雑学

女性が彼氏じゃない男性にお店で食事を奢ってもらう方法を紹介!

投稿日:

食事をする男女

食事をする男女

相手がちょっと気になる男性との食事で

「今日は奢ってもらいたいな~」

もしくは、気になっていない男性だからこそ

「自分から誘ったんだから察してよ!」

という時ってありませんか?

最近では

「割り勘とは言わないけど女性にもお金を出してほしい」

という男性も多いものです。

しかし女性は、ムードの良いデートだったからこそ、

男性には雰囲気を壊さずスマートにお会計をしてほしい

という人も結構多いですよね。

ここでは雰囲気を壊さずに「奢ってほしい」ということを伝えたい女性に

「食事奢ってください!」

ではなく

「男性がお財布を出したくなる」

方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

男性に食事を奢ってもらう方法

お金を支払う男性

お金を支払う男性

それでは、さっそく男性に食事を奢ってもらう方法を紹介していきます。

彼氏であれば

「今日はごちそうさま!」

と可愛く言えても、彼氏じゃない男性に

「奢ってください」

とストレートには言いにくいですよね。

ましてや気になっている男性が相手なら、その一言で次回のデートの約束もなかったことになるかもしれません。

ここでは、彼氏じゃない男性に食事を奢ってもらう方法を

『行動編』

『言葉編』

に分けてお話していきます。

行動編

まずは、

「奢ってもらいたいな」

という時、ちょこっとできる『行動編』です。

お財布を忘れる・お金を少ししか持っていかない

『お財布を忘れる』

というのは、昔からよくある奢ってもらう方法です。

ですが、ありきたりな方法なだけに、あまり良い印象ではないかもしれません。

しかし、あらかじめ少ないお金しかお財布に入れておかず

「今日はちょっとしか持ってなくて」

「今、月末でお金が厳しくて」

などと、伝えておくのは、相手に申し訳なさが伝わります。

あまり高くないお店を選ぶ

あまり高くないお店なら男性側も

「今日はお金大丈夫だよ!」

と言い出しやすくなるかもしれません。

高いお店で男性に奢ってもらうのはハードルが高いですよね。

奢る方も奢られる方も負担になったりします。

お店選びは男性に任せる

「今日は何食べたい?」

「お店どこにする?」

と男性から聞かれた場合、

「お任せします!」

と伝えます。

男性は自分の知っているお店や、おすすめのお店に誘ってくるので、

「このお店気に入ってもらえたかな?」

「自分が誘ったからお金は大丈夫だよ!」

と言ってもらえるパターンが多いようです。

お財布を探してお金を出す素振りを見せる

「今日は奢ってほしいな」

という場合でも、最初から奢ってもらうつもりでいると、あまり良い印象を抱かない男性も多くいます。

お会計の時には一緒にお金を出す『素振りだけ』でも重要です。

もしくは、お会計はスマートに行いたいので、お会計後に

「いくらだった?」

とお財布を出すと

「大丈夫だよ!」

というやりとりに繋がるかもしれませんね。

トイレのタイミング=お会計のタイミング

察しの良い男性や、少しでも『今日は奢りたい』という気持ちがある男性なら、食事の後のトイレのタイミングで、お会計を済ましておいてくれるはず。

だから、会計前にトイレに立ってみてはいかがでしょうか?

これが一番スマートな方法ですし、女性も素直に「ありがとう」「ごちそうさまでした」と言いやすくなりますね。

言葉編

次に紹介するのは『言葉編』です。

「美味しい!」などのリアクション

「美味しい!」「楽しい!」

など一緒に食事を楽しんでいる姿を見ると、彼氏じゃない男性でも

「連れてきてよかったな」

という気持ちになるものです。

食事の後には、

「美味しかったね!」

「楽しかったね!」

など、相手の男性と過ごした時間が、とても良いものだったことを伝えましょう。

「こんなお店に連れてきてくれてありがとう!」と褒める

「こんなお店は初めてきた!」

「こんなに素敵なところに連れてきてくれてありがとう」

と、お店そのものよりも、このお店に連れてきてくれた男性を褒めましょう。

褒められたり感謝されると嬉しいものです。

「もっと喜ばせたいな」

という気持ちになるかもしれませんね。

「ごちそうになります!」「ごちそうさまでした!」と先に言う

相手の男性との関係性にもよりますが、食事に誘われた時点で

「ごちそうになります!」

と可愛く伝えておくのも良いかもしれません。

先に「ごちそうになります!」と伝えておいた上で、『行動編』を取り入れれば、奢ってもらえる確率も上がりそうですね。

また、お会計の直前に

「ごちそうさまでした!」

と、にっこりと伝えるのも良い方法です。

もちろん、

「美味しかったですね」「また来たいですね」

などの言葉を添えるのも大切です。

その際は

「次は私にごちそうさせてくださいね」

と伝えておけば、奢る側の気持ち的にも、負担は軽くなりますね。

 

男性に食事を奢ってもらったらやること

奢ってもらう女性

奢ってもらう女性

さて、ここまでは『女性が彼氏じゃない男性にお店で食事を奢ってもらう方法』を紹介してきました。

男性に食事を奢ってもらったら、奢ってもらうことを当然のような態度は禁物です。

必ず

「美味しかったです!」

「楽しかったです!」

「ごちそうさまでした!」

など、感謝の言葉を大げさに感じるくらいきちんと伝えましょう。

また、相手が気になっている男性なら、食事のあとに

「このあとカフェに行きませんか?今度は私にごちそうさせてください!」

と誘うのも良いかもしれません。

自分との時間が楽しかったと感じれば、奢った男性も

「奢って良かったな」

と思ってくれるはずです。

 

くれぐれも

「奢る羽目になってしまった」

と男性が感じないような言葉や態度が大切です。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

女性が彼氏じゃない男性に食事を奢ってもらう方法を紹介しました。

女性なら

「今日は奢ってほしいな~」

という時ありますよね。

そんな時、彼氏じゃない男性には

「奢って!」

とストレートに言いにくいものです。

 

彼氏じゃない男性に食事を奢ってもらうには、行動や言葉で、さりげなく伝える方法がありましたね。

これらの方法は相手の男性との関係性も重要です。

もちろん、男性に食事を奢ってもらったら『お礼の言葉』も忘れずに。

お礼と一緒に

「次は私にごちそうさせてください」

と伝えたり、食事の後にカフェへ誘って

「ごちそうします」

というのも良いかもしれません。

その時はにっこりと素敵な笑顔で、

「連れてきてよかったな」

と思ってもらえる女性なら、男性も奢るのが苦ではないかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FUGURI

好きな食べ物:パン、アイス、ハチミツ、ウイスキー。 趣味:ライブ参戦、パンの食べ比べ、コスメ収集、インターネットショッピング、お尻トレーニング。 基本的には健康オタクです。 最近ハマっているものは酒粕とハトムギです。 皆さまに読みやすい記事をお届けできますよう努めてまいります。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.