女優

葵わかなの演技力の評価や評判は?出演映画やドラマをチェック!

更新日:

NHK朝ドラ『わろてんか』でヒロインを務め、女優としてブレイクを果たした葵わかなさん。

TBSドラマ『ブラックペアン』にも重要な役どころとして出演し、一気に注目を浴びています。

やはり朝ドラヒロインとしての注目度というのは、尋常じゃないですね。

さて、そんな葵わかなさんの演技力って、どれほど評価されているのでしょうか。

ネット上の評判も気になりますので、彼女がこれまで出演していた映画・ドラマの評判も含めて、本記事で、彼女の演技力の評価を調査していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

朝ドラ女優・葵わかなの演技力

葵わかな

葵わかな

2018年3月末まで放送していたNHK朝ドラ『わろてんか』。

笑いは良薬になると信じ、大阪を舞台にお笑いの仕事で世の中に貢献した女性の物語を映し出したドラマとして、その主演を演じた葵わかなさん。

可愛らしいルックスながらも、若い頃から祖母としての時代までを巧みに演じ、朝の顔として一躍ブレイクしました。

このドラマは、共演の濱田岳さんや徳永えりさんのアドリブ合戦も面白く、ドラマでありながらコントを見ているかのような面白さもありました。

さて、そんな朝ドラ『わろてんか』で、ヒロインを務めた葵わかなさんの演技力は、どれくらい高いのでしょうか?

葵わかなの喜怒哀楽の演技力は秀逸

そこで、実際に彼女の演技力の高さを調べてみたところ、高い印象が伺えます。

なんといっても彼女の演技力の高さは、

その喜怒哀楽の表情の落差がはっきり出せている点

を見ても十分に伺えます。

それに最も魅力的なのは、彼女の笑顔のかわいらしさにあると思います。

しかし、ただ可愛いだけではなく、悲しみや怒りなどリアルに伝わってくる…。

それは彼女の若さが見せているのかもしれませんが、透明感が高くピュアな演技は、さすが朝ドラ女優というだけのことはあるでしょう。

葵わかなは子役やコントでの経験も豊富

また、葵わかなさんの場合、子役からスタートしただけでなく、コント番組にも出演し、様々な演技を身につけています。

やはりミュージカルや舞台に出演し、経験を積んでいる女優は、演技力が高い!

NHK朝ドラ『わろてんか』では、そのことをまざまざと見せつけられたような気がしますね。

葵わかなさんは、まだ19歳。

それでいて、表現力の高い演技ができて、コントではボケもかませる…。

実に将来が楽しみな女優が出てきたと思うだけに、今後が非常に楽しみですね。

 

葵わかなの評価や評判

女優には、実に様々なタイプが存在します。

二階堂ふみさんや門脇麦さんのように、その役にそのまま憑依したかのように体全体で演じるタイプ。

一方、新垣結衣さん、綾瀬はるかさんのように、美しさ・かわいらしさを全面に映し出し、そこを武器とするタイプ。

そして、葵わかなさんのように、喜怒哀楽をはっきり映し出し、感情をストレートにぶつけてくるタイプの女優…。

様々なタイプの女優が存在していることを、ドラマや映画・舞台などを通じて感じているのは、筆者だけではないと思います。

そんな女優の中の一人として、葵わかなさんは、様々な作品に出演しています。

では、実際のところ、彼女はどのように評価をしているのでしょうか。

葵わかなの表情の豊かさに絶賛

実際に葵わかなさんの評価・評判を探ってみると、多くの人が、彼女に対して高く支持をしています。

もちろん、アンチの存在もありますが、

笑った顔がチャーミング

笑顔と悲しい顔の落差にギャップ萌えしてしまう

などなど…。

とにかく彼女の表情が映し出す演技力が、高く評価されているのです。

やはり、純粋な演技力と言うべきなのか、喜怒哀楽をストレートに表現できる表情の豊かさが、好評を受けているみたいですね。

サイレントでも伝わる葵わかなの表現力(表情)

 

