生活

車を購入するデメリットを考察!レンタカーやカーシェアで十分?

投稿日:

近年の不況が影響しているのか、

10代・20代の若者の中で、車の購入を控えている若者が5割を超えた

という話を耳にします。

近年は、レンタカー・カーシェアリングのサービスも充実していますし、その影響も多大に受けているのでしょう。

実際に、車を購入後も維持費などのデメリットは大きく、必要に応じて車をレンタルした方がメリットがある…。

そのことはよく分かりますが、それぞれメリット・デメリットが存在し、レンタル(シェア)で十分とは限らないのではないでしょうか。

そこで本記事にて、車の購入・レンタル(シェア)のメリット・デメリットも考察しながら、おすすめのカーライフを紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

車の所有/レンタカー/カーシェアのメリット

多くの人たちが車を購入する理由というのは、

生活上必要だから

と言うことで間違いないのではないだろうか…。

とくに過疎化地域ほど、自宅の近くにスーパーや病院などが少なく、生活に不便なことは結構多いですよね。

地域によって異なりますが、いずれにしても公共交通機関が充実していないエリアほど車は必要とされています。

もちろん、単なるおしゃれやステイタスの一部として、車を購入している人もいます。

しかし、そういう人は富裕層に限られていると考えていいでしょう。

車所持が難しい10代・20代の経済事情

後ほどデメリットとしても語っていきますが、車を維持するのにも税金や保険料、車検代などの費用がかかります。

だから安易に持つことはできない…。

実際に10代・20代が、車の買い控えしている最大の理由は、初期費用はもちろん、維持費にかかる費用が高すぎることで、生活が圧迫されるからです。

ただですら、年収400万円以下の若者が増え始めているというのに、車を所持して、それを維持し続けることが大変なのは明らかですよね。

車にお金を使うなら、おしゃれしたり、遊び歩いたり他のことで使いたい…。

そういう若者も多いのではないでしょうか。

そういった意味合いで考えても、やはり車を単なるおしゃれやステイタスの一環だけで所持したいのは少数派だと思われます。

では、具体的に車を所持することに、どんなメリットがあるのか、今一度考えてみましょう。

車を所有するメリット

 

主なメリットとしてあげられることは、

  • 行動範囲が増える
  • いつでも自由に車を使える
  • ステイタス・信用が上がる

以上が、ざっと思いつく車を所有する大きなメリットではないでしょうか。

先程もお話したように車を所有していれば、いつでも整備さえしてあれば、車を走らせることが可能です。

例えば、緊急を要した場合(身内が怪我や病気など)は、車があればすぐに対応できますよね。

もし車がなければ、この場合、最悪、救急車を呼ぶしか選択肢がなくなってしまうのです。

でも、救急車なんて、安易に呼べるものでもありません。

近年はタクシー代わりに呼ぶ人もいますが、そのことで救える命が減っていることも事実で、社会問題ともされています。

このことだけ考えても、車を所有することは、大きなメリットです。

車所持で行動範囲も広がる…

また、車を所持することで、行動範囲も広がります。

レジャーやデートで地方在住の人が、主要都市のレジャースポットに行くことだって安易に行けます。

東京ディズニーランドや札幌時計台などの、遠方の観光スポットも、

自分たちだけの空間

を楽しみドライブしながら向かうことだってできるのです。

もちろん、買い物をした時の荷物だって、車があれば負担を軽減して運ぶことができて便利です。

車を所有することはステータスの証

その上、車を所有することで、

収入があることを証明すること

もできます。

ステイタス・信用だって上がるのなら、車を所有する意味もあるでしょう。

レンタカーやカーシェアのメリット

 

ただ、一方では、車を所有し続けることが困難という人もいますよね。

そういう方には、レンタカー・カーシェアという道も模索してほしいです。

レンタカーのメリット

例えばレンタカーのケースでは、

  • 使用目的に問わず、使いたいだけ手軽に使える
  • 目的に合わせた車をレンタルできる
  • メンテナンスの心配なく、維持費がかからない
  • 車検代・保険代がコミコミのプランが多い

以上のメリットがレンタカーで得られます。

車を所有する上で、ネックとなる維持費を気にせず、お財布事情と相談しながら車をレンタルできるのであれば、気軽に使えますよね。

カーシェアのメリット

そして、近年では、さらに気軽にカーライフが楽しめるようにと、カーシェアリングというプランも提供されています。

主なメリットとしては、

  • 使用目的に問わず、使いたいだけ手軽に使える
  • メンテナンスの心配なく、維持費がかからない
  • 支払いは月額後払いが多い
  • 車検代・保険代・ガソリン代までコミコミのプランが多い
  • 使いたいだけ手軽に使える

主なメリットは以上の4つです。

基本的にレンタカーとメリットは似通っています。

ただ、レンタカーとは大きく異なり月額後払いでカーライフを楽しめるのが最大のメリットです。

これなら、その都度費用が発生することなく、気軽にカーライフを楽しめますよね。

車を利用する選択肢が広がった現代社会

このように、今の時代、車を所有するだけが全てではなく、いろんな選択肢が増えているわけです。

それは、ライフスタイルが変わってきた現代人にはうれしい話です。

今後、ますます状況に応じた、賢い選択が求められるでしょうね。

 

