サッカー選手

森岡隆三の現在は鳥取!現役時代の年俸推移と結婚相手(嫁)を調査

投稿日:

鹿島アントラーズ・清水エスパルス・京都サンガなどで活躍し、2002年日韓W杯ではキャプテンも務めていた元日本代表の森岡隆三さん。

残念ながら、怪我に悩まされ、代表戦では際立った活躍は長く続きませんでした。

しかし、トルシエジャパンの申し子の一人だったことは事実。

そんな森岡隆三さんですが、現在、ガイナーレ鳥取で監督をしているそうです。

はたして、どれほどの手腕を発揮されているのでしょうか。

また、年俸推移や結婚されたお嫁さんのことも気になります。

そこで、本記事で、ガイナーレ鳥取で監督を務める森岡隆三さんの現在として、評価・実績、年俸推移、さらにはお嫁さんの情報を探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

森岡隆三の現在はガイナーレ鳥取の監督

森岡

森岡

みなさんは、サッカー男子日本代表が、初めてワールドカップで決勝トーナメントにコマを進めた日韓W杯のことを覚えていますか?

これまでも、何かと監督問題でゴタゴタが起きていますよね。

その問題の多くは、外国人監督とウマが合わないことが要因とされています。

ただ、外国人監督の中で、最もぴったり日本代表サッカーに当てはまったのはトルシエ氏ではないでしょうか。

組織として戦うことが得意な日本人気質に適した戦術『フラット3』を採用し、組織的サッカーで、初のベスト16へと導きました。

トルシエジャパン(フラット3)時代、中心だった森岡隆三

そんなフラット3の中心選手といえば、宮本恒靖さん、中田浩二さん、故・松田直樹さんを想像する人が多いと思います。

しかし、もともとは、もうひとりの中心選手・森岡隆三さんが中心だったことを忘れてはいけません。

彼は日本代表のキャプテンとしてチームを牽引し続けてきた選手でした。

しかし、怪我に泣かされた一面も多く、日韓W杯のグループリーグ初戦(ベルギー戦)でも怪我で途中交代。

結果、残りの試合も怪我で出られず、代わりに入った宮本恒靖さんが、チームを牽引していたわけです。

怪我に泣かされなければ、もしかしたら、もっと彼は脚光を浴びていたかもしれません。

高いフィード能力とラインコントロールが絶妙にうまかったDFで、トルシエ氏も絶大な信頼を寄せるほど安定した守備が期待できる選手でした。

 

森岡隆三の現在

現在は、J3・ガイナーレ鳥取の監督を務め、現在(2018年の6節終了時点)単独首位と絶好調…。

鳥取の監督初年度だった2017年は、17チーム中、最下位に甘んじてしまい、結果が振るわなかったのに、1年でここまで躍進するとは…。

外国人選手も上手くフィットし、まだまだ躍進が止まりません。

ここから、監督としてどこまで手腕を発揮し、ガイナーレをJ2昇格に導いていくのか…。

非常に楽しみですね。

 

森岡隆三の評価・評判は?

元サッカー男子日本代表で、現在J3・ガイナーレ鳥取の監督をされている森岡隆三さんに対する評価は、評判は、そんなに悪くないものと思います。

確かに、結果が振るわなかった時期は、それほど注目されずにフェードアウトするか、批判の矢面に立たされるかといった感じではありました。

かつて鹿島アントラーズ時代は、ほとんど注目されず、清水エスパルスに移籍し成長して、はじめて注目されています。

京都時代も、絶賛とまで評価が高かったわけではありません。

清水エスパルスと日本代表時代に高く評価された森岡隆三

多くのサッカーファンは、やはり、彼のピークは清水エスパルス時代・日本代表時代にあったと考えていることでしょう。

その頃の森岡隆三さんは、確かにクールに徹し、守備を統率していた実に嫌な選手でした。

でも、味方からしてみれば頼もしい選手でもあり、トルシエ氏が絶賛していたのも理解できる選手だったと記憶しています。

そして、監督時代になった今、鳥取を率いるようになり、初年度は、批判も飛び交っていました。

しかし、2018年に入り、チームの成績が良くなると、評価は一気に上がっているように伺えます。

未来を見据えたチーム作りが実り始めた2018シーズン

彼自身、その場しのぎのチーム作りをしているわけではなく、未来につながるチーム作りをしているみたい…。

そのことを考えると、ようやく結果が出始めたということなのかもしれませんね。

京都サンガ時代に、共にプレイしていたフェルナンジーニョ選手が、今シーズンから鳥取に加わり、キャプテンに就任。

他の外国人選手と、日本人選手の橋渡しになってくれていることも非常に大きい!

