芸能人

横野レイコの経歴や性格をチェック!問題発言で評判は毎回炎上?

投稿日:

日馬富士の暴力問題から始まり、何かとお騒がせな相撲協会…。

ワイドショーでも何かと取り上げられ問題視していますが、貴乃花親方の降格処分の件も含めて、本当に酷い団体があるものだと驚かされます。

それ以外にも、人命救助のために土俵に女性に対して、

「女性は土俵に上がるな」

と、命よりも伝統を重んじる角界の風潮まで露呈され、人として悲しくなりました。

そんな中、相撲レポーターである横野レイコさんの露出も増えています。

なにやら、彼女が問題発言を乱発し、炎上騒動が起こっているんだとか…。

一体、彼女は何を発言し、炎上を引き起こしているのでしょうか?

また、横野レイコさんの経歴や性格も気になりますので、本記事で調査しまとめていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

横野レイコの経歴・性格

横野レイコ

横野レイコ

相撲協会の不祥事事件が一つのきっかけとなり、何かと炎上騒動にもなっているレポーターの横野レイコさん

良くも悪くも、何かと注目されているようです。

一見、

「誰それ?」

というような人ではあるのですが、それも昔の話で、今や注目の的も言っていいでしょう。

では、具体的に、横野レイコさんの経歴を見ていきましょう。

横野レイコの原点はフリーアナウンサー

横野レイコさんは、1962年5月12日生まれ、大阪府出身のフリーアナウンサー。

もともとは、『HI-OVIS』という奈良県のケーブルテレビ局の契約アナウンサーとして、地域情報番組や共同通信ニュースを伝えていたそうです。

そんな彼女の転機は24才の頃…。

フジテレビ『3時のあなた』、『おはようナイスデイ』のリポーターとして出演していく中で、相撲の取材をする機会に恵まれた横野レイコさん。

リポーターとしての相撲との関わりが横野レイコの人生を変えた

力士時代だった若乃花(花田虎上)さん、貴乃花(貴乃花親方)へのインタビューなども功を奏し、その実績が買われるように…。

そして、フジテレビの相撲レポーターとして地位を確立させ、株式会社・相撲コンシェルジュを立ち上げます。

その後は、相撲専門のレポーターとして、相撲協会の広告塔としての活動をされているそうです。

相撲と出会えたことが、彼女の人生を大きく変え、成功へと導いてくれたと言えるのでしょうね。

横野レイコの性格

さて、横野レイコさんの性格についてですが、公表されているわけでもありませんし、断定した意見は言えません。

ただ、世間の評判も含めた心象としては、かなり緻密に物事を進めようとする人でありながら、

柔軟性のない人

というのが正直なところ…。

株式会社・相撲コンシェルジュを設立し、相撲協会の広告塔として動いていることは先程もお話したとおり…。

それで、その地位をなくさないために、常に相撲協会の擁護をしていたものの、立場が悪くなると取材の結果をありのままに伝えるとお茶を濁しています。

発言内容や対応から伺える横野レイコの性格とは?

本当に取材の結果をありのままに報道して、なぜ嘘までついて、貴乃花親方の批判をしているのか?

また暴力事件まで起こした相撲協会を擁護する行動が正しいと思っていること自体、人として正しいと思っているのか?

そんなことを疑わざるを得ない発言が多々見られています。

さらに、そこを指摘されてバッシングされると黙り込んでしまったり、一部でキレてしまう姿も露見しています。

そのことからも、彼女は、緻密に目的を遂行する性格でありながら、柔軟な対応が何一つできないタイプと言えるでしょう。

正直なところ、彼女に好感を持つ人は、ほとんどいないと思います。

いますぐ態度を見つめ直し、レポーターとして真摯に事実に向き合ってほしいものです。

 

横野レイコの炎上騒動の理由・発言

 

