美容・健康

IT眼症の症状と原因とは?予防対策や治療方法を紹介【子供に多い】

投稿日:

スマートフォンの普及で、IT機器の長時間使用が増えてきました。

そして、その影響で起こる『IT眼症』になってしまう人が増えているのだとか。

今だと『IT眼症』は、

小中学生などの子供に多い

そうで、注意が必要です。

そもそも『IT眼症』とはどんな症状なのでしょうか?

当記事では、現代病の1つとも言える『IT眼症』について、症状や原因、予防対策方法などを紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

『IT眼症』とはどんな症状?

IT機器が発達した現代では、テレビやパソコンにスマートフォン、ゲームなど…。

あらゆる場面でIT機器を使うことが増えましたよね。

しかし、発達したIT機器の利用時間が増えることは、『生活が便利になる』というメリットだけではありません。

技術の発達は、場所や時間帯を問わずIT機器を利用する人が増えたため、幅広い年齢層で『IT眼症』という病気も呼び起こしてしまう結果になったのです。

子供の頃からスマートフォンを使う人も増えてきて、最近では子供への目の影響が危惧されていますよね。

ここで名前の出た『IT眼症』とは、そもそもどんな病気なのでしょうか。

 

この『IT眼症』とは、IT機器を長時間使用したり、不適切な使用をすることによって生じる目の病気や、その状態が原因となって発症する全身症状のことです。

ちなみに、『IT』とは、

Information Technology(情報技術)

という言葉の略称です。

『IT眼症』は、他にも呼び方があり、

『テクノストレス眼症』

『VDT症候群』

と言われることもあります。

筆者は知らなかったのですが、VDTとは、ビジュアル・ディスプレイ・ターミナルの略で、パソコンやスマートフォンなどの表示機器のことを指す言葉だそうです。

 

『IT眼症』の症状は、かなり多く存在します。

  • 目の疲れや充血
  • ドライアイ
  • 目がかすむ
  • ぼやけて見える
  • 視力の低下

といった目に関する症状は、もちろん現れてきます。

それだけじゃなく、

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 首・肩・腕・手・腰の疲れや痛み

といった筋骨格系への症状も出ます。

さらに、人によっては…

  • 不安感やイライラ
  • 嘔吐や下痢
  • 倦怠感
  • 抑うつ状態

などの症状まで起きてしまうのです。

『IT眼症』という名前だけに、

「目にだけ影響するだけだろう…」

などと思っていると大間違いです。

身体全体に影響していく病気として、注意が呼びかけられている危険な病気なんですよ。

 

『IT眼症』の原因は?

『IT眼症』は、どういったことが原因で起こる病気なのでしょうか。

…きっと、ここまでの話の流れで、何となくわかった人も多いかと思います。

原因はズバリ、IT機器です。

 

とくに、『IT眼症』の原因として多いのが、

スマートフォンや携帯ゲーム機、パソコンなどを

  • 近距離で凝視し続ける
  • 長時間見続ける

という部分です。

最近は、『画面の明るさ』がさらに『IT眼症』の発症者を増やしているそうです。

スマートフォンの普及は、それまで多くなかった小中学生といった子供にも、『IT眼症』患者を増やす原因の1つとなっています。

IT機器の画面の光源はLEDが主流になりましたよね。

目を刺激するブルーライトは、画面との距離が近かったり、夜間や暗い場所ほど影響が大きいと言われています。

そして、スマートフォンやタブレット、携帯ゲーム機といったIT機器は、パソコンに比べて画面が小さいですし、顔を近づけて見る人が多い傾向にあります。

 

国際医療福祉大学の原直人教授によると、顔を近づけて見ていることを近見視といい、

通常、遠くを見ている時、瞳孔は開いています。

このときはピント合わせは弛緩している、つまり身体としては休んだ状態です。

ところが近くを見ようとすると、ピント合わせ(調節)をしなければなりません。

そのとき、瞳孔は小さくなり(縮瞳)、寄り眼(輻湊)になります。

この3つを近見反応といいます。

と解説、さらに、この近見反応について、

これは脳の高次機能でもあります。

常に近くを見ることは眼、ひいては脳に負荷をかけているのです。

として、常に近くを見ることは、目の負担になるだけでなく、脳にも負担がかかっているというのです。

 

なるほど。

だから倦怠感やイライラなどの精神的症状まで起きるわけですね。

 

しかし、これだけだと、肩こりなどの身体の痛みは、どういう仕組みなのかわからないですよね。

実は、身体の痛みには、

IT機器を見る時の姿勢

が影響しています。

長時間同じ姿勢で見続けていたり、机や椅子の高さ、ディスプレイやキーボード位置にの関係で、無理な姿勢や不自然な姿勢をとってパソコンやテレビを見てしまう…。

これが、肩こりなどの痛みの原因となってしまうのです。

こういう症状もあるからこそ、『IT眼症』と言うだけでなく、『VDT症候群』というような名前もつくわけです。

筆者もパソコンを長時間見たり、スマホを長時間見たり…。

ゲームもたくさんするため、『IT眼症』になりやすいタイプだと言えます。

何とか予防したいですが…。

はたして『IT眼症』には、どんな方法が予防対策になるのでしょうか?

