スポーツ

相撲の土俵に女性が絶対NGな理由とは?相撲協会の対応に批判炎上!

投稿日:

先日、大相撲春巡業で、ある事件が起きましたね。

土俵にいた京都府舞鶴市長が急に倒れ、女性が救命措置をおこなったことに対し、行司が女性に土俵から降りるようアナウンス…。

人命より伝統や慣習を重んじた人命軽視行為だとして、相撲協会に批判が殺到し、炎上状態となっています。

それにしても、なぜ相撲の土俵は女人禁制なのでしょう。

実は、この伝統とやらも、

明治時代に勝手に当時の日本が海外を気にして作っただけのルール

で、長い日本の歴史の中では、100年ちょっとしか続いていないものだったのです。

そこで当記事では、大相撲春巡業をきっかけに起きた相撲協会の炎上騒動と、土俵が女人禁制という謎の伝統について紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

大相撲春巡業での対応で相撲協会が批判炎上!

2018年4月4日に、京都府舞鶴市でおこなわれた大相撲春巡業で、その事件は起きました。

なんと、土俵上にいた舞鶴市の多々見良三市長が、くも膜下出血によって突如倒れたのです。

その時、観客の女性に複数の医療関係者がいたため、彼女たちも協力し、土俵上で市長の心臓マッサージがおこなわれたのですが…。

 

なんと、あろうことか、相撲協会側は、数回にわたって

「女性の方は土俵から下りてください」

と場内放送を流したのです。

この様子はYoutubeに動画が投稿され、ネット上で瞬く間に広がると、一気にネット上で相撲協会への大批判が殺到!

「相撲協会は人命軽視の反社会集団かよ」

「こんなクズの集まりなんか、早く公益財団法人から外せ」

「人の命と慣習を天秤にかける愚かさ、頭がおかしすぎる」

「相撲って人命よりしきたりが大事なんだね、もう絶対見ないわ」

「仮に市長が亡くなっていたら、相撲協会はどう責任取るつもりだったわけ?」

「さすが、相撲協会って学歴のないやつらの集まりだなぁ」

「人命軽視の時点で、公益財団ではなくなりましたね」

と、炎上状態に…。

筆者としても、本当に相撲協会は人間性が失われてしまった人の集まり、今すぐ解体させられるべき集団だと改めて思いましたね。

集団暴行事件により命を落とした若い力士の事件でもそうでしたが、最近の暴行事件でも、警察に届けるより先に協会へ連絡させ、事実を隠蔽させる腐りきった体質…。

反社会組織と関わり、賭博が横行、さらには女性軽視…。

こんな腐りきったものを国技と呼んでいいのかどうか…。

もう相撲協会の評判は地の底でしょう。

最近、あらゆる面で相撲協会の腐りきった体質が暴かれていて、世間では相撲協会を応援している人が少ない状態だと思います。

 

今回の件を受け、八角理事長は、

行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。

深くおわび申し上げます。

と談話を発表。

救命措置を施した女性たちには、

とっさの応急処置をしてくださった女性の方々に深く感謝申し上げます。

とコメントしました。

ちなみにその後、救命措置が終わり、市長が運ばれた後、

土俵に塩をまいた

ということで、また批判されています。

しかし、それについては、

  • 土俵上で誰かが命の危険にさらされるという不吉な穢れを清めるため
  • 今回のように誰かが倒れることが起こらないための厄払い

という意味があります。

それを『女性の穢れ』と認識して批判すると、女性が土俵に上がるのはよくないと考えている相撲協会と同レベルになってしまうので、気をつけましょう。

 

さて、今回の騒動で問題となったのは、

土俵の女人禁制

という謎の伝統ですよね。

なぜ、土俵上は女人禁制なのでしょうか?

 

色々調べてみると、実は…

女人禁制は伝統というより勝手に作られたルールであり、まだ100年ちょっとしか経っていない新しいものだった

ということが判明しました。

 

相撲の土俵に女性がNGな理由は新しいルールだった?

