意味の違い

いたしますと致しますの意味の違いとは?メールでの正しい使い分け

投稿日:

「よろしくお願いいたします」

この文言は、よくメール…とくにビジネス関係で使われる言葉だと思います。

筆者も、よくこの文言を使用するのですが、実はよろしくお願いいたしますの『いたします』は、

「いたします」と「致します」は違いがあり、使い分けなければいけない

のです。

単に漢字変換するかしないかの差でしょ?

と思っていた人にとっては驚きですよね。

当記事では、「いたします」と「致します」について、メールでの正しい使い分け方や、意味の違いについて解説をしていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

「いたします」と「致します」の意味の違いは?

「よろしくお願いいたします」

という言葉は、主にビジネス関係のメールでよく使う人が多いと思います。

また、人によっては、

「宜しくお願い致します」

と書いてしまう人もいるでしょう。

実は「いたします」と「致します」は、意味が違うというか、使い方がちゃんと決まっている言葉だということを知っていましたか?

  • 漢字にするか
  • ひらがなにするか

この二つで、意味が大きく変わってくるのです。

では、そもそも「いたす」という言葉には、どんな意味があるのか。

まずは言葉の意味そのものの解説からしていきます。

致す(いたす)の意味

動詞

1.届くようにする。至らせる。

2.そのことが原因で、ある結果、とくによくない結果を引き起こす。ある状態に至らせる。

3.全力で事を行う。心を尽くす。

4.「する」の謙譲語・丁寧語・尊大語。

5.命を差し出す。身をささげる。

補助動詞

動詞の連用形やこれに「お」を付けた形、または、漢語サ変動詞の語幹やこれに「御 (ご)」を付けた形などに付く。

1.補助動詞「する」の謙譲語・丁寧語・尊大語。

このように、「いたす」という言葉には、主に動詞と補助動詞、2つの品詞としての「いたす」があります。

動詞としては、1や2の意味はよく使うのでわかるかと思います。

「私の不徳の致すところ」

とか、

「思いを致す」

などの意味ですね。

 

そして問題なのは、動詞の「する」、補助動詞の「する」両方の謙譲語・丁寧語・尊大語というところ。

動詞の「する」と補助動詞の「する」は何が違うのでしょう?

動詞の「する」は、物事をおこなうこと…つまり、

「野球をする」

「仕事をする」

という、漢字にすると「為る」と書く言葉ですね。

 

非常に広い意味で使用できるので、かなり便利な言葉ですね。

 

一方の補助動詞の「する」は、

「お荷物をお持ちいたします」

「お休みいたします」

というような時に使う言葉。

この場合の「する」は、補助動詞となった動詞が本来の意味と独立性を失い、付属的な意味を添えるものとしての「する」。

つまり、「する」自体にほとんど意味はなくなっているわけですね。

 

ちなみに、「いたす」は謙譲語や丁寧語であって、尊敬語ではありません。

そのため、主語は自分となり、相手の行動に対しては使わないことも覚えておきましょう。

尊敬語の場合は、「なさる」、「される」となります。

 

「いたします」と「致します」のメールでの正しい使い分け方!

メールなどの文章で、「いたします」と使うことは多いと思います。

とくに、ビジネス関係でのメールなどでは、先ほど紹介した「いたす」の中でも、

補助動詞「する」の謙譲語

としての「いたす」の使用率は非常に高いはずです。

しかし、ここで注意しなければならないのは、「いたします」と「致します」の使い分けです。

実は、

「よろしくお願い致します」

と表記してしまうのは、NGです!

 

実は、文章のルールとして、「いたします」を「致します」とするのは間違っているのです。

というよりも、「よろしくお願いいたします」の場合は、漢字を使うのがNG。

なぜかというと、ざっくり簡単に言えば、

動詞は漢字で、補助動詞はひらがなで書く

というルールがあり、これは文化庁の内閣訓令第1号『公⽤⽂における漢字使⽤等について』で、公用文のルールとしても決まっています。

そのため、

「よろしくお願い致します」

と書くとNGで、正しくは

「よろしくお願いいたします」

となるのです。

 

それでは、「致します」はどういった時に使うのでしょうか?

「致します」は、先述した動詞として使う場合となります。

そのため、逆に

「私の不徳のいたすところです」

「先人の努力に思いをいたす」

と使ってしまうと、これは間違いとなってしまいます。

そのため、しっかりと漢字とひらがなの使い分けをしてくださいね。

正しい使い分け方は、

  • 動詞は漢字を使う
  • 補助動詞ならひらがなを使う

です!

 

ところで、なぜ補助動詞はひらがなを使うのか知っていますか?

実は、もうそのヒントは記事内で出ているのに、気づいたでしょうか?

補助動詞をひらがなで表記しなければいけない理由は…

補助動詞は、動詞が本来の意味と独立性を失い、付属的な意味を添えるものだから

です。

補助動詞の「する」の意味を紹介した時に触れた、

「動詞が本来の意味と独立性を失い」

という部分が、実は補助動詞をひらがな表記にするというルールの重要なポイント!

なぜかというと、漢字はもともと、その漢字1文字にそれぞれ固有の意味が込められています。

それは、同音異義語が多いことからもよくわかるかと思います。

たとえば、

「店をあける」

という文章があったとして、この場合、「あける」が動詞なのは明らかですが、どの意味の「あける」になるかわかりません。

「店を開ける」

「店を空ける」

では意味が大きく異なりますよね。

そのため、漢字によって、動詞が本来の意味と独立性を得るのです。

しかし、補助動詞はその本来の意味を失うか、ほぼ意味がない状態になったものを指します。

「宿題をしておく」

という文があったとして、ここでの「おく」は、「置く」という言葉の意味はもはや成していません。

この場合の「して"おく"」は、漢字が持つ固有の意味を失っているため、ひらがなにするのです。

確かに、こうやって理屈で言われてみると、何となくひらがなにするのも頷けますね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

ビジネスメールなどでよく使われる、「いたします」について、「致します」との意味の違いを解説しました。

簡単に言えば、

動詞は漢字を使う、補助動詞ならひらがなを使う

というのが、「いたします」に限らず、動詞と補助動詞の場合ほとんどに当てはまると言えるでしょう。

そのため、「よろしくお願いいたします」は補助動詞なので、ひらがな表記が正しく、漢字は間違いになります。

漢字はそれぞれに固有の意味があり、その意味が生きている場合に使う…。

なるほどと、また一つ勉強になりました。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-意味の違い

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.