とくに、その評価の高さが伺える作品として、『陽だまりの彼女』で上野樹里さんが演じた渡来真緒美の中学時代や、サバイバルファミリーが挙がっています。

しかし、それ以上に、評価が高いと伺える作品として挙げられるのが、シクラメンのマナザシという楽曲のMVです。

このMVで、葵わかなさんは、盲目の少女を演じているのですが、当然MVなので楽曲にかぶせて、声をだすことはできません。

実際に彼女は、全く声を出すことなく、サイレントとしての演技をしていたわけですが、盲目の少女という印象を植え付けた上で表情が豊か…。

杖を落としてしまい、困惑している中、誰かに杖を拾ってもらって、安堵からか笑顔に変わっていく仕草が、2カット数秒で映し出されている…。

その演技を見るだけでも、多くの視聴者が震えるほど、喜怒哀楽の表情がダイレクトに伝わってきます。

それこそ、安達祐実さんが演じた『ガラスの仮面』の北島マヤを見ているかのよう…。

そんな演技力を見せられたら、当然、評価・評判が高まるのも頷けます。

NHK朝ドラ『わろてんか』放送前までは、知名度がそこまで高くなかったから、彼女のことを知られていなかっただけ…。

今後は、一気に多くの作品に出演し、女優・葵わかなとして大活躍していくのではないでしょうか。

朝ドラ出演とともに、評価・評判も高まっている彼女の今後が、表情楽しみですね。

 

葵わかなの出演映画やドラマ作品

NHK朝ドラ『わろてんか』でヒロインを務めたことで、一気にブレイクを果たした女優・葵わかなさん。

しかし、彼女がこれまで出演している作品は、単純な学園モノからミステリーやシリアスなものまで、多岐にわたる作品に出演しています。

そこで、改めて、葵わかなさんが出演した映画・ドラマ作品を『わろてんか』以外で、いくつか紹介していきます。

表参道高校合唱部!

 

このドラマは、2015年の夏ドラマとして、TBSにて放送された金曜ドラマです。

舞台は、廃部寸前まで追い詰められた表参道高等学校合唱部。

芳根京子さんが演じた主人公:香川真琴が軸となって、廃部寸前の合唱部を立て直していくストーリーとなっています。

そのドラマの中で、葵わかなさんは、真琴がかつて小豆島在住だった頃に、ともに合唱部に所属していた親友・蓮見杏子を演じています。

メインキャストというより脇役ですが、その中でもしっかり演技をしている様子が伺えますので、存在感はハッキリしていると思いますよ。

女優落ち

このドラマは、2016年3月にBS朝日で放送された、葵わかな初主演スペシャルドラマ。

女優を夢見て家を飛び出した少女が、いろいろ苦難を乗り越えながら、たくましく大女優へと成長していくサクセスストーリーです。

葵わかなさん演じる主人公・清嶋ルイは、実に体力と根性のある女性キャラ。

そんな彼女は、挫折も多く経験しますが、周囲の人たちにも助けられ大女優へと成長していく姿に、思わず心が惹かれます。

ミュージカルじゃないのか?

という印象も伺えますが、面白くもあり感動もする、多種多様な感情が揺さぶらされるドラマと言えますね。

サバイバルファミリー

 

知っている人も多いと思いますが、本作は、2017年2月に公開の映画です。

主人公たちの住む街で、急に電気ガス水道の全てのライフラインがストップ…。

そのために、サバイバル生活をしながら、母の実家である鹿児島に向かうストーリー。

小日向文世さん演じる鈴木義之は、ある意味、ダメおやじで、偉そうに発言しながらも、いざというときに全く役に立ちません。

そんな父親に苛立ちを見せながら、サバイバル生活を過ごしている娘・結衣を葵わかなさんが演じています。

この作品で、等身大の女子高生を演じながら、時折喜怒哀楽を爆発させる演技は圧巻。

葵わかなさんの演技の高さを感じたいなら、ぜひ一度は観たい映画作品ですね。

 

以上、NHK朝ドラ『わろてんか』を除く、葵わかなさんの主な出演映画・ドラマ作品です。

まぁ『わろてんか』は、多くのみなさんが観ていたことと思いますし、あえて紹介する必要はないでしょう。

葵わかなさんは、『わろてんか』以外にも、様々な作品に出演しています。

ぜひこの機会に、彼女の出演の映画・ドラマ作品を観てはどうでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

女優・葵わかなさんが、数々の作品を通じて見せた表情の豊かさは、評価・評判は非常に高いです。

代表作となる、NHK朝ドラ『わろてんか』以外でも、映画『サバイバルファミリー』などで、その演技力の高さは十分に伺えます。

とくに、脇役でどこにでもいるような、ちょい役の存在感は圧巻…。

TBSドラマ『ブラックペアン』にも出演していますし、今後が非常に楽しみな女優ですよね。

みなさんも、本記事を参考に、彼女が出演している映画・ドラマをみてください。

きっと、葵わかなさんの表情による演技力の高さに魅了されると思います。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-女優

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.