ネット上のサービス

Spotifyの使い方!オフラインで再生する方法とプレイリストを紹介

投稿日:

みなさんは、音楽ストリーミングサービスを利用するときに、どのように利用していますか?

おそらく、プレイリストを作成するなど、自分なりのカスタマイズをして楽しむ人が大半だと思います。

では、Spotifyでは、どのようにプレイリストを作成することができるのでしょうか。

また、普通に利用していると、どうしても通信量がかかってしまいます。

金額だけでなく容量オーバーも気にしなければいけないだけに、できればオフラインで楽しみたいところ。

そこで、本記事では、Spotifyのオフライン機能・プレイリスト機能の内容・使い方を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

Spotifyのオフラインとプレイリスト機能

Spotify

Spotify

Spotifyは、基本的に好きなときに好きな音楽を楽しむための音楽ストリーミングサービスです。

それは、なんとなく誰もが知っているとは思います。

ただ、そこで終わっている人も意外と多いようです。

コアにSpotifyを楽しむならオフライン・プレイリスト機能は必須

やはり、よりコアに楽しむなら、ただ、BGMのようにSpotifyを普通に使っているだけではもったいないです。

好きな順番で、お気に入りの楽曲を、通信制限などを気にすることなく堪能したい…。

そんなユーザーのために存在する機能が、オフライン・プレイリスト機能です。

より自分好みにSpotifyを楽しむには必須の機能なので、ぜひ覚えておいてください。

 

Spotifyのオフライン機能の使い方

みなさんは、スマホを利用する際、通信制限に頭を悩ませたことはありませんか?

Spotifyのように外出先などで使いたいアプリなどは、通信制限で使えなければ、その魅力も半減してしまいますよね。

そこで有効活用したいのが、オフライン機能です。

では、実際にSpotifyのオフライン機能とはどういうものなのか、また使い方も含め、もう少し詳しく見ていきましょう。

Spotifyのオフライン機能って何?

音楽ストリーミングサービスの一つであるSpotifyは、何度も言う通り、気軽に音楽を楽しむためのサービスです。

アプリをダウンロードして、利用すれば、さまざまな音楽を聴いて楽しむことができます。

ただし、Spotifyを使い続けるほど、当然、通信量がかかってしまいます。

いくら無料及び定額制で使えると言っても、これでは通信量がかさむ一方で、あっという間に限界となります。

 

なので外出先などで、Spotifyを利用したい人は、有料限定ですが、ダウンロードして聴くオフライン機能をおすすめします。

Spotifyのオフライン機能は、好きな楽曲をダウンロードして、好きな時に好きなだけその曲を聴いて楽しむための機能です。

もちろん、オフライン機能を使わなくても、好きなときに好きなだけ楽しむことは可能です。

ただし、先程もお話したとおり、そこには通信量がかかってしまうので、Wi-Fi環境下で楽しむ人以外は、常に通信量を気にする必要が発生します。

やはり、外出先などではオフライン機能は活用するべきでしょう。

Spotifyのオフライン機能の使い方

さて、肝心のオフライン機能の使い方です。

基本的な使い方はいたって簡単。

まずは、検索機能を使い、アーティスト名・楽曲名で任意の曲を検索し、目的の楽曲をダウンロードします。

続いて、オフラインのみでの再生できるよう、設定を変えます。

 

  1. メニュー画面から『設定』(歯車ボタン)を選び、『再生』の項目を選びましょう。
  2. その中にある『オフライン』の項目の右にあるボタンをタップ。
  3. それを有効(緑色に変色していたらOK)にしておきます。

これで、オフラインした楽曲のみ聴くことができるようになります。

オフライン機能の注意点

さて、オフライン機能は、ただ通信量を気にすることなく楽しむだけではなく、いくつか注意点も存在します。

では、どんな注意点があるのか紹介していきます。

オフライン機能は1アカウントに付き3端末まで

Spotifyは、1アカウントの同時利用はできませんが、端末そのものが制限されているわけではないので、複数の端末で利用することは可能です。

しかし、オフライン機能に関しては3つまでの端末しか利用できません。

スマホのみしかインストールしていないユーザーなら問題ありません。

しかし、デスクトップPC、タブレットPCなど、複数の端末にインストールして使っているユーザーは気をつけましょう。

オフライン再生機能の有効期間は30日まで

有料プランを使っているのに、オフラインが30日間しか使えないのは、話が違う…。

そういう印象を持つユーザーも、きっと多いと思います。

しかし、これには理由があります。

基本的に、月額契約を結んで利用するのではなく、自動更新で契約が更新されていく形式になっています。

なので、途中で退会したユーザーが、間違えて使えてしまうことのないように、一度リセットをかけようというのが最大の狙いのようです。

30日でオフライン機能が使えなくなります。

ただ、また翌月も有料プランで利用されるユーザーは、再度オフライン機能が使えます。

 

以上が主なオフライン利用時の注意点です。

基本的にオフライン機能に関しては、1ヶ月を経過するとリセットされてしまいますが、そこさえ受け入れられれば、かなり使い勝手が良い機能です。

 

Spotifyの使い方!プレイリストとは?

Spotifyの使い方として、目的の楽曲を一つのアルバムのようにプレイリストとして編集し、お気に入りの楽曲だけを聴きたい…。

プレイリストとはまさに、そんなユーザーのためのプログラム機能です。

無料版では、プレイリスト内の再生順はシャッフル再生されてしまいますが、それでもプレイリストが作れることは嬉しい話です。

では、どのようにプレイリストを作っていくのか、その簡単なやり方を紹介したいと思います。

プレイリストの作成方法

  1. マイメニューから『MyMusic』をタップ。
  2. メニュー内にある『プレイリスト』『プレイリスト作成』のボタンを順にタップ。
  3. 『新規プレイリストを作成する』というポップが表示されます。
  4. そのポップ内に好きなプレイリスト名を入力し『作成』ボタンをタップ。

ここまでの手順で、空のプレイリストが完成します。

プレイリストに任意の楽曲を入れる方法

続けて、このプレイリストに、任意の楽曲を入れていく方法を紹介します。

  1. 検索機能などを使い、好きな楽曲を検索(または、お気に入りから楽曲を選んでもOK)。
  2. その楽曲の右側に『…』ボタンが表示されるので、そのボタンをタップしメニューを表示。
  3. メニュー内に『プレイリスト追加』という項目が表示されるので、タップ。
  4. プレイリストに追加するかどうかを確認してきますので、OK(または「はい」)をタップ。

ここまでの手順でプレイリストが完成します。

とはいえ、この時点では1曲しかプレイリストに楽曲が入っていません。

後は繰り返し手順を重ねて複数曲をプレイリストに入れるだけ

なので、同じ手順で、別の楽曲をプレイリストに追加するようにしていきます。

これで、任意のプレイリストが完成し、好きな楽曲をまとめて聴くことができます。

有料版は、この方法で好きな曲を好きなときに順番に聴くことができます。

一方、無料版は、何度も言いますがシャッフルでしか再生されません。

ただ、それでもプレイリストは作れます。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、Spotifyの機能の中から、オフライン・プレイリスト機能とはどういうものか、また使い方を紹介しました。

せっかくSpotifyを使うなら、ただBGMとして聴くだけではなく、とことん自分好みで使っていきたいものです。

そのためには、このオフライン・プレイリストの2つの機能はぜひ覚えておいてほしい…。

その想いから、今回は紹介していきました。

本記事を参考にしながら、よりコアに自分好みとなるように、Spotifyで通信量を気にすることなく、自由に音楽ライフを満喫してください。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-ネット上のサービス

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.