美容・健康

おたふく風邪(ムンプス)の症状より何倍も恐ろしい合併症をチェック

投稿日:

子供の頃にかかる人が多い『おたふく風邪(ムンプス)』

『おたふく風邪(ムンプス)』にかかって、顔が腫れて熱が出たという経験に記憶がある人も多いのではないでしょうか?

中には大人になってから『おたふく風邪(ムンプス)』にかかる人もいるようです。

大人になってからかかると、非常につらいものですよね。

『おたふく風邪(ムンプス)』の症状は、発熱や頭痛、嘔吐、顔の腫れなどいくつかありますが、恐ろしいのはその合併症です。

「おたふく風邪(ムンプス)の合併症なんて初めて聞いた!」

という人も多いかもしれません。

ここでは『おたふく風邪(ムンプス)』の合併症や予防接種などの対策について紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

『おたふく風邪(ムンプス)』とは

『おたふく風邪(ムンプス)』は、

『ムンプスウイルス』に感染すること

で発症する病気です。

4歳以下の子供にかかりやすい病気で、集団感染を引き起こす可能性の高い病気といわれています。

また、子供のころにはかからずに大人になってから『おたふく風邪(ムンプス)』にかかる人もいます。

 

『おたふく風邪(ムンプス)』の原因のほとんどは空気感染です。

 

兄弟や親子間で、順番に『おたふく風邪(ムンプス)』に感染していくことも多いですよね。

また、幼稚園や保育園、学校のクラス内で流行することも多いです。

ですので、『おたふく風邪(ムンプス)』と診断されると、空気感染を防ぐために登園・登校を控えるように指示されることが多いようです。

『ムンプスウイルス』に感染すると、

2~3週間の潜伏期間の後、初期症状が表れはじめます。

しかし初期症状は、ちょっとした風邪の症状にも似ているため、早い段階で『おたふく風邪(ムンプス)』にかかったと気が付く人は少ないかもしれません。

『おたふく風邪(ムンプス)』の症状

おたふく風邪の症状

『おたふく風邪(ムンプス)』というと

『顔が腫れて熱が出る病気』

と、なんとなくイメージしている人が多いのではないでしょうか?

 

たしかに、顔が腫れて『おたふく』のようになるので、『おたふく風邪(ムンプス)』と呼ばれています。

ただ、実際にはかかると次のような症状が表れます。

  • 発熱
  • 悪寒
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 耳下腺の腫れ

『おたふく風邪(ムンプス)』による、これらの症状は1~2週間で、ほとんどが治っていきます。

 

『おたふく風邪(ムンプス)』の合併症をチェック!

『おたふく風邪(ムンプス)』にかかると恐ろしいのが

『合併症』

です。

「1~2週間で治るなら自宅で安静にしていれば大丈夫かも!」

と甘くみてはいけません。

合併症1『ムンプス難聴』

『ムンプスウイルス』が内耳に感染することで引き起こされる難聴です。

片耳だけに難聴が起こることが多く、とくに子供に発症することが多いようです。

子供が『ムンプス難聴』にかかると、自覚症状がないことも多いので、周囲の大人は注意深く観察しなければいけません。

もちろん、大人でも『ムンプス難聴』が発症する可能性はあります。

最近では『おたふく風邪(ムンプス)』の合併症の中でも、発症する可能性の高い合併症とも言われています。

後遺症が残ることもあるので、予防接種などでの対策が重要です。

合併症2『無菌性髄膜炎』

髄膜にムンプスウイルスが感染することで発症します。

『おたふく風邪(ムンプス)』の合併症で、おそらく最も多いと言われています。

この『無菌性髄膜炎』にかかると、発熱や頭痛、嘔吐など風邪のような症状が表れます。

軽度であれば後遺症などはなく、1~2週間ほどで、治っていくようです。

しかし、けいれんなどの症状が表れた場合は、注意が必要です。

この場合は『脳炎』の発症も疑われます。

合併症3『脳炎』

髄膜にムンプスウイルスが感染することで発症する『無菌性髄膜炎』が、さらに発展して『脳炎』を引き起こすことがあります。

『脳炎』が発症すると、

  • 痙攣
  • 意識障害

などの重い症状が表れます。

合併症4『精巣炎・卵巣炎』

大人になってから『おたふく風邪(ムンプス)』にかかった場合は、

男性であれば

『精巣炎』

女性であれば

『卵巣炎』

の合併症を発症する可能性があります。

『精巣炎』は熱や痛み、腫れなどの症状があり、1週間ほどで、これらの症状は治っていくようです。

この場合の『精巣炎』が原因で、不妊症になることはあまりないそうですが、1割程度の男性は

受精能力が低下すること

もあるようです。

女性の『卵巣炎』は、おりものの量が増えたり、下腹部痛などの症状が表れます。

また、発熱や嘔吐などの症状が表れることもあります。

この場合の『卵巣炎』も、不妊症になることはないそうですが、『卵巣炎』を放置したまま悪化してしまうと他の病気を発症する可能性もあります。

『卵巣炎』の症状に気が付いたら、早めに病院へいってくださいね。

 

『おたふく風邪(ムンプス)』の対策や予防接種

予防接種を受ける子供

ここまで『おたふく風邪(ムンプス)』の症状や、恐ろしい合併症について紹介してきました。

『おたふく風邪(ムンプス)』は、空気感染で広がる上に、潜伏期間が2~3週間もあるので

「知らない内に感染していた!」

ということもあります。

かかってしまい、重篤な合併症を発症してからでは手遅れなので、『予防』が重要になってきます。

 

『おたふく風邪(ムンプス)』の予防手段としては、ワクチンの『予防接種』が挙げられます。

ワクチンの予防接種は『おたふく風邪(ムンプス)』の一番有効な予防方法のようです。

とくに子供のころに『おたふく風邪(ムンプス)』にかからず、大人になった人は、『予防接種』は重要です。

『おたふく風邪(ムンプス)』の二次感染を防ぐための対策

『おたふく風邪(ムンプス)』は感染症なので、手洗いや、うがいといった対策が有効です。

また、かかった人が周りにいる場合は、自分自身もマスクをして、くしゃみや咳による感染を防ぐのも重要ですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『おたふく風邪(ムンプス)』にかかると、

  • 発熱
  • 悪寒
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 耳下腺の腫れ

といった症状が表れます。

その初期症状は風邪の症状と似ているため、『おたふく風邪(ムンプス)』にかかっても、すぐに気が付く人は少ないかもしれませんね。

 

この『おたふく風邪(ムンプス)』で、とくに恐ろしいのが

『合併症』

です。

合併症には、

  • ムンプス難聴
  • 無菌性髄膜炎
  • 脳炎
  • 精巣炎・卵巣炎

などがあります。

中には悪化したり後遺症が残る恐ろしいものもあります。

『おたふく風邪(ムンプス)』に対する有効な予防方法はワクチンによる予防接種です。

4歳児までの子供がかかることの多い病気なので、子供への予防接種は重要です。

また、

おたふく風邪(ムンプス)に一度もかかったことがない!

という大人は、早めに予防接種を受けておく方が良さそうですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FUGURI

好きな食べ物:パン、アイス、ハチミツ、ウイスキー。 趣味:ライブ参戦、パンの食べ比べ、コスメ収集、インターネットショッピング、お尻トレーニング。 基本的には健康オタクです。 最近ハマっているものは酒粕とハトムギです。 皆さまに読みやすい記事をお届けできますよう努めてまいります。

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.