お金

クレジットカードのブラックリストを確認する方法を調べる!

投稿日:

クレジットカードは、延滞などをしているとブラックリストに入ってしまう…。

そんな話を聞くことがありますよね。

実際、ブラックリストとはどういったものなのでしょうか。

そして、ブラックリストに自分が入っているかどうかを確認する方法はあるのでしょうか?

当記事では、クレジットカードのブラックリストについて、そもそもブラックリストとはどういったものなのか。

ブラックリストに自分が入ってしまったかを確認する方法などを紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

クレジットカードのブラックリストとは?

よく耳にする、クレジットカードのブラックリストとは一体どんなリストなのでしょうか?

実は、いきなり元も子もないことを言ってしまうと…

ブラックリストというリストは存在しません

そうです、そんなものは、そもそも存在しないのです。

 

ブラックリストというリストがあり、そこに名前がずらっと並んでいる…。

というようなことではありません。

そして、ブラックリストと呼ばれるような信用情報も、クレジットカード会社が持っているわけではなく、信用情報機関というところが持っています。

では、存在していないブラックリストとは、一体何なのでしょうか。

 

クレジットカードやローンなどで耳にするブラックリストとは、あくまでも、わかりやすくするための比喩表現のようなもので、

信用情報に金融事故が登録された

この時のことを、

「ブラックリストに載った」

「ブラック情報が記録された」

とみんなが言っているのです。

 

オンラインゲームなどにあるような、迷惑なユーザーをブラックリストに入れておく…というようなものではないのです。

そのため、ブラックリストというのは実は適切ではなく、

『ブラック情報』

と言ったほうがわかりやすいと思います。

ちょっと違いますが、黒歴史のようなものですね。

例えば、自分の経歴に、過去に暴力事件を起こしたという情報が載っていると考えればわかりやすいかと思います。

 

これでブラックリストが存在しないことはわかりました。

では次に、

"信用情報"

とはどんな情報のことを指すのでしょうか。

 

この信用情報とは、

レジットカードやローンの申し込み、契約に関わる情報

のことを表す言葉です。

クレジットヒストリーと呼ばれることもありますね。

信用情報は、信用情報機関という機関が管理していて、そこにはカード会社や金融機関などが登録した情報が保管されています。

ブラックリストと呼ばれる情報だけがあるわけではなく、クレジットカードやローンを申し込んだ事実だったり、その契約内容や毎月の支払い状況、返済残高などが載っています。

そのため、未払い情報が載ることもあれば、しっかりその月の分が支払われている情報も載るわけです。

 

そして、この情報は、その情報機関の会員である銀行やクレジットカード会社、消費者金融会社が閲覧可能なのです。

そのため、ブラック情報が載っていると、

「こいつはブラック情報があるぞ!」

ということがわかり、それでクレジットカードの審査に落ちやすくなってしまう…。

これが、ブラックリストに載ると審査に落ちやすいと言われる所以なわけです。

 

ブラックリストに載る原因!載ってしまうとどうなる?

ブラックリストに載ってしまう原因はいくつかあります。

そのいくつかというのは、いわゆる金融事故と呼ばれる、金融関係でのトラブルを指します。

ブラックリストに載る原因1 延滞する

支払いの延滞は、ブラックリストに載る原因として最も多いとされます。

期日通りにクレジットカードやローンの返済をしなかった場合ですね。

また、残高が足りずに引き落とせなかった場合も、延滞として処理されます。

この延滞回数が多いほど、審査に通りにくくなります。

 

…が、しかし、ブラックリストに載る延滞も期間があります。

たとえば、1日や2日遅れてしまったような場合だと、信用情報機関によりけりですが、ブラックリストに載ることは滅多にありません。

1か月~3か月以上の延滞をした場合に、ブラックリストに載る可能性が非常に高くなります。

もちろん、1日なら平気なのかと思って延滞を何回も続けてはいけません。

延滞回数でもブラックリスト入りする

ので要注意です。

ブラックリストに載る原因2 カード会員資格・ローン契約の取り消し

規約違反によって、カード会員の資格やローン契約を取り消された場合も、記録としてしっかり残り、金融事故扱いされます。

規約違反による強制解約は、

非常に重いペナルティ

なので、ブラックリスト入りも一発アウトでしょうね。

ブラックリストに載る原因3 債務整理

返済が立ち行かなくなり、法的に借金を減額・免除する債務整理をした場合も、金融事故としてブラックリストに載ってしまいます。

具体的には、

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

などですね。

どういった手続きをしたかによって、その金融事故の登録期間が異なるので、これも注意が必要です。

 