車を所有/レンタカー/カーシェアのデメリット

先程は、車の所有・レンタカーやカーシェアのメリットを紹介しました。

しかし、メリットがあるものには、当然デメリットも存在しています。

ここからは、それぞれのデメリットを紹介したいと思います。

車の所有・所持のデメリット

なんといっても、車を所有・所持のデメリットとして挙げられるのは、メンテナンス・維持の必要性です。

当然、車を維持するには、保険料・税金が最低限必要です。

メンテナンスにおいて車検は絶対に必要です。

これらがクリアできなければ、車を購入したとしても維持はできません。

車種にもよりますが、例えばホンダフィットの例を挙げると、だいたい税金で3万5000円、車検も個人でやったとして6万円前後かかります。

さらに保険料も契約時の状況(ゴールド免許や所持年数など…)にもよりますが、一つの目安として年間5万円と考えればいいかと思います。

つまり、最低でも年間14万5千円は必要となるわけです。

ここに、ガソリン代やら、必要に応じて車の部品(タイヤなど)にかかる費用もあります。

つまり、初期費用だけでも新車なら数百万円も必要としているのに、維持するだけでも年間で数十万円負担する必要があるというわけ。

先程もお話したとおり、年収400万円以上の10代・20代は増えています。

経済的事情を考えると、車を所持するのはなかなか難しい…。

それが現状だとは思いますよ。

レンタカーやカーシェアのデメリット

さて一方、維持費に苦悩することなく、気軽にカーライフを楽しむことができるレンタカー、カーシェアリングのデメリットもみていきましょう。

まず、レンタカーは、

  • 人気の車種は順番待ちの可能性
  • 乗り捨てができないプランがある
  • 予約が必要
  • 時間内に返却しないといけない
  • 運転に不慣れな車種で事故の可能性
  • 料金が割高

などのデメリットが考えられます。

 

一方、カーシェアリングは、

  • 順番待ちの可能性
  • 乗り捨てができないプランがある
  • 予約が必要
  • 時間内に返却しないといけない
  • 基本的にタバコが吸えない
  • ペットを連れてドライブができない
  • レンタカー以上にカーステーションがなくなる可能性

など、多数のデメリットも存在します。

以上が、レンタカー・カーシェアの主なデメリットです。

レンタカーやカーシェアでは制限がある

ようは車を使う際に制限が設けられている点が、何よりものデメリットと言えるでしょう。

気軽にカーライフを楽しむことはできるものの、時間や使い方に制限があります。

その条件に当てはまらない場合は、逆に苦しむこともあるでしょう。

また意外と割高なプランであるケースも多く、ちょっとした買い物程度であれば、不向きなケースもあると思います。

その辺りのデメリットを考慮した上で、賢く利用するのが、レンタカー・カーシェアの賢い活用法と言えるでしょう。

 

車の所有・レンタカー・カーシェアのどれが良い?

さて、車は所有すべきか、レンタカーやカーシェアにするべきか。

その答えは、利用する側によって変わるのが正直なところです。

というのも、これまで紹介してきたとおり、それぞれにメリット・デメリットが存在し、利用目的において、どちらが良いかは変わってしまうからです。

大家族で頻繁に利用する場合は車を所有した方がお得

例えば、大家族で頻繁に外出するようなケースであれば、維持費は高くとも車を所有した方が良いと思います。

大家族で生活しているケースなら、荷物を持ち運ぶことだってあるでしょう。

荷物を車に常備させておくことで便利だったりするケースもあるはず。

例えばチャイルドシートなんて、毎回取り付けるのも大変ですよね。

常備しておけば、それだけで手間を省きカーライフを楽しむことだって可能です。

このように維持費をかけてでも、車を所有して自由に使えることを望むなら、車は購入すべきです。

使用頻度が少ない場合はレンタカーやカーシェアがお得

一方、レンタカーやカーシェアは、頻繁には使わないけど、GWなどに遠出したいなど、

限定した使い方をする際

には非常に便利。

もちろん使用に多少の制限はあります。

しかし、維持費などを気にすることなく、必要に応じて利用できるのですから、断然お得です。

ただし、それでも1回のレンタル料が割高だったりするわけですから、何度も利用した場合は、割高になる確率が跳ね上がります。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

車の購入は、購入後の維持費もかなり高く、本当にこの不景気の時代に持ち続けるのは大変…。

そこでレンタカー・カーシェアリングが注目され、車の購入を控える若者が50%を超える話も耳にするようになりました。

ただ、購入した場合が良いケースもあれば、レンタル・カーシェアリングがいい場合もあるので、一概にどちらが良いとは言い切れません。

今回は、それぞれのメリット・デメリットを紹介してきました。

ぜひ、カーライフの一つの参考にしていただければ幸いです。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-生活

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.