著名人

島田紳助の現在は莫大な資産で遊ぶこと?芸能界復帰の可能性考察

更新日:

島田紳助さんを覚えていますか?

2011年に、

反社会勢力との親密な関わりがあった

として芸能界を引退しましたよね。

その後、全く表舞台には出てこず、芸能界復帰の噂は流れるものの、本人からそういう意思がある話は全く聞きません。

それどころか現在は悠々自適な生活をしていると言われています。

では現在の島田紳助さんは、一体どこで何をして暮らしているのでしょうか。

また、もう引退から7年が経とうとしていますが、芸能界復帰はありえるのか?

島田紳助さんの現在について、今回は紹介していきます。

アドセンスリンクユニット

島田紳助のこれまで

島田紳助さんは、もともとはお笑いコンビ『紳助・竜介』として活動していたお笑い芸人でした。

しかし、お笑いブームの終焉で『紳助・竜介』は解散。

その解散を決定的にさせた理由が、

「『ダウンタウン』には勝てない」

そのころ、ちょうど台頭してきた新顔の『ダウンタウン』の存在が大きかったと言います。

その後は、主にバラエティ番組の司会やプロデュース業に携わります。

ランディーズ、ロザン、キングコングからなるユニット『WEST SIDE』を立ち上げたり、今では漫才No.1決定選手権として人気を誇る番組となった

『M-1グランプリ』も、実は島田紳助さんが企画した

ものでした。

 

『M-1グランプリ』は、吉本興業が

「漫才復活のために知恵を貸してください」

と島田紳助さんに頼み込んでできた企画。

これによって、多くのお笑い芸人が輩出され、島田紳助さんの企画した『M-1グランプリ』によって、有名になったお笑い芸人は数えきれないほど多いです。

『クイズ!ヘキサゴンII』では、Paboや羞恥心といったユニットを世に送り出しました。

このように、あらゆるテレビ番組で司会をし、トーク力もあることから絶大な人気を誇っていた島田紳助さんですが…。

 

2011年に、反社会勢力との親密な関わりがあったと報じられ、それをきっかけに、2011年8月23日に緊急会見。

けじめをつけるため、芸能界を引退することを発表!

すっぱりと芸能界から去ってしまったのです。

この黒い関係というのは、ある時、島田紳助さんがテレビで語った発言に対し、右翼団体が街宣活動を始めました。

これで一時期、芸能界をやめようかというほど、精神的に追い詰められていたのですが…。

その時、元ボクサーの渡辺二郎氏の紹介で、極心連合会会長の橋本弘文(本名:姜弘文)と知り合い、彼の仲介によって右翼団体からの攻撃が止んだというのです。

それ以降、島田紳助さんは橋本会長と密接にかかわることになったのです。

芸能界引退後は、全くテレビ出演などがなくなりました。

では、現在の島田紳助さんは何をして暮らしているのでしょうか…?

 

島田紳助の現在はリゾートで悠々自適な生活!

引退後の島田紳助さんは何をして生活をしているのか…。

どうやら現在の島田紳助さんは、

ハワイと宮古島を中心に、各地を行き来して悠々自適な暮らしを送っている

ということが、週刊誌のスクープや、一般の人のTwitterやインスタグラムで登場する写真から察することができます。

ハワイで買い物帰りの姿をスクープされたり、また、自宅は大阪にあるようで、時々大阪で一般の人に目撃され、写真を撮られていることもありますね。

つい最近だと、宮古島アップスグループのインスタグラムで投稿された、2018年4月7日の写真ですね。

島田紳助

島田紳助

「誰だこれ!?」

と思うほど、ぱっと見では島田紳助さんには見えない見た目をしています。

髪の毛はロン毛になっていて、そこらへんにいるおじさんというイメージ。

しかし、この写真からだとわかりにくいのですが、かなり筋肉ムキムキのマッチョになっているのです。

この画像を見ると、確かにかなり筋肉がついているように見えます。

それにしても、なぜこのようなムキムキになったのでしょう?

