女優

米倉涼子のギャラはいくら?ドラマや映画など演技力の評価を紹介

更新日:

ドラマ『ドクターX』シリーズで、

「私、失敗しないので」

というセリフと共に、絶大な人気を誇っている女優・米倉涼子さん。

このテレビ離れした時代に、平均視聴率20%前後を推移し続けているというのは実に圧巻。

やはり、主演を務める米倉涼子さんの強烈なインパクトが、高視聴率獲得へ、多大な貢献をもたらしているんだと思います。

さて、そんな女優・米倉涼子さんですが、ドラマ・映画・舞台に出演される際に、どれくらいのギャラを貰っているのでしょうか。

また実際に、彼女の演技力の評価も気になります。

そこで、本記事で、米倉涼子さんのギャラがいくらなのか、また彼女の演技力や評価を探りながら、まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

米倉涼子のギャラはいくら?

米倉涼子

米倉涼子

武井咲さん、剛力彩芽さん、上戸彩さんなど綺麗どころが揃い、女優としてだけでなくバラエティ番組でも活躍しているオスカー事務所所属の女優たち…。

その中で、美しさ以上に存在感を見せつけ、その圧倒的オーラで、ファンを魅了する数少ないオスカーの女優が米倉涼子さんではないでしょうか。

とくに米倉涼子さんが出演した『ドクターX』シリーズでは、

「私、失敗しないので」

というセリフと共に、絶対的な存在感を印象づけ、

この人についていけば間違いない!

と思わせるほどの安心感を与えてくれていましたよね。

米倉涼子は安心感を得られる女優

 

どんな能力の高い人間であっても、人間である以上、何かしらのミスはあるもの…。

しかし、彼女が『失敗しない』と言うと、それがどんなことであったとしても、失敗しないと信じてしまうんですよね。

まるで、水戸黄門でも見ているかのように、絶対的安心感がそこに生まれ、その存在感が、女優・米倉涼子の魅力なのだと思います。

新垣結衣さんや、綾瀬はるかさんのような清純派女優とは真逆で、常に周囲を牽引してくれるような姉御肌気質という印象の米倉涼子さん。

彼女自身、『ドクターX』でのイメージが付きすぎているので、

次回作はやらない

という噂も囁かれていますが、まぁ、彼女のことですからね…。

きっと、なんだかんだ言いながら、オファーが来たら引き受けてくれると思いますよ。

米倉涼子のギャラっていくら?

そんな、頼もしい女優の米倉涼子さんですが、オスカーの看板女優の一人ですから、ギャラも結構貰っているんでしょう。

そこで、実際に、ギャラについて調べてみたのですが、具体的な話は、わかりませんでした。

やはり、ドラマ・映画・舞台と、作品に応じてギャラも違っているみたいです。

そもそも、全てのギャラを公開しているわけでもありません。

一部では、『ドクターX』に関しては

1話300万円

という話も耳にしますが、それがどこまで本当なのかも不透明…。

一応、

米倉涼子さんの年収は2億9000万円

とネット情報として流れていますし、看板女優なりのギャラは貰っているんだと思います。

米倉涼子のギャラは意外と安い

ただ、一方では、

破格のギャラを貰っているわけでもないのに、『ドクターX』であれだけのパフォーマンスを見せてくれている

なんて話も聞かれています。

このコスパの良さも、長年『ドクターX』で米倉涼子さんが主演としてオファーされている理由とも言われているのです。

まぁ作品本数の違いなどもありますが、他の女優と比較すると、確かに米倉涼子さんの年収はかなり低いです。

他のトップ女優の年収(ギャラ)は?

ちなみに、他の女優の年収は、

綾瀬はるかさん:6億5000万円

有村架純さん:5億7000万円

吉田羊さん:4億7700万円

石原さとみ:4億3800万円

新垣結衣:4億3600万円

といった感じです。

これと比べると、たしかに米倉涼子さんは他の女優より圧倒的にギャラが低いですよね。

ギャラの総額は作品数による

まぁ彼女の場合、近年の主な作品が、舞台『シカゴ』とドラマ『ドクターX』で大半を埋めている状況なので、ギャラが低いのかもしれません。

とはいえ、あれだけの結果を叩き出し、大きく貢献しているところを見ると、もう少し貰っても良い気もしてしまいます。

それでも、彼女は快く引き受けてくれている…。

さすが、オスカーが誇る看板女優の一人だけのことはありますね。

今後も、多くの作品で彼女は重宝されることと思います。

圧倒的な存在感で、共演者や作品をグイグイ引っ張ってくれる女優・米倉涼子の魅力が、今後も、多くの作品で見続けられることを期待しています。

 

