お金 雑学

小学生のお小遣いは月額定額制がおすすめ!平均金額相場はいくら?

投稿日:

お小遣い

お小遣い

子供の学年があがったり、小学校へ入学したことをきっかけに

そろそろお小遣いあげてみようかな?

と考えはじめる家庭も多いのではないでしょうか。

でも、いざお小遣い制をはじめてみようと思っても、

一体いくら渡せばいいのか?

どういう渡し方をすればいいのか?

など色々と悩みますよね。

せっかくお小遣いをあげるのだから、子供がお金について学ぶ良い機会にしたいものです。

今回は小学生のお小遣いについて、おすすめの渡し方や平均金額の相場について紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

小学生の子供へのお小遣いのあげ方

お小遣いのあげかた

お小遣いのあげかた

小学生の子供へのお小遣いの渡し方には、いくつか種類があります。

他の家庭では、どんなお小遣いの渡し方をしているのか見てみましょう。

お小遣いのあげ方1 ときどき・その都度

小学生の低学年では、この割合が一番多く、

規則性なく必要になった時に渡す

ということが多いようです。

低学年では休日もまだ親と出かけることも多く、その都度その場で渡すことが多いのではないでしょうか。

また、お小遣い制をスタートさせる最初の段階として、

子供が何にお金を使おうとしているのかを親が把握してからお金を渡す

というのも一つの方法ですね。

また

「100円以内で好きなものを買っていいよ」

と、親が上限額を設定し、子供に自由に品物を選ばせることで、お金の使い方を学ぶ方法もあります。

参照:家計管理・生活設計のツボ/日本銀行 金融中央委員会 知るぽると

お小遣いのあげ方2 月・週ごと

年齢が上がっていくにつれて、必要なタイミングでその都度渡していた方法から、定期的に渡す方法に移行することが多いようです。

とくに小学校の高学年にもなると、お小遣い月額制を導入する家庭の割合が増えていきます。

2~3年生頃から、大きな数でも足し算引き算ができるようになってくるため、その頃に決まったタイミングでお小遣いを渡しているようですね。

決まった金額を渡し、次のお小遣い日まで、やりくりをさせていくことで金銭管理について学んでいくことができます。

参照:家計管理・生活設計のツボ/日本銀行 金融中央委員会 知るぽると

お小遣いのあげ方3 年ごと

変わった渡し方では、

年俸制

で渡している家庭もあるようです。

まとまった金額を渡し、1年間子供が管理するやり方です。

低学年でも10,000円弱の金額を管理していきます。

こちらは、ある程度親がしっかりと子供の金銭管理を把握しておく必要がありそうです。

また、この場合に子供に

お小遣い帳をつけさせること

が前提となるようです。

親としても、大きな金額を子供に持たせることになりますので、心配も多いでしょう。

  • 子供の金銭感覚を本格的に育てたい!
  • 長期的な見通しをもって管理できるようになってほしい

といった要望がある家族にとっては、良い方法かもしれません。

お小遣いのあげ方のおすすめは?

子供や家庭の状況にもよりますが

  • お金の管理を学ぶ
  • お金をやりくりすることを学ぶ

といった、お金の扱いを学ぶことを目的としてお小遣いを渡すのであれば、やはり月額制がいいでしょう。

なぜなら給料のもらい方の多くは月額制だからです。

将来、社会人になってからの給料を管理する練習として、1ヶ月の決められた金額で過ごす、という体験は大事なことといえます。

親としても子供のお金の使い方の傾向を知るいいチャンスとなります。

将来に向けて今からしっかりお金の使い方について考えることは大事なことです。

ただし、子供によって管理できる金額や期間は変わります。

今の子供の状況で、どのくらいの期間、どのくらいの金額であれば管理できそうかは、親がしっかりと見定める必要があります。

子供に合わせてお小遣いをあげるタイミングを変化させていき、少しずつお金の管理について学んでいくことで、無理なくお小遣い制を維持していくことができます。

またお小遣いをあげたら、あげっぱなしではなく、一緒に管理をすることが大事になります。

お小遣いの使い方を子供としっかり話し合うことで、子供はお金の使い方を学んでいくでしょう。

 

小学生のお小遣いの平均金額相場はいくら?

