俳優

麒麟がくる・明智光秀役が長谷川博己の理由と演技力の評判・評価

投稿日:

歴史上の偉人たちにスポットを当てて、その歴史をドラマ化していくNHK大河ドラマ。

その2020年のタイトルが『麒麟がくる』に決定し、主人公・明智光秀役に長谷川博己さんの起用も発表されました。

まさに、ぴったりなキャスティングだと思いますが、実際のところ、長谷川博己さんの演技力はどれくらい評価されているのでしょうか。

また、彼が明智光秀役として起用された理由も気になります。

そこで本記事で、NHK大河『麒麟がくる』で長谷川博己さんが主演(明智光秀役)に起用された理由や、演技力の評価・評判を探りたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

明智光秀役に長谷川博己を起用した理由

2020年のNHK大河『麒麟がくる』は、

明智光秀の半生を描いたドラマ

として放送されることが発表されましたね。

なんとも気の早い話ではあるのですが、すでに主演(明智光秀役)に、俳優・長谷川博己さんの起用も発表されています。

あくまで筆者の印象ですが、長谷川博己さんというと、TBSドラマ『小さな巨人』で演じた香坂真一郎のような印象を受けます。

 

一見、クールで格好良いイケメン俳優なんですが、うちに秘めたるものは熱く、まさにその姿勢は明智光秀にピッタリ!

今回、長谷川博己さんが明智光秀役を務めると聞いて、筆者は、

「なるほど。そう来たか…」

と、思わず感心させられてしまいました。

大河『麒麟がくる』の主演に長谷川博己を起用した理由

実際に、『麒麟がくる』のチーフプロデューサーである落合将氏は、

「脚本を担当する池端俊策さんとも話し合った結果、純粋に、光秀としての演技力・存在感・旬ということを含め長谷川さんしかいない。」

ということで、意見が合致し、オファーをした経緯を語られています。

確かに、池端さんが大好きな俳優ということもあるのかもしれませんが、それだけではない何かを感じさせてくれる俳優だから起用されたと思いますよ。

ドラマを見ていると、時折、

ミスキャストではないか?

というドラマ作品に遭遇することがありますが、この大河ドラマ『麒麟がくる』は、うってかわってピッタリ当てはまるキャストとなりそう…。

今後の続報も含め、非常に楽しみに感じた次第です。

 

長谷川博己の演技力

長谷川博己

長谷川博己

さて、長谷川博己さんと言えば、ドラマ『小さな巨人』や映画『シン・ゴジラ』の印象が強い俳優ですよね。

どことなくクールな印象を伺わせながら、実はうちに秘めたる熱い感情を蠢かせている俳優…

少なからずとも、彼に対してそのような印象を抱いているのは、筆者だけではないと思います。

しかし、一方でドラマ『家政婦のミタ』で彼が演じたキャラのように、優柔不断な男という印象を持つ人もいるかもしれません。

どことなく謎めいた部分があり、それでいて、愚直に前に突き進む印象を与えてくれる…。

彼の演技からはそのようなイメージを受けてしまうのです。

それもそのはず…。

長谷川博己の演技力は文学座ならでは

長谷川博己さんは、2001年から文学座附属演劇研究所に入所し、演劇をみっちり勉強してきた俳優です。

その下積みも長く、そこで芝居の基礎をみっちり築き上げています。

共演者たちも

長谷川博己さんの性格は掴みどころがない性格

と言われていますし、そのへんが上手く融合されているんだと思います。

その結果として、

長谷川博己 = 謎めいた部分を持つ魅力あふれる演技派俳優

という印象を受けてしまうんでしょうね。

まさに、彼の演技力なら、明智光秀を上手く演じてくれると思います。

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』で、どんな演技を見せてくれるのか、ぜひ楽しみにしたいものですね。

 

長谷川博己の評価・評判

先程もお話したとおり、長谷川博己さんの演技力・演技のタイプがミステリアスなだけに、評価・評判も賛否大きく分かれているようです。

一方で、どうしても『小さな巨人』のイメージを強く受け、

暑苦しくてわざとらしい

と、評価する人もいます。

一方では、筆者同様、

クールで内に秘めたる部分の熱い俳優

と評価する人もいます。

ある種の奇抜姓が長谷川博己の評価・評判を二分する要因?

それこそ、カンニング竹山さんみたいに、常に怒っているような人が怒りを爆発した演技をしていればイメージどおりとなるでしょう。

また、長澤まさみさんのように常に笑顔が絶えない印象が残れば、心象も良くなると思います。

しかし、先程からお話している通り、掴みどころのない長谷川博己さんが、喜怒哀楽の表情を演技すると、また変わって見えるものです。

ある種の奇抜性を感じるところもあるでしょうし、そこは賛否分かれるところだと思いますよ。

ただ、賛否分かれつつも、しっかりした演技力を持っていることには変わりありません。

それだけに『麒麟がくる』が、俳優・長谷川博己さんの評価をさらに高める代表作となっていくことを期待したいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

ユーモアがあり、色気もあり、いろんな一面を持ちながらも、それが表に現れにくい印象が強く、ミステリアスな俳優として知られる長谷川博己さん。

そのため、彼の評判・評価も賛否大きく分かれています。

しかし、文学座附属演劇研究所に入所し、基礎をみっちり積み上げているだけに演技力は申し分なし…。

そんな俳優・長谷川博己さんが、彼のイメージにぴったりな明智光秀を、2020年のNHK大河『麒麟がくる』で演じることとなりました。

これほどまでにぴったりなキャストは他にないと思います。

まだ放送は先ですが、どんな演技を見せてくれるのか、非常に楽しみですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-俳優

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.