芸能人

北原里英のNGT48卒業の理由と今後!女優としての演技力の評価は?

投稿日:

AKB48の先人達が、次々と卒業し、それぞれの道を歩んでいく中、北原里英さんにもその時がついに訪れましたね。

2008年にAKB48の5期生として加入し、それ以降は中心メンバーとして活躍し続けた北原里英さん…。

そんな彼女が、NGT48だけでなく、AKB48グループを卒業することは寂しい話ですが、それにしてもなぜ彼女は卒業を決めたのでしょうか。

その裏側には今後の女優としての活動を見据えていたという話もありますが、果たして彼女の演技力は?

そこで本記事で、北原里英さんのNGT48、AKB48グループ卒業理由と、今後の活動、女優としての演技力の評価を探っていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

北原里英のNGT48・AKB48卒業

 

2008年から、AKB48の5期生として活躍し、2016年からはNGT48のキャプテンとして、メンバーたちを牽引した北原里英さん。

グループの中心としてだけでなく、姉妹グループのキャプテンとなり、メンバーを支えた功績は実に大きいですよね。

2017年の選抜総選挙でも、NGT48からは、荻野由佳さん(5位)、本間日向さん(13位)の二人が選抜入りされています。

早くも彼女らがNGT48のエース候補として注目されているわけですが、そこまで導いたのは、間違いなく北原里英さんだったと思います。

彼女が背中で見せたアイドルとしての姿勢に刺激を受けた彼女たちが、成長のために頑張り抜いたことで、今のNGT48があるのでしょう。

メンバーにも知らされていなかった北原里英の卒業発表

そんなNGT48の精神的支柱でもあり、本人曰く『お母さん的存在』な北原里英さん。

ついにNGT48及びAKB48 グループを卒業します。

この発表には、メンバーたちもかなりのショックを受けた様子が伺えます。

とくに、自身をAKB48ドラフト会議で選んでくれた恩義がある荻野由佳さんは、その場で崩れ落ち号泣したんだとか…。

勢いもあり、メンバーからも慕われ続けた、北原里英さんが卒業するのはショックが大きすぎますし、何よりもNGT48にとって損失は大きいです。

ただ、新たなメンバーたちが、いつまでも北原里英さんに甘えるわけにはいきません。

メンバーたちがアイドルに憧れ、今を迎えているように、北原里英さんも自身の夢に向かって前に進むときがやってくる…。

それが今になったということですから、暖かく送り出してあげたいものですね。

北原里英の卒業後の今後

なお、今後についてですが、芸能界引退ということではなく、

女優業

に専念されるそうです。

「目標は小池栄子さん」

とも語っていましたので、迫真の演技ができるバイプレイヤーを目指していくのではないでしょうか。

おそらく主演・脇役関係なく、演技派女優として幅広く活躍していくことは間違いないでしょう。

ぜひ、多くの作品を通じて北原里英さんが活躍してくれることを期待しています。

 

北原里英がNGT48を卒業する理由

北原里英さんがNGT48を卒業する理由は、ズバリ女優として専念していくためであり、それ以上でもなく、それ以下でもありません。

ただ、これまでも、数は少ないとはいえ、北原里英単体でAKB48関連とは全く異なる、ドラマ・映画作品に出演してきています。

女優の場合は、撮影時間に長時間拘束されることも多々あります。

なので、同期である指原莉乃さんのように、アイドルでありながら女優を続けるのは難しいかもしれません。

その点からも、北原里英さんがNGT48卒業するのは、理解できます。

ただ、そのタイミングが、なぜ今なのでしょうか?