お小遣いの平均

お小遣いの平均

では一回にあげるお小遣いの金額はいくらくらいなのでしょうか。

これは学年やあげ方によって違うようです。

ときどき・その都度わたす平均額

低学年:平均100円

中学年:平均300円

高学年:平均500円

月額制

低学年:月平均400円

中学年:月平均500円

高学年:月平均1,000円

参照:家計管理・生活設計のツボ/日本銀行 金融中央委員会 知るぽると

 

となっています。

基本的に1,000円未満で設定し、子供の年齢が上がるにつれて、金額も増やすようにしている家庭が多いようです。

各家庭、子供の状況や渡し方に合わせて、金額を柔軟に設定することが必要です。

 

小学生にお小遣いを渡す時のポイント

お小遣いで気をつけるポイント

お小遣いで気をつけるポイント

ただ子供にお小遣いを渡すだけではなく、親としてもしっかり意識してお小遣いを渡しましょう。

お金の貸し借りは厳禁

金銭トラブルは、子供にお金を持たせる上で、とても心配なところですよね。

お小遣い制を導入する前に、この点はしっかり子供と話し合いましょう。

  • 仲の良い友達にもお金は貸さない
  • 友達に自分のお金で何かを買ってあげるようなことはしない

など、一つ一つ理由も添えて具体的に伝えることが必要です。

また親と子供の間でも、お金の貸し借りはなし、としておいたほうが一貫性があります。

そのため基本的には、お小遣いの前借りはなしです。

これは大人になってからも、お金を持つ上で大事な意識となります。

お金を持つということが、どういうことなのか、子供にしっかりと伝えましょう。

子供に合わせた金額を渡す

低学年のうちから、大きな金額のお金をもたせたり、高学年になっても少なすぎるお小遣いでは、いらぬトラブルを招く危険性があります。

子供の年齢と状況に合わせて、親がしっかりと判断しましょう。

また子供と必要な金額について話し合うことも有効です。

毎月何にどのくらい使っているかなどを話し合い、必要な金額を設定しましょう。

一度決めた金額は、変えない方が計画性を持たせるためにも効果的です。

子供自身がお金の使い方の計画をたてる

子供にお金をどう使うか計画を立ててもらうようにすると、親子の間で、お金の使い方に共通の認識が持てます。

使いすぎてしまったときも、子供の計画をもとに話し合うことができ、子供は失敗から学んでいくことができます。

また、お金を貯めることを意識させるために、お小遣いを渡す時に貯金用と使う用で用途を分けて、お小遣いを渡す方法もあるようです。

ある程度、大きな金額のもので欲しいものを一つ決め、目標をもって長期的にお金を貯めていくという経験もできるといいですよね。

子供の金銭管理に親が口を挟みすぎない

子供のお金の使い方に、親としてはつい口を出したくなってしまうものです。

でも子供が失敗から学ぶことも、たくさんあります。

「使いすぎてるなぁ」

と思っても、そのまま放っておいてください。

お小遣いの日を待たずしてお金がなくなり、子供が困ったタイミングで

どうすればよかったのか?

を一緒に考えてみましょう。

この時

お金は計画的に使わないとすぐになくなってしまうこと

をしっかり伝えましょう。

お金がない状態で過ごすことも大事な体験です。

お小遣い帳を導入して、何にどれだけ使い、何が無駄な出費だったのかを考えるのも良いですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、小学生のお小遣いについて紹介しました。

小学生になったからお小遣いを!

と思っても、親として考えなければいけないことが多くあります。

ただお小遣いを渡せばいいのではなく、子供の将来のため意図的な渡し方が必要なんですね。

お小遣いを渡す以外にも、子供と買い物に出かけた際に家計の出費について話すなど

大人もお金のやりくりをして生活しているんだよ

ということを伝えることも大事なのだそうです。

子供がしっかりとお金について学んで管理する方法を身につけられるように、子供に合わせた伝え方で伝えていきましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

akin1428

心理関係の仕事をしながら、ライターとして記事を書いています。 メンタルヘルスや人間関係、子育てに関することはお任せあれ! またその他にも雑学の分野で色々と記事を書いています。 知らなかったことを知れるって楽しい!

-お金, 雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.