映画

ニセコイ実写映画の公開日はいつ?主演キャストの評判をチェック!

投稿日:

漫画やアニメなどの実写化は大半がクソ映画になる…。

これが筆者の持論であり、実写化はこの世の悪と思うくらい嫌悪感を抱いているのですが…。

また、安易な実写映画化の毒牙にかかってしまった作品がありました。

それが、『ニセコイ』です。

しかも、『ニセコイ』の実写化は、キャストコメントから早くも地雷臭が…。

今回は、『ニセコイ』の実写映画について、主演キャストの評判や公開日などを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

『ニセコイ』が実写映画化

週刊少年ジャンプで2011年48号~2016年36・37合併号まで連載されていた『ニセコイ』。

『ニセコイ』はアニメ化もされましたね。

アニメ1期は2014年1月~5月の1クールちょっと、アニメ2期は2015年4月~6月までの半クールちょっとという、かなり変則的な放送スケジュールでした。

筆者の『ニセコイ』へのイメージは、

約5年間の連載で、当初は人気があった恋愛コメディ漫画でしたが、中だるみのまま適当に終わらせた…

というような、中盤~終盤の展開があまりにもイマイチすぎて、右肩下がりになってしまった漫画だった印象があります。

最初はベタで王道な作風だったはずなのですが、いつのまにか方向性が変わり、最終的には読者をがっかりさせるような展開になっていました。

まさに、

『どうしてこうなった』の典型

と言える作品でしょう。

 

そんな『ニセコイ』が、なんと実写映画化!

しかし、そもそも主人公とヒロインの設定が、反社会勢力とギャングの抗争回避のため、恋人のフリをするという設定…。

物語開始の時点から、実写化できるのか不安ですよね。

さらには、ヒロインの桐崎千棘は日本とアメリカのハーフで、赤いリボンと金髪がトレードマーク。

日本人の染める金髪では、あまりにも汚すぎて綺麗な金髪になりません。

ビジュアル面でも問題がありそう…。

ストーリーも、5年間も続いたものをどう1つの映画にするかという点で不安が残りますね。

いわゆる原型である、読切版の『ニセコイ』ならば、それも可能かもしれませんが…。

 

ただ、原作も大コケした作品という意味では、改変した内容が受け入れられることもあるので、最初から期待値が低いという意味では、実写映画が成功する可能性もあります。

(まぁ失敗の確率の方が高いでしょうけど…)

そんな実写映画『ニセコイ』ですが、ついに主演キャストが発表!

主人公・一条楽とヒロイン・桐崎千棘が判明しました。

はたして一体誰になったのでしょうか?

 

『ニセコイ』実写映画の主演キャストは誰?

実写映画『ニセコイ』の主演キャストが、2018年4月23日に発表されました。

発表されたのは、『ニセコイ』のストーリーが始まるきっかけとなる主人公・一条楽とヒロイン・桐崎千棘のキャストです。

一条楽:中島健人(Sexy Zone)

主人公・一条楽は、反社会勢力…いわゆる『893』の3つの数字で表すことのできる組織・集英組組長の一人息子です。

反社会勢力とはいうものの、作中の組織は、いわゆる昔の時代に多かった、

任侠を大事にする組織の一人息子

として育てられたため、真面目で面倒見が良く、困った人を放っておけない行動派。

しかしその一方、神経質かつ平和主義者なので、本当に反社会勢力の組長の息子なのかと言えるような一面もあり、本人も向いていないと言うほど。

 

そんな一条楽役は、まさかのジャニーズアイドルです。

『Sexy Zone』の中島健人さんが演じることとなりました。

この中島健人さんは実写化作品に出演することが非常に多いですね。

『ここさけ』こと『心が叫びたがってるんだ。』や『黒崎くんの言いなりになんてならない』、『銀の匙 Silver Spoon』など…

とくに映画出演に関しては、大半が実写化映画かつ、その主演を務めているのです。

 

中島健人さんの演技力に関して言えば、どちらかというと舞台の方が向いているような、ややオーバーな演技をすることが多いですよね。

ただ、大半はジャニーズアイドルは

「お遊戯会」

と揶揄されるほど演技下手な人が多い中で演技力に定評があり、ただ単にジャニーズアイドルだからダメという枠ではなさそう。

 

実際、かなりその演じる役にどっぷりと入っていくタイプで、『ニセコイ』のコメントでも、

「緊張のクランクインまであと数日、もう1回漫画を全部読み直して、ニセコイの世界を僕に染み込ませたいと思います!」

と、何度も読み込んでキャラクターへの理解を深めていこうと努力しています。

また、

「『今回の役は王子様のイメージではないけど、また一緒に物語の世界を作っていこう!』と(監督から)仰って頂き、その期待に応えるためにも『脱・王子!』を宣言します!」

と意気込んでいました。

ただ、

24歳の中島健人さんが、『高校生』の一条楽を演じられるか

というと、ちょっと疑問が残りますね。

それに、中島健人さんが主演した映画は『黒崎くんの言いなりになんてならない』以外、大コケばかりなのも不安要素と言えるでしょう。

 

まぁこれについては、中島健人さんが悪いというよりは、中島健人さんが酷い作品にキャスティングされやすい…という運の悪さもあるかもしれませんね。

桐崎千棘:中条あやみ

ヒロイン・桐崎千棘はアメリカから転入してきた、金髪碧眼に赤いリボンがトレードマークの美少女です。

この時点でルックスのハードルが高い!

