美容・健康

4月病の症状とは?5月病との違いと原因や予防・対策をチェック

投稿日:

4月に入ると、3月とはうってかわって、穏やかな気候となりました。

  • 新学期を迎えた学生
  • 新入社員
  • 新しい部署へ配属されたベテラン社員

心機一転、何か新しい事にチャレンジする人もいるでしょう。

とにかく公私ともに、新たな環境が訪れがちな季節です。

 

ただ、新年度をむかえて、気持ちも新たにがんばるのですが、

  • やる気が出ない
  • 何だかふさぎ込む

という症状を感じている人もいるはず。

これには、『5月病』という言葉がありますが、『4月病』といわれる症状を訴える人たちが、いま増えてきているのです。

きっと、『4月病』という言葉に、なじみのない人も多いと思います。

そこで当記事では、その言葉の意味や症状・予防対策について、説明していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

『4月病』と『5月病』の違いとは

四月病

四月病

うららかな陽気とは反対に、これまでとは違う環境に身をおいてストレスをためてしまう人が多くないでしょうか?

そう聞くと『5月病』という言葉には、馴染みがありますよね。

しかし『4月病』といわれると、意味が分からない人も多いはずです。

 

この『4月病』とは、

新年度の始まりと共に「がんばろう」と意識が高まってしまい無理をする、その結果ストレスを感じてしまう。

また新しい環境でのあわただしさや、気温の変化による一時的な体調不良。

社内での昇進・転勤などでの重圧感や、自分の思っていたものと違うというギャップに折り合いを付けられずにおこる不調

のこと。

やる気が出ないからだがだるい集中力・思考力の低下ネガティブ思考頭痛・腹痛食欲低下などの症状があらわれます。

医療機関では、

適応障害や軽度のうつといった診断名がつけられること

もあります。

いままではゴールデンウィークを過ぎてから症状が出ていた『5月病』。

これが、4月頃に症状を訴える人が多くなり、『4月病』と呼ばれるようになったのです。

5月病よりも早くに発症するだけに余裕がなく、長引くと重症化する可能性があるそうです。

 

5月病がなぜ4月中に発症するのか?

日ごろ私たちはスマホで、ネットやラインなど、ひと昔前まででは考えられないほどの大量の情報の中で生活しています。

そのために知らない内に様々なストレスにさらされているのです。

新入生や新入社員なら、友達や仲間を作らないとダメだとばかりに無理に人間関係を作ろうとして、SNSなど必要以上に交友関係を広げようとしたりします。

また今までの生活では、家族や学校の先生など失敗しないように周囲に支えられていた事も多い世代です。

新しい環境になると、すぐには支えてくれる人もいなくなったりもするため、心が折れやすくなったりします。

 

会社員の人であれば、新しい勤務先での業務内容の相性もあるでしょう。

職場での人間関係を築いていかなければなりませんが、自分勝手な後輩や理解のない上司との板挟み。

プライベートでは子育てや親の介護など。

今までの社会の常識と、現在の考え方に挟まれて悩んでいる働きざかりの若者も多いようです。

いつもの生活だけでも大変なのに、さらに様々な変化による無理が加わり、自分のストレスの許容量を超えてしまった…。

その結果、これまでの5月病が4月中に発症してしまう人が多くなったのです。

 

『4月病』の原因とは

『4月』は、気候も含めて新しい環境のもとに身をおき、心身のバランスを悪くしがちな時期です。

  • 友達を作ろう
  • 職場になじもう
  • 勉強をがんばる

会社の業務をひき受けすぎたり、また意に沿わない転勤・昇進での移動などがあるかもしれません。

その慣れない状況での社会生活は負担が大きいでしょう。

適応しようと無理にはりきったり、

「がんばらないといけない!」

「これをやらないといけない!」

と考えすぎたりしてしまいます。

新しい環境にいるだけでも大変なのに、

必要以上にやろうとしてしまうところ

に問題があるようです。

 

『4月病』にならないための予防と対策

 

『4月病』の症状や原因を説明しましたが、どうすれば防げるのか対策が気になるところです。

 

予防として大切なのは、

自律神経のバランスを保つこと。

 

ストレスがかかるときに働くのは交感神経。

リラックスや就寝時に働くのは副交感神経。

無理をしすぎたり、がんばりすぎにより交感神経が優位になりやすいこの時期には、副交感神経の働きを促しましょう。

そのためには気分転換やリラックスすることです。

心と身体に気持ちのよいことをするのが一番の予防対策になります。

深呼吸をするたくさん笑うバランスのよい食事友人とのおしゃべりスポーツで体を動かすなどが効果的ですね。

 

『がんばりすぎているかも…』

と感じているようなら、ときに好きなことをする時間やリラックスできる時間をとってみるのも一案ですよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

最近、体の不調を感じていませんか?

『4月病』の症状としては、

  • やる気がでない
  • からだがだるい
  • 集中力・思考力の低下
  • ネガティブ思考
  • 頭痛・腹痛
  • 食欲の低下 など

これらの症状にあてはまるようなら、要注意です。

そして予防・対策としては

  • 深呼吸をする
  • たくさん笑う
  • バランスの良い食事
  • 友人とのおしゃべり
  • スポーツで体を動かす

などがあります。

早期に症状に気づき対策をとることが、いちばんの予防に繋がるのです。

自分自身をケアしながら、新しい環境を乗り切っていきましょう。

まずは自分の身体を大切に考えてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

momijibrand

天然酵母を起こしてパンを焼く、趣味の物でフリマに出店する、楽器を習いに行く、凝り性+何ごとも面白がってやる性格です。 仕事・家事・趣味・ライティングにと充実した時間を過ごしています。 『何にでも興味を持つこと』『柔軟な考え方ができること』を心がけて雑学の記事を書いています。 「そうだったのか」と思ってもらえる様にテーマを紹介していきます。

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.