米倉涼子の演技力・圧倒的な存在感

冒頭から触れていますが、やはり、米倉涼子さんの女優としての演技力を語る上で、圧倒的な存在感は避けて通れません。

それは、彼女が出演していたスペシャルドラマ『黒革の手帖』でも感じられる部分です。

このドラマに米倉涼子さんは主演として出演していましたが、後に、武井咲さんが連ドラ版として同作品に出演しています。

米倉涼子・武井咲の演技力の違い

二人の違いとして、よく言われているのが、

米倉涼子さんは、超攻撃型な悪女。

武井咲さんは、いざというときにだけ動く悪女。

という違いです。

それは、これまでの二人の女優としての佇まいを見ても、納得できる部分だと言えます。

『ドクターX』で多くのファンから称賛されている米倉涼子さんの演技は、その圧倒的な存在感を視聴者に植え付けるような演技が特徴的…。

一方、武井咲さんの演技は、佇まいは凛としていながらも、少しずつ積み重ねながら、いざというときに存在感を爆発させる演技が特徴的です。

その最も象徴的なのが、ドラマ『すべてがFになる』です。

武井咲の演技力

こういう言い方は失礼かもしれませんが、このドラマで武井咲さんはヒロインとして起用されながら、序盤の1話あたりでは、ただの天真爛漫なお嬢様…

ヒロイン感ゼロで、どこか親しみやすいキャラを演じていたと思うと、数話かけて、次第に、ヒロイン感を全面に押し出していく…。

そして、その根底にあるものが、むき出しになっていくことで、リアルに狂喜乱舞の世界観がスパークされるのです。

それも、発狂といった簡単な手法に彼女は頼ることなく、静かで不気味な演技を見せることで、ミステリアスな二面性を引き出していく…。

そのコントロールが実に絶妙で、視聴者を恐怖の世界に引き込んでいく演技力を武井さんは持っています。

米倉涼子の武器は圧倒的存在感を見せる演技力

さて、話をもとに戻しますが、正直なところ、

米倉涼子さんには、武井咲さんのような二面性を感じさせる演技はできない

と考えています。

どちらかと言うと不器用ながらも、常に前のめりに演技とぶつかっている印象が強く、だからこそ感じられる圧倒的存在感がひかるタイプの女優…。

米倉涼子さんは、まさにその代表格で、他の演者と全く異なる、愚直な演技のできる女優です。

『ドクターX』では、傲慢という印象を植え付け、他者を圧倒する大門未知子を演じていますよね。

大門未知子は女優・米倉涼子のハマり役

 

あくまで筆者個人の印象に過ぎませんが、彼女の演技力を考えれば、まさに大門未知子は米倉涼子さんのはまり役だと思います。

そして、彼女以外では、大門未知子を演じることはできないとすら感じているのです。

もちろん、女優といっても、いろんなタイプの女優がいるわけですし、一概に優劣を決めることはできるはずもありません。

清純派女優を優先的に見たら、それこそ米倉涼子さんの演技力は大根役者以下の評価を受けてしまうかもしれません。

しかし、それはタイプが違うだけの話で、演技力の高い低いの問題ではありません。

傲慢・高飛車で自信家な超攻撃タイプの役をさせたら、彼女の右に出る役者はそうそういないでしょう。

どんな恐怖を感じるシーンでも、堂々と胸を張り、他者を牽引する姉御肌を魅せられる度量の広い演技力を米倉涼子さんは持っている。

だからこそ、『ドクターX』が多くのファンから絶大な支持を得られ続けているのだと思います。

 

米倉涼子の演技力の評価に賛否両論

女優・米倉涼子としての評価は賛否両論である

こんな風に一言で言い表してしまうと、本当に身も蓋もない言い方になります。

でも、人には好みがあるゆえに、賛否両論はしょうがないです。

それは、先程触れた武井咲さんも同じで、筆者の印象では、とにかくアンチからのバッシングが、とにかく酷いです。

あれだけ秀逸な演技をしているにもかかわらず、武井咲さんは

演技が大根

と、罵倒されている光景をみることもよくあります。

ただ、全体的に批判されているならまだしも、それが一部の視聴者ということなので、気にする必要はまったくないと考えています。

米倉涼子の存在感がある演技力に称賛の声も

実際に武井咲さん同様、米倉涼子さんに対しても称賛の声は高まっています。

やはり、『ドクターX』で演じた大門未知子を想像し、その存在感、自信を持って、己の正義に基づいて動く・牽引力に、魅了されたファンは多いです。

冒頭からお話しているように、

米倉涼子さんについていけば全く問題が起こらない

という感情は、実に多くのファンが感じている部分で、その圧倒的存在感は、実に評価が高いです。

今後も、

ときに傲慢でありながら、それが嫌味に感じさせることなく、自信家で周囲の人たちを牽引してくれる…

そんな女優として、米倉涼子さんが多くのファンから愛され続けていくことを期待しています。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『ドクターX』の大門未知子のように、どんなに不安な状況に陥っても、女優として芝居に向き合う姿にはおくびにも出さない米倉涼子さん。

「私失敗しないので」

の言葉通りに、彼女についていけば一安心とさえ思えてしまうほど、圧倒的な存在感と姉御肌的な一面を、彼女の演技力からも感じさせられます。

だからこそ、ファンだけでなくドラマ・映画・舞台の制作関係者からも評判は高いですよね。

しかもギャラが安いのであれば、なおさら彼女を起用したいと考えるのは頷けます。

今後、その圧倒的存在感で、多くの作品で先陣をきり、多くの視聴者に作品で名女優として活躍することに期待したいですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-女優

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.