今の相撲協会及び、メディアでの相撲コメンテーターたちは何かがおかしい…。

これは、筆者が強く感じていた話で、とくに元横綱・日馬富士の暴行事件にまつわる、八角理事長・伊勢ケ浜親方への処分の甘さに愕然としました。

八角理事長は、次の理事選が開催されるまでの3ヶ月間の報酬を全額返納し、伊勢蒲浜親方は理事を退き、役員待遇に降格しただけ…。

一方、暴行を受けた貴ノ岩関の師匠である貴乃花親方は、今回の一件や、後の貴公俊関の暴行事件などもあわせて、年寄まで降格させられています。

相撲協会に山積する不満の声が横野レイコにも直撃

さて、そんな理不尽極まりない人の命を軽視することが正しいと主張するかのような、今の相撲協会の報道に不満の声も多いみたい…。

その最も代表的なものとして、相撲コメンテーター・横野レイコさんに対する批判が続出。

炎上騒動がたびたび引き起こされています。

「アイスピックを貴ノ岩が持っていたという噂がある…」

と実と異なる噂を堂々と語ってみたり、一方では、日馬富士氏の暴行事件を、

「あの程度のことで…」

と言いたげな言動を取り、相撲協会の肩を持つ発言をしてみたりと、非常におかしな言動があまりにも目立ちすぎています。

古市憲寿からも異議を唱えられる横野レイコの発言

そのことに関しては、Twitterなどで炎上騒動を引き起こしている古市憲寿さんですら異議を唱えています。

とりあえず、

「一方的な報道がなされているため、親方衆の意見を取材し述べているだけ…」

と横野レイコさんは返答していますが、一方的な報道がされているとは、とても思えないです。

むしろ、相撲協会を擁護する伝え方をしていると多くの人は感じているはず…。

その中で、八角理事長たちに対する厳しい処分を求める声は一切挙げず、貴乃花親方の批判ばかりしている言動は、人として違和感を覚えます。

このような言動が目立てば、炎上騒動が起こるのは当然ですよね。

暴行を起こしているのに、日馬富士引退に涙?

さらに言えば、日馬富士の子供が、

「お前の父ちゃんなにか悪い事したの?」

と問い詰められるような話があると報道し、日馬富士氏の引退の報道も受け、なぜか涙ぐむ違和感だらけな顛末も…。

人に暴行しておいて、命すら奪ったかもしれない犯罪行為をしいる日馬富士…。

そんな人物をかばうかのように、日馬富士の引退や家族が揶揄されたことを知った途端に涙ぐむ。

日馬富士にとっては、貴ノ岩がどうなろうが『かわいがり』の範疇で問題なしと考えているのでしょう。

でも、立派な暴力事件で、凶器を持って暴行しているです。

それを、

「あの程度のことで引退なんて…」

というのか?

引退どころか、懲役くらいの刑罰を与えられても仕方ないくらいの、悪質な事件を起こしているのに、なぜ謝罪もできないのか?

未だに理解不能です。

悪質な相撲協会を擁護する横野レイコの発言で炎上

そして、そんな相撲協会を擁護しまくる横野レイコさん。

それに非常に反感が多いというのが、この炎上騒動の大きな背景・実情なのです。

本当に、こういうことを言うと辛辣と言われるかもしれませんが、泣く暇があるのなら、もっと正しいことを正しいと言うリポートをしてください。

報道が一方的なのは、あなた達リポーターの責任でもあることを、ちゃんと理解して仕事をしてほしいと強く横野レイコさんには願いたいです。

 

横野レイコへの評判は最悪

横野レイコさんへの評判ですが、先程からお話している通り、暴力や不祥事を起こしている側の味方になる発言が多いため、不評なのは一目瞭然。

たびたび起こる炎上騒動が、そのことを如実に物語っています。

一部では、アイスピック発言に関して、

「ウソつきレイコ」

とまで批判が飛び交う状況。

もう観ていられないほど痛烈な批判が飛び交っています。

アイスピックの一件についても、情報番組『とくダネ!』の中で、

日馬富士が凶器を持って殴った

と情報が流れた途端、彼女は割って話に食い込んできました。

そして、

『貴ノ岩関がアイスピックを持っていたという話がある』

と断定気味に話し始めたのです。

しかもよくよく話を聞いていくと、そう言われているだけで

『事実かどうかわからない』

と述べてしまうのですから、もう手におえません。

このように、相撲協会が不利にならなような発言ばかりして、日馬富士の暴力事件も正しいと言わんとする発言が目立っているのです。

日馬富士の暴行事件は『あんなこと』なの…?

先程もお話しましたが、一つ間違えば、

貴ノ岩関に命の危険

があったかもしれない暴行事件です。

それだけの暴行を日馬富士がしておきながら、

「あんなことで…」

と言わんばかりの擁護をするのは、もう相撲ファン以前に一人の人間としても失格と言わざるを得ないです。

本当に、この人は人の命をなんと考えているのか?

そんな発言ばかりしていたら、炎上になるのは当然ですし、評判は下がる一方だと思いますよ。

『表現の自由』で暴行を認める発言に評判ガタ落ち

中には、

「二度とテレビに出てくるな!」

という人もいるようです。

それくらい評判が地に落ち、

「表現の自由で何の罪もない人が追いやられても良いのだ」

と変な誤解まで与えてしまった痛恨の極みと言わざるをえない話…。

改めて痛感させられた気がした次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

相撲レポーターとして、ここのところ引き起こされている、相撲協会の不祥事絡みの報道で、よく出演されている横野レイコレポーター。

残念ながら、事実を伝えることを目的とする情報番組で、明らかなる肩入れ的な発言が目立ち、評判はガタ落ち…。

炎上騒動は必然で、『二度と顔を見せるな』という痛烈な批判も飛び交っています。

ただ、彼女の経歴を見れば、妥当な言動なのでしょう。

ただ、命を落とした人が出てもおかしくない騒動を起こしたわけですし、少なくともきっちり批判すべきことを批判し、是正してほしい…。

それが相撲レポーター・横野レイコさんの最低限の使命だと、多くの視聴者は感じていると思いますよ。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-芸能人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.