さて、ブラックリストに載ってしまうと、どんな不利益が生じるのでしょうか。

ブラック情報が信用情報に登録されてしまうと、

キャッシングや新規のクレジットカードが発行できなくなり、ローンの利用も一定期間できなくなってしまいます。

これは非常に不便です。

ただ、必ずできないわけではなく、カードなどによっては、ブラック情報次第では、契約や発行が可能な場合もあります。

また、ブラックリストに載ってしまった金融事故情報を、取り消してもらう方法はありません。

あるとすれば、

ブラック情報が登録されている期間を過ぎ、情報が消える

という、時間による解決を待つしかないのです。

しかも、ブラック情報の登録期間は、ブラック情報の種類、信用情報機関によって異なるので、具体的に○年!と言うこともできません。

強いて言うなら、

  • 延滞は長くても5年間
  • 自己破産や個人再生と言った債務整理は長くて10年

でしょうか。

これらの期間が過ぎると、ブラック情報の登録が解除されます。

 

でも、自分がブラックリストに載ってしまっているかどうかわからず、不安…。

ということもありますよね。

そこで、最後にブラックリストに載っているかどうかを確認する方法を紹介します!

 

ブラックリストに載っているか確認する方法は?

クレジットカード審査に何度も落ちたり、携帯電話の割賦購入ができなかったりすると、

「ブラックリストに入っちゃってるのかな…」

と感じることがあるかもしれません。

そこで、ブラックリストに載っているかどうかを確認する方法を調べたので教えます!

 

先ほど、信用情報機関の情報は、カード会社などが確認できると言いましたが、実は契約した本人も、自分の情報を確認することが可能です。

本人開示制度があるので、それによって開示請求の手続きをすれば、個人信用情報を閲覧できるのです。

逆に言うと、

個人信用情報の開示以外では、確認する方法はない

ということですね。

 

ちなみに、信用情報機関は3つあり、

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

この3つがあります。

3つもあってややこしい!

と思いがちですが、自分がブラックリストに載っているかどうかを完全に知ろうとすると、3つ全ての期間に開示を請求するしかありません。

いずれの期間も、

手数料として1,000円

がかかってしまうため、合計3,000円の出費になりますが、背に腹は代えられません。

また、仮に登録された信用情報に間違いがあった場合、間違いで事故情報とされてしまい、生活に影響が出てはたまったものではありません。

実際に確認してみて、

情報が間違っているため取り消し申し立てを行いたい、という時にも役立つ

ので、一度は開示をしておいた方がいいと思いますよ。

 

ただ、信用情報なので開示のために必要な本人確認は厳格です。

手続きの方法は、

  • 窓口(KSCは不可)
  • 郵送
  • インターネット(KSCは不可)

となっていて、3つの方法のうちいずれかで申込書と本人確認書類を提出し、手数料の1,000円を支払います。

これで手続きが終了すれば、確認が可能です。

機関によっては、インターネットでの開示請求により、請求したその瞬間にサイトで閲覧が可能なので、インターネットを利用するのがおすすめです。

ただ、各信用情報機関によって必要なものが異なったりする場合もあるので、それぞれのサイトで必要なものをチェックしておくといいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、クレジットカードやローンでよく聞くブラックリストについて紹介しました。

ブラックリストというのは、あくまでも例えというか、わかりやすくするために使われている言葉なだけであって、

実際には存在しないもの

だとわかりました。

このブラックリストに載っているかを確認する方法は、

3つの信用情報機関に開示請求をする

しか方法はありません。

手数料1,000円と、必要な書類などが多く、手続きがめんどくさいですが、自分自身のため…。

必要であれば面倒だと思わず、しっかりと開示請求してくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-お金

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.