仕事

就活・合同説明会の服装で私服は大丈夫?鞄やコートのおすすめ紹介

投稿日:

最近は『服装自由』としている合同説明会(合説)が、たくさんあります。

でも、ここでひとつ疑問が湧かないでしょうか。

それは、

本当に自由な服装で行っていいのか?

という疑問です。

実際には、就活の合同説明会にはスーツで行く人がほとんどだと思いますが、

「私服で来てください」

という業界も少なからずあります。

 

では、着ていく服装には、どんなルールがあるのでしょうか。

そこには意外とたくさんの決まり事があったりします。

今回はそれらをひとつひとつ、ひも解いて紹介していきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

就活の合同説明会には第一にスーツ

ネクタイを直す眼鏡をかけた青年

いくら服装が自由としている合同説明会でも、自由すぎる服装は良くありません。

合同説明会で、どのような服装で行ったらいいのか困った場合は、

スーツで行くこと

を勧めます。

実際に、来る人の9割以上はスーツで参加します。

その際、スーツは

紺色や黒など暗めの色

が好まれます。

 

合同説明会は、面接場所ではありません。

だから、極度に格式張る必要はありません。

ごく普通の格好をしていけば、何も問題がないのが合同説明会です。

ワイシャツは?

ワイシャツは基本、白が好まれます。

ただ、ストライプ柄でも、うすめの色であれば、問題ありません。

しかし、ワイシャツの中に着るアンダーウエアは、濃い色がついている場合だと、

ワイシャツから透けて見えます

ので、これはとてもよくありません。

 

就活の合同説明会で私服を進められる業界

中には、あえて

私服で来てください

という業界もあります。

とくに、アパレル関係やIT、ベンチャー企業などの業界です。

こういった業界は、自由な社風としているところも多いので、服装に関しても自由にしている傾向があります。

事前の準備が必要なアパレル業界の面接

アパレル関係では私服での参加を進めていますが、事前の準備が大変重要です。

なぜなら企業によって、ファッションのトレンドが違い、それに合わせて自分の私服をコーディネートする必要があります。

そうしますと、事前に説明を聞きたい企業がどういうトレンドやカラー、トーンを持っている企業なのか、しっかりと事前準備をしなければなりません。

もし事前準備をせずに、就職希望の企業にそぐわない服装をしていっても、意味がなくなってしまいます。

また、面接でも、

「今日着てきた服装のポイントはどこか?」

「なぜそういうコーディネートをしてきたのか?」

というのは、鉄板の質問として聞かれるでしょう。

IT業界での服装は?

IT業界、とくにプログラマーなどの職種では、お客さんと接する職業ではないので、私服でも問題ないでしょう。

しかし、無精ひげやボサボサの髪は論外です。

最低限の身だしなみは、しっかりとしていくべきですね。

 

就活の合同説明会で持っていく鞄について

いくらなんでも、

手ぶらで行くというのはない

でしょう。

また鞄を買うお金がもったいないので、友人や親兄弟の鞄を借りる場合もあるでしょう。

合同説明会では、意外とたくさんの資料やパンフレットをもらうことがあります。

さらには、筆記用具やクリアファイルなど、持っていくものもいくつかありますので、鞄はどうしても必要です。

鞄のベストな大きさは?

鞄の大きさとしては財布やスマホだけしか入らないような、小さい鞄を持って行っては常識外れだと思われますので、絶対避けるべきです。

また逆に大きすぎるのも、他の人が座るスペースを占拠してしまいますし、ぶつかってしまうなど、周りに迷惑をかけます。

大きさの基準としては、A4サイズが、らくらく入る程度がベストのサイズになります。

鞄のデザインはどれがいい?

鞄のデザインは、地面に置いても倒れない自立式のものがいいです。

バッグは床に置く機会がとても多いので、ここは重要なポイントになります。

またポケットや仕切りが付いていて、中身がごちゃごちゃにならないものが、よりいいでしょう。

無難なビジネスバッグ

 

では具体的に、どのような鞄がいいのでしょうか。

一番いいのは、やはりビジネスバッグですね、もしくはトートバッグになります。

これもスーツと同じように、黒や焦げ茶色などの暗い色がおすすめです。

また、あまり明るすぎる色や、柄物は極力避けた方がいいでしょう。

鞄に適している素材は?

 

合同説明会では長時間、会場内を歩き回ります。

そのため、持っていて疲れないように持ち手の部分は、つかみやすく素材が軽いものがベストです。

軽い素材と言えば、ポリエステルやナイロン、合成皮革になります。

とくに女性だと、肩にかけることが多い人は、肩に持ち手が食い込んで痛くならないように広い形の持ち手のものがお勧めです。

 

就活の合同説明会で着るコート

 

まだ寒い時期に、合同説明会がある場合はコートを着ていく場合もあるでしょう。

コートは実に様々なものがありますが、合同説明会に合うコートと言えば、

  • トレンチコート
  • ステンカラーコート
  • チェスターコート

になります。

色もスーツやバッグと同じように黒や紺、女性だとベージュがベストです。

サイズとしては、スーツよりもちょっと長めのものが良いでしょう。

 

就活の合同説明会で履く靴

靴に関しては、先のとがったものや、値段が高い靴はやめておきましょう。

また、革靴の場合は、しっかりと靴磨きをしておきましょう。

企業側の人は、靴まで見ていないだろうと思うのは禁物です。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

就活の合同説明会では、持ち物、服装共に、

暗めの色

が一番無難ということで一致していました。

これはつまり就活・合同説明会では、

目立つ必要は全くない

という事です。

 

企業側が就活生の何を一番に見ているかと言えば、それは『常識的な人間であるか』という所です。

常識的な人間であれば、人間関係もうまくいきますし、企業に安定的な貢献をしてくれる可能性が高いからです。

仕事上での能力というのは、その次になります。

そのために、服装や持ち物に対する常識人としての心構えは、第一に考えておきべき事ですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-仕事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.