お金 女性アイドル

在宅アイドルとは?アマゾンを使った施し収入と人気女性をチェック

投稿日:

『誰でも会いに行ける』国民的アイドルグループとして、AKB48が人気になった一方で、真逆のアイドルが今注目を浴びています。

人は、在宅アイドルと彼女らを呼称し、『会いに行けないアイドル』でありながらも、SNSを通じた活動が人気となっているようです。

何でも、彼女らがアマゾンを通じて、施しも受けているなんて話も聞かれますが、一体どんな形で収益を稼いでいるというのでしょうか。

そこで本記事では、在宅アイドルとはどういうものか。

またアマゾンでの施しや、収入の仕組み、人気女性アイドルを探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

在宅アイドルの仕組み・活動内容とは?

反省文を考える女性

女性

中森明菜さん、中山美穂さんのように、どこか遠い特別な存在という印象が強く、ライブ以外では、なかなか会いに行けなかったアイドルたち…。

それから時代が変わり、いつでも会いに行けるアイドルという、ファンと身近な存在であることを売り出したAKB48が登場…。

アイドルも時代とともに変化していくことを、見せつけられる印象を受けますが、そんなアイドル文化にまた新しいアイドルが登場…。

それも、

外に一切出ることなく、アイドル活動をする

という、『在宅アイドル』というのだからビックリですよね。

会いに行くことができないのに、それでもアイドルとして成立していく…。

実に不思議な感覚のアイドルなんですが、一体、なぜこのようなアイドルが登場してきたのでしょうか。

一つは、近年のセクハラやストーカーが普及した事案に関係していることが挙げられます。

在宅アイドルが急増した背景

近年、AKB48握手会襲撃事件や、小金井ストーカー事件のように、女性アイドルが、最悪、命を狙われる事件も起こっていますよね。

これまでのアイドルたちは、ファンと触れ合うことが活動の基盤とされてきました。

しかし、この手の悪質な犯罪まで発生し、怖さを感じる女性アイドルも急増。

また、ファンとの接触そのものに疲れてしまうアイドルも増えている話もちらほら…。

正直、本当に彼女たちを心の底から応援し、何があっても背中を押してあげるファンばかりなら、接触を嫌がることはないと思います。

しかし、現実は全く異なり、ある種、性的嗜好の対象として女性アイドルに興味を抱いている男性ファンもどきが多数いるのが現状…。

そうなると、常に身の危険をどこかで感じながら活動しなければいけないわけで、ストレスだって相当たまります。

また人気になると、ちょっとしたことで、すぐにスキャンダルが報じられます。

プライベートが一切なくなってしまうことも、アイドルのストレスとなっている模様。

接触を嫌う在宅アイドルが増えた原因とは?

アイドル=偶像

とみなされ、まるで人間扱いされていない状況が広がってしまうことを、アイドルたちは危惧しているのでしょう。

そこで、在宅アイドルという、ファンとの接触を断ち切った上で、アイドル活動できるスタイルが増えているというのです。

まぁ、核家族化なども進み、だんだん人との触れ合いが少なくなりつつある、この時代を考えたら、一つの時代の流れとして理解できる話ですよね。

ただ、それでも、活動モデルが確立されていないことには、在宅アイドルという活動は不可能です。

では、どんな仕組みで、在宅アイドルたちはアイドル活動をしているのでしょうか?

在宅アイドルを可能にしたビジネスモデル

いろいろ調べてみると、在宅アイドルたちは、SNSを用いてサービスを活用し、アイドル活動をしていることがわかりました。

みなさんは、『SHOWROOM』や『LINE LIVE』というSNSサイトを知っていますか?

筆者もあまり馴染みのなかったSNSサイトですが、実はこれらのSNSサイトが、在宅アイドルとしての活動を実現させているんだとか…。

『SHOWROOM』とは?

『SHOWROOM』は、仮想ライブ空間をキャッチコピーとしたSNSサイト。

アイドルやタレント・モデルなどが、ライブ配信を通じて、コミュニケーションをすることを目的とし、サービス展開されています。

AKB48グループメンバーたちや、乃木坂46など、国民的アイドルグループも利用し、映像配信しているサイトです。

ただ、映像配信できるだけなら、YouTubeと同じですが、『SHOWROOM』は、直接対象アイドルとコミュニケーションが取れます、

視聴者が、『ルーム』というアイドルの生放送配信中の空間に訪れ、アバターを通じて通信することで、アイドルたちとリアルタイムでやり取りできる…。

さらに、驚くことに、この直接のやり取りの中で、

  • 無料の仮装アイテム『星』
  • 有料のアイテム『ギフト』

を用いて、アイドルたちを支援することができるというのです。

簡単に言うと、ストリートミュージシャンの音楽・パフォーマンスを聴いて、それに対して気持ちで対価を払うシステムに似ているといえばわかりやすいでしょう。

もちろん、『SHOWROOM』も慈善事業しているわけではないので、

有料で購入するギフトの35%が手数料

として領収されます。

そのことを了承した上で、視聴者たちは、対象となるアイドルを支援するために、投げ銭(ギフト)による支援をしていくわけです。

SHOWROOMで月500万円稼ぐ猛者も…

実際にこのサービスを活用し、月500万円を稼ぐ配信者も現れている話も聞かれます。

ピコ太郎さんなどの登場もあり、ユーチューバーが注目されるようになったこの時代、また新たな形のネットビジネスが登場したと言えそうですね。

『LINE LIVE』とは?

