意味の違い

切り落とし肉とこま切れ肉の違いとは?値段が安いのはどっち?

投稿日:

料理をする際に、よく使う切り落とし肉とこま切れ肉の違いについて、知っていますか?

今回は切り落とし肉とこま切れ肉の違いについてと、価格が安いのはどちらかについて、調べてみました。

スーパーや精肉店では、切って売られているため違いは分かりにくくなっています。

でも、切り落とし肉とこま切れ肉にはしっかりと違いがあるんです。

切り落とし肉と、こま切れ肉、両方のおすすめ調理法も紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

切り落とし肉は特定の部位の肉を合わせた肉

 

切り落とし肉は、

肉の特定部位をスライスした時に出る端を集めた肉

なんです。

複数の部位を合わせて、パック詰めになっている場合もありますね。

この切り落とし肉の特徴には、他にも特徴があります。

それは、

肉の厚さが均一になっている

ということです。

ただ、大きさにはばらつきがあるため注意が必要です。

 

この切り落とし肉は、薄切り肉を使った料理に適しています。

  • すきやき
  • しゃぶしゃぶなど
  • 牛丼

など、肉がメインの料理にも多く使われています。

 

 

こま切れ肉は不特定部位の肉を合わせた肉

 

こま切れ肉は、

肉をスライスした際に出る不特定の部位の端を集めた肉

なんです。

そのため、

肉の厚さや大きさにばらつきがあること

が、こま切れ肉の特徴になっています。

こま切れ肉の使い方としては、

  • カレー
  • 焼きそば
  • 生姜焼き

などに、よく使われる肉です。

 

店によって切り落とし肉とこま切れ肉の違いがないことも

切り落とし肉やこま切れ肉には、とくに表記の規定がありません。

そのため、お店によっては切り落とし肉とこま切れ肉を区別していない場合があります。

切り落とし肉とこま切れ肉には、大きく分けて2つしかありません。

1つ目は、肉の厚みが揃っているか、厚みが不揃いになっているか

2つ目は、肉の特定の部位の肉を集めたものか、不特定の肉の部位を集めたものか

という違いです。

店によっては切り落とし肉とこま切れ肉は、両方ともこま切れ肉として販売されているので注意した方が良いですよ。

 

切り落とし肉とこま切れ肉ではこま切れ肉の方が安い

切り落とし肉とこま切れ肉の価格を比べた場合、

こま切れ肉の方が安くなっています。

安い理由は、こま切れ肉と切り落とし肉では、切り落とし肉の方が肉の厚さが均一で、使用する部位も特定されているからです。

肉の形がしっかり見えるものや、均一に大きさを揃えたい料理には、切り落とし肉が多く使われます。

 

価格が安い、こま切れ肉を使って美味しく料理をすることも可能です。

煮込み料理など、多少は大きさや厚みにばらつきがあっても大丈夫な料理には、こま切れ肉を使ってみてください。

料理によって、切り落としにくとこま切れ肉を使い分けることが、料理にかかる費用の節約にもつながります。

また、切り落とし肉は、使用された肉の部位によって価格が異なります。

これも注意してくださいね。

 

こま切れ肉に使われやすい部位はどこ?

切り落とし肉とこま切れ肉の違いと、どちらが安いか分かったところで、

こま切れ肉にはどの部位が使われていることが多いのか?

を調べてみました。

複数の部位を組み合わせてパック詰めにされているこま切れ肉ですが、よく使われる部位があります。

さらに、牛と豚では、こま切れ肉によく使われる部分が異なることも分かりました。

 

こま切れ肉の場合は、

豚肉の場合は肩肉

が使われていることが多くなっています。

この豚肉のこま切れに、肩肉が多く使われていることには、きちんとした理由があります。

それは、

肩肉には骨や筋が多くあり、余計な部分をきちんと取り除いてから大きさや厚みを整えた肉にスライスにするのは難しい

という理由です。

 

牛肉の場合は外モモ肉

が、こま切れ肉として多くなります。

牛の外モモ肉が、こま切れ肉に多い理由は、

外モモ肉が硬くてスライスをしたり、ステーキ肉などにすることに向いていない

ということです。

また、ウデ肉も、筋が多くて少し硬い場合が多いので、こま切れ肉に使われやすいです。

綺麗に厚みや大きさを揃えてスライスをすることが難しい部位の肉や、少し硬めの肉がこま切れ肉になる場合が多くなるわけですね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回調べたことで、

  • 切り落とし肉は特定の部位の肉を集めた肉
  • こま切れ肉は不特定の部位の肉を集めた肉

であることが分かりました。

注意点として、店によって切り落とし肉とこま切れ肉の違いがない場合もあります。

切り落とし肉は、使用する部位によって価格が変わりますが、こま切れ肉は不特定の部位を集めてパック詰めされているため、価格が異なることはあまりありません。

切り落とし肉の場合は、使用されている部位によって価格がだいぶ異なります。

厚さが揃っていない、使用する部位が不特定ということで、

こま切れ肉の方が、切り落とし肉よりも値段が安い設定になります。

こま切れ肉に多く使われる部位は、豚の場合は肩肉、牛の場合は外モモ肉やウデ肉であるということも分かりました。

作る料理によって、上手く切り落とし肉とこま切れ肉を使い分けて、料理を楽しんでくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-意味の違い

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.