北原里英がNGT48卒業の発表をした理由

その背景には、2017年の選抜総選挙で、荻野由佳さんが5位にランクイン(神セブン入り)したことが大きく影響しているようです。

というのも、彼女は、キャプテンとしてNGT48を盛り上げ、若いメンバーたちを盛り上げていくというミッションを抱えていました。

その中で、結成2年目にして、メンバーたちが大きく成長し、

荻野さんを中心として十分やっていける

と判断できたことが大きい…。

メンバーたちは寂しがるかもしれないけど、もう自分がいなくても独り立ちできると考え、このタイミングでの卒業を決めたのでしょう。

あくまで、AKB48という存在は、彼女たちにとって夢の中継点に過ぎません。

本来は、女優・タレント・モデル等、それぞれに目指すべき道があり、AKB48は、そのためのきっかけづくりでしかありません。

もちろん同じ姉妹グループでありNGT48も同じ…。

次のステージを歩む北原里英

北原里英さんは、約10年間、アイドルとして頑張り続けてきています。

そろそろ次のステージに進むべきだと思います。

荻野さんだけでなく、本間日向さんや高倉萌香さん、加藤美南さんなど、他のメンバーも育ってきています。

冒頭でもお話したとおり、荻野さんと本間さんは、昨年の選抜総選挙で選抜入りを果たしています。

そして、高倉さんと加藤さんは、選抜総選挙で選抜入りを逃すものの、AKB48の44thシングル『翼はいらない』で、選抜入りを果たしています。

NGT48が1年目で迎えた選抜総選挙では、何もできずに終わり、悔し涙を流していた彼女たちですが、今は、他の姉妹グループと肩を並べています。

北原里英さんに取っても、この2年で最も頼もしく感じられたのではないでしょうか。

それだけに、

『今度は自分の番』

と卒業を決意したのでしょう。

北原里英の卒業にまつわる黒い噂

ただ、一つ怖い噂が流れていることも分かりました…。

というのも、NGT48のファンの中に、

かなりストーカーに近い行動を起こしているファンが居る

という話があるのです。

北原里英さんが卒業する背景に、

そのストーカーたちから逃れたいという部分もあるのでは?

という関係者の話もあるみたいなのです。

もし、それが事実だとした、凄く悲しいですよね。

考えさせられるファンのあり方

あくまでストーカー説は噂レベルの話だと思いますが、こういう話が出ることを機に、ファンも一つの戒めとして捉えてもらいたいです。

アイドルたちが、アイドルとして活躍できるよう応援していくのがファンのあり方

と筆者は考えています。

もちろん、彼女たちも、いつまでもアイドルで居続けることはありません。

将来、アイドルを卒業し、恋愛や結婚、また別の道(タレント・女優など)に向かうこともあるでしょう。

そこでも背中を押してあげられるのが、本当のファンだと思います。

ぜひ、噂だとしてもストーカーという言葉が出てこないことを、改めて願うばかりです。

 

北原里英の女優としての演技力・評価は?

北原里英さんの女優としての演技力・評価は、賛否大きく分かれている印象が伺えます。

その大きな要因として、考えられるのは、

アイドルであり続けたことから、女優としてのチャンスが少ないということ

が挙げられます。

もちろん、チャンスがまったくないわけではなく、これまでも

ドラマ作品では、

  • 家族ゲーム(2013年・櫻井翔版)
  • 黒の斜面(2016年)

など。

一方で映画作品では、

  • ジョーカーゲーム(2012年)
  • サニー/32(2018年)

などの作品に出演しています。

とはいえ、その中には、AKB48関連の作品(『マジすか学園シリーズ』、『So long!』など…)も多いのが現状…。

キャリアが乏しいゆえに巻き起こる批判

もちろん、アイドル活動しながらでは制限もあるでしょうし、キャリアを積むのに支障があったことは間違いないと思います。

ただ、キャリアが乏しいがゆえに、

演技力は期待できない…

と批判する人たちもいるのは事実です。

北原里英の演技力を評価する人物

 

その一方、北原里英さんの演技力の高さを称賛されている人もいます。

2015年に放送されたTBSドラマ『劇場霊からの招待状』・第7話『幻聴』で監督を手がけた、佐々木浩久監督です。

このドラマは、1話完結オムニバスドラマで、AKB48グループメンバーから選抜されたメンバー達が主演を務めるドラマ作品。

その第7話の主演を務めたのが北原里英さんでしたが、そんな彼女に対して、佐々木浩久監督は、

「自分の知り合いの役者では、風間杜夫さんの芝居に匹敵する」

と、高く評価されていたというのです。

どうやら、彼女の微妙なニュアンス・表情を巧みに使い分ける演技を高く評価し、そのようなコメントをされているみたいですね。

北原里英が見せる表現力

 

芝居というのは、喜怒哀楽の感情を、微妙なニュアンス・声や表情・仕草などのメリハリで演じ分けなければいけません。

それはときに、大げさと映ることもあるかもしれません。

逆に、『淡々と感情を押し消している』と言われることもあるでしょう。

その演技のメリハリは、難しく、演技が下手な人ほど、一本調子となってしまうものです。

しかし、

北原里英さんは、そのメリハリを付けるのがうまい

と評価されています。

確かに、かつて出演されていた『家族ゲーム』でも、表情のメリハリは上手く演じ分けられていたような印象を受けます。

もちろん、キャリアが少ないことは事実ですが、それは今後、女優業に専念することで、チャンスが巡ってくると思いますよ。

まだまだ、伸び代はあるだけに、今後どのような活躍をされていくのか、非常に楽しみですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

2018年4月18日、新潟・NGT48劇場にて最後の公演を行い、AKB48グループでの活動に幕を降ろした元メンバー・北原里英さん。

これまでは、NGT48のキャプテンとして、メンバーを支えていく側のアイドルでした。

しかし、メンバーたちの急成長たちもあり、お役御免…。

そんなことを彼女自身も感じ取っていたのかも知れませんね。

そして、北原里英さん自身の新たな道のりとして、女優として邁進することを決めたようです。

もちろん、まだまだ女優としてのキャリアは浅いのですが、一部の映像監督からは、演技力を高く評価されています。

それだけに今後の彼女の活躍に期待したいですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-芸能人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.