島田紳助さんは現在、毎日自宅で筋トレを欠かさないようにしているのだとか。

その理由には、

若い世代の友達が多く、鍛えないと一緒に遊べない

ということと、引退後すぐ、島田洋七さんに

「何もしないと見るも無残に太っていくぞ」

と冷やかされたからだと、週刊文春のインタビューで語っています。

現在の島田紳助さんは、かなり幅広い年齢層の友人ができているそうです。

元からの友人や引退後にできた芸能界とは関係ない友人たちと、島田紳助さん曰く、

クソガキみたいに遊んで過ごす毎日」

を過ごしているそうですよ。

また、お金の使い方も、

友人の間でも貧富の格差が結構開いているため、収入の少ない相手に合わせた使い方をしている

といいます。

例えば、旅行をする際でも格安航空のエコノミークラスを利用したり、安いホテルに泊まるなど…。

お金を出してあげればいいという問題ではなく、島田紳助さんの中では、

年齢や収入の差のバランスをとって、対等な関係でいること

これが本当の友達になる秘訣だと考えているため、それに沿った行動をしているわけですね。

食事なども、普通に割り勘をしているそうです。

島田紳助さんは芸能界では考えられなかった割り勘というシステムに、大いに関心しているとも週刊文春のインタビューで話していました。

こういった生活に慣れたからか、今では『ICOCA』を持って普通に地下鉄を利用しているという話もありましたよ。

莫大な資産を持ちながら、している生活自体はかなり庶民的なんですね。

一般人の友人と遊んでいるから、感覚も一般人に戻ってきたということでしょうか。

ちなみに、芸能人も島田紳助さんのもとに、たまに遊びに来るようで、2017年には東野幸治さんや宮迫博之さんが遊びに来たそうですよ。

自分から会いに行くことはないのですが、今でも島田紳助さんを慕う芸能人が、彼を訪ねることはあるみたいです。

自分から会いに行かないというのは、島田紳助さんが言っていた、

「芸能人には仕事仲間という間柄が多く、友達と呼べる人は少なかった」

というところが影響しているのでしょうか。

 

さて、そんな島田紳助さん自身は、莫大な資産があり、芸能界時代に稼いだ貯金が

数十億

ほどあると噂されていますね。

稼ぎに稼いだ貯金があるからか、現在の島田紳助さんは収入ゼロらしく、自分のことを

「日本一忙しいニート」

だと言っていました。

思い立ったら旅行をし、リゾートで悠々自適な生活をしながら仲間たちと遊ぶ…。

何とも楽しそうな人生を送っていると感じさせられますね。

羨ましい限りです。

芸能界とは関係ない仲間たちと遊びに遊んで、時にはリゾートでくつろぎ、時には行きたいところへ旅行する…。

現在の島田紳助さんは、間違いなく充実していそうです。

 

島田紳助の芸能界復帰はありえる?

島田紳助さんが芸能界に復帰する可能性はあるのでしょうか?

引退してしばらくは、

これからは世界を旅したい。

人間生きてるだけで幸せだと思う。

と言って、芸能界復帰を否定していました。

ですが、その一方で、

いつか『テレビに出れる人』になりたい。

彼ら(『行列のできる法律相談所』のスタッフ)から『特番やろう』『BSやろう』と言われたなら『1回だけやりたい』。

と答えていて、芸能界復帰も少しは考えていたみたいです。

しかし、最近では

完全に芸能界復帰は考えていない

というスタンスをとるようになりました。

例えば、2014年に島田紳助さんがバックアップしていた歌手のRYOEIさんが5周年コンサートを開催した際には、サプライズで実に3年ぶりに公の場に登場。

この時、

「復帰なんて1000%せえへんから。」

と芸能界復帰を考えていないと述べました。

ただ、一応RYOEIさんのバックアップはまだ続けていて、2015年には作詞家として、RYOEIさんに楽曲提供をしています。

しかし、細々と自らのしたいと思ったことをしているだけで、芸能界復帰はやはり考えていない様子。

 

2017年に週刊文春に登場した際には、芸能界復帰が望まれていることについて、

「とてもありがたい」

と感謝の言葉を述べましたが、その後に

「今の生活が幸せで、その必要を感じていない」

と答えています。

なので、引退した後から、一貫して芸能界復帰する気がないというわけです。

ここまで潔いと、反社会勢力との関わりがあった、社会的にはよろしくない人のはずなのに、その潔さはあっぱれだな、と思わされてしまいますね。

確かに、お金に困らず悠々自適な生活で楽しめているのですから、島田紳助さん曰く

「いつも高感度のアンテナを立てていた」

という芸能界時代からすると、ストレスを全然感じない良い環境で過ごせているわけです。

自由にもなれずストレスもたまる芸能界に戻るくらいなら、遊んでいた方がマシだ…。

と考えていても、不思議ではないですよね!

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

島田紳助さんの現在は、稼ぎに稼いだ莫大な資産を使って、幅広い年齢の一般の友人たちと楽しく遊ぶ、悠々自適な生活をしていることがわかりました。

芸能リポーターの井上公造さんが『ミヤネ屋』で語ったように、まさに

『自由な旅人』

といったところでしょうか。

芸能界復帰も全く考えておらず、

「復帰してほしい」

という外野からの声は多くとも、本人からは何も復帰の意志を聞かないというのも、なかなか珍しいケースですよね。

まあ莫大な資産があるわけですし、現在の遊びつくす生活ができるのなら、わざわざ芸能界復帰する必要はないですよね。

自由で楽しそうで、そして充実した日々を送っている現在の島田紳助さんが、とても羨ましく思えます。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-著名人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.