さて、もう一つ在宅アイドルとしての活動を実現させているサイトが、『LINE LIVE』。

こちらも、『SHOWROOM』同様、投げ銭システムや広告収入などで手数料を除いた金額が、配信者に渡るシステムとなっている模様。

 

これらの、サービスが在宅アイドルとして活動可能とさせているわけです。

非接触系アイドルの是非は別として、今後テレビに露出もせず、会いに行けないアイドルが、ますます増えていくかもしれませんね。

 

在宅アイドルとアマゾンの関係!施しとは?

さて、一つのビジネスモデルとして、在宅アイドルはSNSサイトを通じた活動によって、確立されつつあることは、先程お話したとおりです。

しかし、大手通販サイトのアマゾンと、どのような関係があるのか、分かりづらいですよね。

そこで改めて、どのような関係性があるのか調べてみたところ、先ほど紹介したSNSサイトとアマゾンの『ほしいものリスト』が絡んだ施しと判明。

もう少し掘り下げて説明すると、

  • 在宅アイドルが、『SHOWROOM』などのSNSを通じてライブ配信。
  • 同時に、アマゾンの『ほしいものリスト』を設定し、TwitterやFacebookに公開。
  • ツイッターとSHOWROOMなどのSNSとTwitter・Facebookを連動。
  • 視聴者が公開された『ほしいものリスト』をみて、在宅アイドルに施しをする。

と、ざっくりいうと、このような流れで、アマゾンでの施しを受けているというのです。

まぁ単純に、アマゾンのほしいものリストを公開しているだけなので、決して犯罪行為とは言えません。

施しをする人も、納得して施しをしているので問題はない…。

巧妙なやり口でブランドバッグを手に入れる在宅女性アイドル

実に巧妙なやり口ですが、こういった手を使い、ブランドバッグを手にする在宅アイドルも増えているんだとか…。

何か、アイドルが汚れていくような気もするんですが…。

それも一つの時代の流れなのでしょう。

ただ、くれぐれも言っておきますが、すべての在宅アイドルが、このようなことをしているわけではありません。

健全に自己主張の場として、『SHOWROOM』などのSNSサイトを利用し、在宅アイドルとして活動している人もいます。

あくまで、アマゾンでの施しを受けているのは、それで生計を得ていくために用いている一部のアイドルに限った話だと思いますよ。

 

人気女性在宅アイドルを紹介

いろいろ盛り上がりも見せている在宅アイドルですが、正直なところ、誰が在宅アイドルなのか区別つかないところもあります。

先程からもお話している通り、『SHOWROOM』などのSNSサイトは、誰でも動画配信できるサービスを行っています。

したがって、すべてが在宅アイドルとは限りません。

中にはAKB48や乃木坂46のように、普通のアイドルもいると思いますし、他にもただの動画配信者(ユーチューバーのような…)もいます。

なので、本当にその人を知っていない限り、在宅アイドルかどうかはわからない…。

そこで、とりあえず人気コンテンツを通じて、人気女性在宅アイドルと思われる人を紹介したいと思います。

大渡紗英

『SHOWROOM』で人気コンテンツを配信している大渡紗英さんは、大阪在住の大学2年生。

何やらコスプレイベントやファッションイベントなどを定期的に行っている在宅アイドルみたい…。

『SHOWROOM』でも、『ガチイベ決勝 最終日!!大渡紗英』という配信コンテンツが、ランキング上位に入ったようです。

あくまで一般の大学生だと思われますし、今後、在宅アイドルとしてのみ活動されるのか、実際にアイドル活動していくのかは分かりません。

ただ今後、さらなる注目の可能性も感じられる、在宅女性アイドルと言えそうですね。

三上よしか(みかみーず)

三上よしかさんも、大渡紗英さん同様、大阪を拠点に在宅アイドルされている女性人気在宅アイドル。

なにやら、関西限定で発刊されているMONAというファッション誌で、モデル活動しているみたい…。

このファッション誌は、プロとして活躍しているモデルではなく、一般人にフォーカスを当てている点が、他のファッション誌と少し異なります。

一般の人たちが、シンデレラや王子様のように、よりかわいく・格好良く映し出し紹介していく

をコンセプトにしていて、三上よしか(みかみーず)さんは、ある意味、読モのような在宅アイドルと言えそうですね。

看護学生として看護の勉強も

ちなみに、彼女は、現在看護学生としての日常も送っているんだとか…。

ある意味、GReeeeNのような活動をしているとも言えるような気がしますね。(笑)

いろんな意味で、今後期待できる在宅アイドルと言えそうです。

 

以上、人気女性在宅アイドルを二人を紹介していきました。

在宅アイドルでも一般人なので不透明な存在

とはいえ、あくまで彼女らは在宅アイドルという、不透明な存在であることに変わりありません。

決して公の人物ではなく、ごく普通の一般人であることに変わりはないので、アイドルとしての立ち位置が実にわかりにくい存在ではあります。

ただ、そのことはあまり意識することなく、一人の在宅アイドルとしての時間を楽しみながら、彼女らは今後活動されていくんだと思いますよ。

みなさんも、一度は在宅アイドルに触れてみてください。

そこから生まれる新たな在宅アイドルの見方で新しい発見があるかも知れませんよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、女性在宅アイドルについて、その仕組やビジネスモデル、アマゾンとの連動性、人気女性在宅アイドルを紹介していきました。

正直、筆者もまだ断片を知ったに過ぎない状況で、まだまだ知らないことも多々出てくるかもしれません。

ただ一つ言えることは、近年、一部のファンの危険行為や、SNSの進化に伴い、新たな形のアイドルが誕生したことは事実。

しかも、彼女らは、巧みにアマゾンのほしいものリストまで利用し、施しを受けているのですから驚きです。

今後ますます進化していくと思うだけに、どのような形で、よりファンと密接していくのか、その動向に注目していきたいものですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-お金, 女性アイドル

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.