相撲の土俵上に女性が上がることが禁止されている理由…。

今でこそ、伝統などとそれっぽい言葉で語られていますが、実は元をたどると…

かの有名な板垣退助が発端となって進んだ、欧米への劣等感丸出しだった当時の日本をよく表しているルールの1つでしかなかったのです。

 

どういうことかというと、相撲の土俵上に女性が上がれないルールができたのは、

明治時代以降

だったのです。

日本で最初に相撲が登場したのは、『日本書紀』によると、雄略天皇の時代だとされています。

そこには、

「乃喚集采女、使脱衣裙而著犢鼻、露所相撲」

という文があり、訳すと、

「雄略天皇は、采女(うねめ)を集めて着物を脱がせ、褌を締めさせると、みんなの前で相撲をとらせた」

となっているのです。

さらに、室町時代では、『義残後覚』に当時の

女性力士

が紹介されていて、比丘尼が尼相撲をしていたこともわかっています。

江戸時代には、女性の相撲観戦は千秋楽以外禁止されていたものの、女性相撲という競技自体は存在していました。

昔から女性が相撲を普通にとっていて、土俵上に上がることが許されていたのに、なぜ100年ちょっとの新しいルールが、勝手に伝統扱いされているのでしょうか。

 

明治時代に女性が土俵上に上がるのを禁止した原因には、板垣退助が、

「女性が取っ組み合う様子が野蛮で文明開化ではない」

と批判したことが始まり。

文明開化の波に乗り、欧米に遅れないためとして、勝手に女人禁制にしただけのことだったのです。

 

さらに、それだけでは納得されないので、神道・仏教の穢れという女性蔑視思想を持ちだし、女人禁制のルールの正当性を示しました。

要するに、欧米に劣等感を抱いていた当時の役人が勝手に作っただけの、伝統もへったくれもないルールだったのです。

しきたりだとか伝統だとか言っているものの、

日本の相撲の歴史から見れば、しきたりというには新しすぎる謎のルール

これが土俵上の女性NGの真実でした。

 

女性禁止というルールは、そろそろ変えてもいいような気がしますけどね。

江戸時代では女性の観戦すら禁止されていましたが、明治時代に相撲の人気が落ちてくると、明治5年には女性の相撲観戦が解禁。

そんな規則変更だったあったわけですから…。

ちなみに余談ですが、女人禁制という謎のルールは相撲協会だけのものであり、国際相撲連盟では女人禁制という阿呆らしいルールはありません。

それどころか、2001年からは世界女子相撲選手権大会も開かれています。

結局は、女性相撲が野蛮なイメージという偏見で、文明開化には向かないから…。

というだけの理由で禁止された土俵の女人禁制ルール…

理由がくだらない理由だけに、そろそろ土俵の女性NGというルールを変えてもいい頃なのではないかなと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

大相撲春巡業で、舞鶴市長が倒れた際に、救命措置のため土俵に上がった女性に降りるよう注意したアナウンスが、批判炎上状態に発展しました。

人命よりしきたりを重視した相撲協会の愚かな態度に、これまでの不祥事の積み重なりもあって、爆発的な批判を生んでしまったのです。

そもそも、女人禁制という謎のルール自体、欧米に劣等感を抱いていた昔の欧米かぶれ役人の作ったものですし、伝統もへったくれもありません。

くだらない理由で作られたルールなのですから、そろそろ女性が土俵に上がるのも許されるべきではないでしょうか?

もはや相撲協会は伝統を守っているのではなく、古い体質のまま変わろうとしない集団に見えます。

暴行、隠蔽、反社会勢力との関わり、女性軽視…。

こんな愚行ばかり続けていたら、本当に相撲人気はなくなるでしょう。

相撲協会もそろそろ解体・変革の時期に来ているのではないかと感じた次第です。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-スポーツ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.