 

『IT眼症』の予防対策・治療方法を紹介!

ここで『IT眼症』の予防対策や、治療方法を紹介します。

まず治療方法ですが、これは薬を飲んでどうこうということではありません。

治療をしようと思うと、

『IT眼症』の原因を絶つということ…

これが最良の治療方法となります。

つまるところ、『IT眼症』の予防対策と同じことをすればいいわけですね。

『IT眼症』の予防対策1 IT機器の長時間利用を避ける

まず、『IT眼症』の予防対策をするにあたって、

目の疲労をなくす

ところから始めていきましょう。

そのためには何といっても、

『IT機器の長時間利用を避けること』

これが重要です。

なるべくスマートフォンの利用などを長時間おこなわず、

連続使用は1時間くらい

にしておきたいですね。

とはいえ、仕事でパソコンを使う人などは、長時間利用を避けろと言われても、そうはいきません。

なので、1時間使用したら10分ほど目を休めて休憩するような、目を休める時間をとってください。

『パソコン作業を45分以上続けると、ミスが急増する』

という研究結果が報告されているくらいですし、実は目の休憩は仕事効率の意味でも効果がありますよ!

『IT眼症』の予防対策2 画面と目の距離を離す

少しでも目の負担を減らすために、スマートフォンやタブレットといったIT機器を利用する際、

『画面と目の間の距離を離す』

ということも心がけましょう。

パソコンは基本的に、目からある程度の距離がある状態で使うので大丈夫だとは思います。

しかし、スマートフォンやタブレットの場合は、距離が近くなりがちです。

推奨される距離は、

50センチ以上離す

ことです。

画面が小さかったり、遠いとタッチが不便なので、つい近づけてしまいがちですが、なるべく50センチ以上の距離を離して、液晶画面を見てください。

また、

ブルーライトカットのメガネやフィルム

を使用することも、『IT眼症』の負担軽減に繋がりますよ。

 

『IT眼症』の予防対策3 暗いところでIT機器を使用しない

目の負担を軽減するために、暗いところでパソコンやテレビ、スマートフォンやタブレットの画面を見るのは控えましょう。

眩しくならないような環境を整えることが大切です。

ブルーライトは、画面との距離が近いほど、夜間や暗い場所ほど影響が大きいと言われています。

これにプラスして、近くで見ることをすれば、目の負担はかなり大きくなります。

極力、暗いところでの使用は避けてください。

とくに、夜中にこっそりスマートフォンでSNSなどを使う…。

といった子供も増えているといいます。

そうなるくらいなら、子供には夜更かししてもいいから、ちゃんと電気をつけて使いなさいと言った方がいいのかもしれませんね。

『IT眼症』の予防対策4 画面の明るさ調整・ナイトモードの利用

VDTと呼ばれるものを利用する際に、画面の明るさ調整をすることも、『IT眼症』の予防対策に繋がります。

例えば、スマートフォンやタブレットの画面の明るさを暗く調整し、明るく眩しくならない設定にするといった方法ですね。

また、最近では、ナイトモード、ダークモードといった暗い場所での目の負担を減らしてくれる機能を搭載する機器・サイトがあります。

たとえば、Youtubeの『ダークテーマ』やTwitterの『夜間モード』ですね。

背景の色が白から黒に変わり、目の負担を軽減してくれる機能です。

黒色は目の負担を軽減してくれるため、ナイトモードやダークモードといった機能は積極的に利用していくことをおすすめしますよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、『IT眼症』の症状や原因、予防対策を紹介しました。

『IT眼症』は、IT機器の発達した現代では避けられない病気の1つ。

とくにスマートフォンの普及によって、子供にも多い病気となりました。

『IT眼症』にならないためには、

  • 画面から距離を離す
  • 画面を明るすぎないよう調節する
  • 連続での長時間利用は避ける

といった、日常生活での対策が必須です。

最近では、Googleなどのウェブサイト、さらにはiPhoneといったIT機器でも、目の負担を軽減してくれる機能を搭載し始めました。

ぜひ、こういった機能を利用して、『IT眼症』にならないようにしたいですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.