そして、千棘はギャング組織・ビーハイブの一人娘です。

性格は大雑把で男勝りで、暴力癖のあるかなり乱暴。

楽に注意されるまでは、楽以外の人物にも手を出していました。

ちなみに、読切版だと日本暮らしで楽の幼馴染という設定になっています。

 

そんな千棘を演じるのは、ファッションモデル・女優の中条あやみさん。

中条あやみさんは、イギリスと日本のハーフで、千棘と同じハーフなんですね。

中条あやみさんは、今回千棘を演じることについて、

「桐崎千棘を演じることは、私にとって大きなプレッシャーなのですが、実は共通点も多いんです!」

「同じハーフ女子ということと、バナナが好きということ。千棘ちゃんと一緒で嬉しいです!さらに千棘ちゃんに近づくため、今回初めて髪を金髪にします」

と共通点を挙げていたのですが、この不用意な発言が、早くも批判を生んでしまいました。

『ニセコイ』ファンほど怒る内容ですし、原作へのリスペクトが全く感じられない、かつ全く読んでいないことが丸わかりの発言ですよね。

これについては後述しますが…

これでは、早くも『ニセコイ』の実写映画が大コケで終わりそうな予感しかしません。

 

実写映画『ニセコイ』主演キャストへの評判は?

実写映画『ニセコイ』の主演キャストが中島健人さん、中条あやみさんと発表されましたが、その評判はどうなのでしょうか。

ネットでの評判を見ると、やはりというべきか、賛否両論になっていますね。

中島健人さんに対しては、

「またジャニタレ学芸会やるのかよ」

「24歳に高校生役でラブコメやらせるのはきつくない?」

という否定的な意見から、

「こんな大コケ確定の作品に出なきゃいけないのはかわいそう」

「期待の若手として推されてるはずなのに、出る作品に恵まれないよね」

と、俳優としても実力のある中島健人さんが、ことごとく漫画の実写化というコケやすい作品ばかりに当てられてしまうことに同情する声なども…。

 

一方の中条あやみさんに対しては、

「可愛いから楽しみ」

という声も少しはあったものの、炎上しやすいジャニーズアイドルの起用よりも、むしろ中条あやみさんへの批判が多い事態になってしまっています。

「年齢以上に老けて見えるから高校生は無理だろ」

「演技下手すぎるから出すなよ」

といった意見。

さらに、先述した中条あやみさんのコメントがさらに批判を過熱させてしまいます。

「バナナ好きって、ほんとに千棘のこと知ってる?」

「こんな原作理解してないやつがヒロインとか絶対無理」

「原作読んでない人がヒロイン役やるとか、この時点で大コケ確定」

「1巻のこともわかってない時点で、こいつは原作を読んでない」

と猛烈な批判…。

 

実は、先ほど紹介した中条あやみさんのコメントで、中条あやみさんは

「ハーフとバナナ好きが共通点」

と言ってましたが、ここに大きな間違いがあるんですよね。

実は千棘、むしろバナナは嫌いなんです。

2人の関係を疑うボディーガード・クロードに対し、楽が言った嘘が

「演歌とバナナが好き」

という内容でした。

「お嬢はクラシックしか聴かない上、バナナはむしろ嫌いでは…?」

と指摘をしたクロードに対し、偽ではあるものの、恋人であることをアピールするために千棘が話を合わせ、

「大好きよ演歌とバナナ!」

と言っただけのことです。

仮に実写映画の内容で、『バナナ好き』と改編されていたとしても、原作をしっかり読み込んでいる中島健人さんとは、役に対するリスペクトや理解力に天と地の差があります。

これによって原作を全く読んでいないことが確定し、かつ演技力も下手。

もはや見た目しか取り柄のない中条あやみさんに対し、批判が集まっているのです。

 

ちなみに、こういったキャストへの評判はともかく、最も多かった意見が、

「原作が1200万部売れながら、内容は最後に大コケしたんだし、どうやっても失敗するんだからどうでもいいや」

と、『ニセコイ』は原作が大コケしているので、どう転んでもダメだろうなと、最初から悟っている内容だったのは、何とも悲しいものですね…。

 

実写映画『ニセコイ』の公開日はいつ?

実写映画『ニセコイ』は、いつ公開されるのでしょうか?

もう既に公開日は決まっていて、

2018年12月21日

となっています。

元がコケているため、どう転んでも微妙な映画になりそうですが、それでも見てみたいという人がいれば、年末年始のスケジュールを開けておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

あの『ニセコイ』が実写映画化され、主演キャストが発表。

一条楽役が中島健人さん、桐崎千棘役が中条あやみさんに決定しました。

キャストへの評判は賛否両論で、とくに中条あやみさんに対しては、

原作を全く読み込んでいない

と批判されていました。

確かに、こういう原作を全く理解していない人が主演キャストな時点で、少なくとも原作ファンは見に行かないでしょうね。

最後の展開でコケてもファンの人もいるのに、そういった貴重なファン層も手放して、何がしたいのかさっぱり理解できません。

まぁ実写映画は原作ファンというより、キャストファンを取り込む狙いがあるらしいですし、原作の知識が全くない人がキャストでも、関係ないのかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-映画

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.