係がドンドン悪化してしまいます。

こうなってしまうと、

世間体だけの仮面夫婦や離婚

につながることも。

 

無視する期間はあくまでも、冷静になる時間です。

冷静になるためにあえて距離をおく、そのための無視する期間は必要だと思います。

しかし、夫婦喧嘩にこだわっていたり、意地を張っていたりしては無視する期間は長引きます。

気持ちの整理がついたら、歩み寄る努力をしていきましょう。

 

夫婦喧嘩で無視する時の早めの仲直りには

夫婦喧嘩2

夫婦喧嘩

夫婦喧嘩で無視する期間で、一番多いのは2~3日間です。

ということは、お互いに『早めに仲直りしたい』と思っているはず。

仲直りしたい気持ちがあるのなら、大丈夫です。

早めの仲直りは、タイミングを逃さないことが大切なのです。

思いきってアピールしてみましょう。

喧嘩の直後での仲直り

数時間で冷静になれたら早めが肝心です。

ごはんを食べて

「おいしいね」

などと言い合っているうちに、夫婦関係が元に戻っていたりします。

喧嘩の翌日での仲直り

朝起きた時がポイントです。

一晩寝れば

「昨日はごめんなさい」

と素直に言える事もあります。

また、一日で仲直りできれば、日常生活への影響も少なくてすみます。

数日での仲直り

さりげない日常会話からしてみる。

少しずつコミュニケーション不足を解消していきましょう。

言葉よりも仲直りしたい気持ちが相手に伝わることが大切です。

 

夫婦喧嘩で無視する時の解決方法

夫婦喧嘩で無視する状態が長くなってしまったら、少し距離をおいて冷静になりましょう。

でもそのあと、どうやって解決すればいいのか、どんな方法があるのか、気になりますよね。

いくつかの解決方法を紹介します。

少し時間をおいてから話し合う

喧嘩の内容を蒸し返すのではなく、相手に理解と共感を示すのがポイントです。

「あの時は言いすぎた…」

など相手に歩み寄ってみて下さい。

お互いに冷静になって、話し合えば仲直りすることができます。

あいさつをする

「おはよう」「いってきます」

などあいさつをすると、『仲直りしたい』というアピールになります。

それが会話のきっかけになったります。

夫の好きな料理を作る

さりげなく好物を食卓に並べるだけで、

『この状態をやめたい』

という気持ちが自然と伝わります。

男性なら、食後にコーヒーを淹れてあげるなどがいいですよ。

 

贈り物をする

仕事帰りにお土産を買って帰るなど。

値段ではなく、相手のことを想って買うことが大切です。

メールや手紙で気持ちを伝える

文章にすると気持ちが伝わりやすいです。

「ごめんね」

などと分かりやすい言葉は、相手の心にまっすぐ届くはず。

なかなか解決のきっかけをつかめない時には良い方法ですよ。

第三者に入ってもらう

当人同士ではどうしても解決できそうにない時。

共通の友人などに入ってもらい、

『話を聞いてもらう』

『一緒に話し合う』

などをすると、自分の気持ちを冷静に言えたりしますよ。

スポンサーリンク

 

まとめ

夫婦喧嘩で、冷静さを失くして、感情的になっていては、相手も話し合う気がなくなってしまいます。

無視する状態になった時は、お互い冷静になる時間だと考えましょう。

でもその状態が長引くのは、夫婦の関係には良いことではありません。

なるべく早く仲直りすることがポイントになります。

無視している状態で、仲直りのタイミングを考えているなら、解決に向けて、即行動したほうがいいですよ。

無視する期間を長引かせないことが、夫婦喧嘩の仲直りのコツなのです。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.