みんなが気になるニュース

My News23

ネット上のサービス

5Gはいつからスマホで使える?通信速度など4Gとの違いをチェック

投稿日:

今や一人に一台、もしくは複数台という人も増えて、すっかり生活必需品となったスマホ。

通話やメールといった連絡機能は当たり前ですし、インターネット、ゲームや音楽などといった様々な機能を誰でも簡単に使うことができますね。

そして現在のネットの通信規格の主流は

『4G回線』

なのですが、最近は次世代の通信規格となる

『5G回線』

が話題になっていることはしっていますか?

そこで、この記事では

  • 『4G回線』と『5G回線』の通信速度の違い
  • いつから『5G回線』が実用化されるのか

といったところを紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

通信システムの歴史

アナログ回線の1G

スマホがなかった時代は、携帯電話が主流でしたが、日本における携帯電話の元祖は、NTTの前身である日本電信電話公社が1979年に開始した

『自動車電話サービス』

なのです。

これにはアナログ方式の第1世代通信システム

『1G回線』

が用いられ、通話はおもに大都市圏に限られ、ハイヤーや社用車など自動車用の移動通話サービスとして使われていたのです。

ちなみに『G』とはGeneration(ジェネレーション)の頭文字であり、『世代』を意味します。

その自動車電話がバッテリーやアンテナなどを携帯できる電話『ショルダーホン』となったのが1985年です。

かばんのように肩にかけて使い、その重量は約3キログラム。

連続通話時間は40分ほどという、今では考えられないスペックですが、当時は画期的な商品でしたね。

デジタル回線の2G

1993年には、デジタル方式の第2世代通信システム

『2G回線』

がサービス開始となりました。

1Gとの大きな違いはデジタル通信となり、今までにはなかったデータ通信のサービスが開始されたことです。

これによってメールが使えるようになり、ポケベルやPHSの登場につながりました。

また、データ通信サービスの開始にともなって、モバイル専門のサイトを見ることが可能になりました。

高速回線となった3G

2001年には、これまでとは桁違いの高速データ通信が可能となる第3世代通信システム

『3G回線』

の運用が開始されました。

3Gが普及するころには、携帯電話会社および携帯メーカーは、世界共通の通信方法を用いることで市場の拡大を図りました。

この結果、国連の専門組織であり、無線技術を標準化している国際電気通信連合は

『IMT-2000』

という統一した通信方式を定めたのです。

日本ではこの通信システムを基準とした規格である

『W-CDMA』

をNTTドコモとソフトバンクが採用。

『CDMA2000』

をAUが採用して、サービスを開始しました。

3Gになって通信速度が高速化されたことにより、動画など様々なコンテンツの配信が行われるようになりました。

さらに高速となった現在の主力4G

現在、運用されている最新の高速な通信規格が、第4世代通信システム

『4G回線』

と呼ばれているものです。

4Gとは複数の通信規格をまとめた呼び方であり、現在のサービスのうち

『LTE』

『WiMAX』

は、上記の『IMT-2000』をグレードアップしたものです。

もともと3Gと4Gの橋渡し的な通信規格で

『3.9G』

と呼ばれて区別されてきましたが、世界的に4Gと称する通信事業者が増えたことにより、4Gとして呼称してもよいことになりました。

3Gと4Gの一番の違いは通信速度です。

3Gは数Mbps~14Mbps程度なのに対し、4G(LTE)は75Mbps~100Mbpsと5倍以上になっています。

4Gの回線を『業界最安』で手に入れるならコチラへ。

↓↓↓

Broad wimax

未来のモバイル通信規格5G

現在、世界中で開発が進んでおり、実用化を目指している最新の規格が

『5G回線』

なのです。

はたして、5Gはスマホにとって、どのようなメリットがあるのでしょうか?

4Gと5Gの違い1 超高速

なんと5Gは、4Gと比べて

最大20倍の速度

の通信が可能とされています。

データ量が大きいコンテンツも、非常に素早いスピードでやりとりができるようになり、

10秒たらずで映画1本分

のダウンロードができるようになります。

4Gと5Gの違い2 同時多接続

これまでの通信は、

『接続数が多くなると通信速度が落ちる』

というデメリットがありました。

そのため、5Gの開発では

『アクセスが集中しても通信制限が起こりにくくなる』

という点を重視しているのです。

将来、あらゆるものがインターネットを通じてつながることで実現するサービスである

IoT(Internet of Things)

によって様々なコンピュータ同士が通信する時代には、同時多接続は必要な要素といえるでしょう。

4Gと5Gの違い3 低遅延

レスポンスの高速化も5Gの大きな特長のひとつです。

4Gでは0.01秒程度の遅延を、5Gでは0.001秒10分の1まで短縮することが保証されています。

 

スマホで5Gの実用化はいつから?

このように進化した高速通信:5Gは、いったいいつからサービスがはじまるのでしょうか?

 

この実現に向けて、世界中の企業が開発に取り組んでいますが、日本では東京オリンピックが開催される

2020年

に5Gの運用開始をめざして検討が進んでいるようですよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

5Gのある世界が、あと2年もすれば実現するとは、テクノロジーの進歩もここまできたか、と思わされますね。

また、5Gにはその高度な性能を生かして

スマホ以外にも高精細ストリ-ミング映像伝達などにより、オペレーターによる遠隔監視ができる

自動運転カー

4Kよりさらに精細な映像である

8Kテレビ

などの実用化なども見込まれます。

間違いなく5G時代は、私たちの生活を大きく発展させることとなるでしょう。

今からとても楽しみですね!大いに期待しましょう!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-ネット上のサービス

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.