結果、外国人選手の活躍が光り、J3で単独首位に躍り出ているのですから、評価が良くなるのは当然です。

ただし、まだJ3での結果ですし、本来はJ2を舞台に戦っていなくちゃいけないチームですから、本当の評価を得られるまでは先は長そう…。

それでも、ひとつずつ着実に結果を出していることは事実で、これからに期待ができると言えそうですね。

2017シーズンのJ2で、2位に入り、初めてJ1に昇格したV・ファーレン長崎の件もあります。

それだけに、将来のガイナーレ鳥取をJ1の舞台に上げて大暴れする日が訪れるように、森岡隆三監督の手腕に期待しています。

 

森岡隆三の年俸推移と嫁をチェック!

最後に、森岡隆三さんの年俸推移とお嫁さんについてお話していきたいと思います。

監督としての年俸については、はっきりとしたことが分かりませんでした。

現役時代の選手としては、やはりピークだった清水エスパルス時代が、一番年俸が高いです。

最も高かった2004年・2005年が

6500万円!

そして、ピークが過ぎ、京都で迎えたラストイヤー(2008年)が、4500万円。

まぁ今でこそ、それなりに高額年俸をもらう選手もいましたけど、当時としては相当に高額だと思いますよ。

この観点からも森岡隆三さんは、高く評価されていたことが分かりますよね。

ガイナーレ(監督として)での年俸は激減?

一方、ガイナーレでの扱いは、冷遇というか、経営面でのチーム事情がかなり悪く、結構ギリギリのところで戦っているみたい…。

ということは、監督に支払われる年俸なんて、微々たるものかもしれません。

それでも、今シーズンのJ3で優勝し、J2へ昇格したら、少しは改善されるかもしれませんし、そこは監督としての腕の見せ所ではないでしょうか。

そういう部分でも、今後の森岡隆三監督に期待したいものですね。

森岡隆三の嫁は美人妻!

さて、ここからは、森岡隆三さんの結婚相手であるお嫁さんの話をしていきましょう。

森岡隆三さんは2000年に、

一つ年下で長崎出身の一般人女性・山田(旧姓)香里さん

と結婚されています。

彼女は、結婚前、日本エアシステム(現在は消滅)の元客室乗務員だったらしく、実に美しいと評判の女性です。

山瀬功治の嫁ともつながりが?

あくまで一般人なので、詳しいことは分かりませんが、何でもクックパッドで活躍されている、山瀬理恵子さんのブログによく登場しているそうです。

経緯は分かりませんが、理恵子さんは、現在アビスパ福岡で活躍されている山瀬功治選手のお嫁さん。

ということは、山瀬選手が京都時代に、森岡隆三さんも京都在籍だったので、そのつながりかもしれません。

森岡隆三さんはガイナーレ鳥取の監督、山瀬功治選手はアビスパ福岡の選手…。

全く立場も所属も異なりながら、今でも、お嫁さんたちは繋がっているのは、すてきな話だと思います。

森岡隆三の子供は?

さて、気になる森岡隆三さんの子供ですが、二人いるそうです。

長男(第一子):2004年8月26日生まれの隆太くん(13歳)

長女(第二子):2007年12月23日生まれの心奈ちゃん(10歳)

まさに、現在が、かわいい盛りではないでしょうか。

一部、噂によると、

隆太くんが、父の背中を追いかけサッカーをはじめている

という話も耳にします。

もしかしたら将来、隆太くんがJリーグで活躍する日がやってくるかもしれませんね。

J3での戦いも、今順調に進んでいますし、今後、公私ともども順調であることを期待しましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

元サッカー日本代表の森岡隆三さん。

現在、J3ガイナーレ鳥取で監督を務めていますが、今シーズンは首位を走っていると評判の様子…。

とはいえ、現役時代から、常に順風満帆に進んできたわけではなく、日本代表では怪我に泣かされ、ガイナーレの監督初年度はまさかの最下位…。

やはり結果がすべてという厳しいプロの世界だけに、かなり辛辣な評価を受けたこともあったみたいですね。

ただ、元CAの香里さんと結婚され、紆余曲折はありながらも幸せそうです。

ようやくガイナーレ鳥取も、J2へ向けて好発進しているだけに、このまま幸せが続いていくといいですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-サッカー選手

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.