意味の違い

カーネーションの花言葉!赤/青/緑/白/黄の各色の意味を紹介!

投稿日:

お花にはそれぞれ花言葉がつけられていますよね。

しかし同じお花でも、色によって全然違う意味を持っていたりします。

また同じお花の同じ色でも、さまざまな花言葉があります。

中には、プレゼントに適さない花言葉のお花も…。

では、プレゼントに適した花言葉をもつカーネーションは、一体どの色なのでしょうか。

最後には、

レインボーカーネーション

という珍しいカーネーションの花言葉も紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

カーネーション全体の花言葉

 

カーネーション全体の代表的な花言葉は

『無垢(むく)で深い愛』

他にも

『女性の愛』『感覚』『感動』『純粋な愛情』

などがあります。

西洋での花言葉には、

  • 魅惑
  • 魅力
  • 愛情
  • 卓越
  • 名声

がありますね。

ただカーネーションは、花の色によって花言葉が違います。

そこで、それぞれの色の花言葉を次に紹介していきましょう。

 

赤色のカーネーションの花言葉

 

  • 母の愛
  • 母への愛
  • 愛を信じる
  • 熱烈な愛
  • 真実の愛
  • 哀れな心

西洋での花言葉には、

  • 深い愛
  • あなたに会いたくてたまらない
  • 敬愛
  • 感嘆

 

赤いカーネーションといえば、母の日ですよね。

やはり多くが『母への愛』を表す花言葉となっています。

ただ、『哀れな心』という花言葉は、母の日が普及する前に使われていたようです。

 

濃い赤色のカーネーションの花言葉

  • 私の心に哀しみを
  • 欲望

同じ赤ですが、濃い赤は、別の花言葉を持っています。

母の日のプレゼントには避けた方が無難ですね。

 

ピンク色のカーネーションの花言葉

 

  • 女性の愛
  • 熱愛
  • 上品
  • 気品
  • 美しい仕草(しぐさ)
  • 感謝の心
  • 暖かい心

西洋での花言葉には、

  • あなたを決して忘れません
  • 女性の愛
  • 母の愛

 

ピンク色は、女性が喜ぶ花言葉を多く持っています。

ピンクは女性に人気が高いので、母の日や女性へのプレゼントにもおすすめ。

『感謝の心』の花言葉は、母の日にもってこいですね。

 

オレンジ色のカーネーションの花言葉

 

  • 熱烈な愛
  • 純粋な愛
  • 清らかな慕情
  • あなたを熱愛します

オレンジ色の花言葉は、相手への愛情を示すものがほとんどです。

意中の人に、気持ちを打ち明ける際にプレゼントしてはいかがでしょうか。

オレンジ色はとても心温まる色なので、こちらも母の日におすすめです。

 

緑色のカーネーションの花言葉

 

  • 癒やし
  • 純粋な愛情

緑色には、いやしの効果があります。

リラックス効果もあるので、お部屋に飾るのがいいですね。

いつも、癒やしてくれる優しい女性にピッタリのお花。

 

白色のカーネーションの花言葉

 

  • 純粋な愛
  • 尊敬
  • 私の愛は生きています
  • 愛の拒絶
  • 純潔(じゅんけつ)な愛

西洋での花言葉には

  • かわいくて愛らしい
  • 純潔
  • 純粋な愛

純粋なイメージを持つ白色のカーネーションは、とてもきれいなお花ですよね。

しかし、プレゼントする時は注意が必要。

実は、

白のカーネーションは、もともと亡くなったお母さんに送る花

なのです。

気にする人には、プレゼントしないようにしましょう。

 

黄色のカーネーションの花言葉

 

  • 軽蔑
  • 嫉妬
  • 愛情の揺らぎ
  • 友情

西洋での花言葉には、

  • 拒絶
  • 拒否
  • あなたには失望しました
  • 軽蔑

黄色の花言葉は、ネガティブなものが多いので、プレゼントでは避けた方が無難。

とはいえ、中には黄色が好きな女性も多いので、黄色を送る際には一言添えましょう。

 

紫色のカーネーションの花言葉

 

  • 誇り
  • 気品

西洋での花言葉には

  • 変わりやすい
  • 気まぐれなこと

とても大人っぽいイメージの紫色。

『誇り』や『気品』といった花言葉も、大人の女性にとても合いそうですね。

 

青色のカーネーションの花言葉

 

  • 永遠の幸福

実は、カーネーションには青色色素は存在しません。

ですので、青系のカーネーションは昔はありませんでした。

しかし、研究者たちの長年の努力の末、遺伝子組み換えにより、青いカーネーションが誕生!

そのカーネーションは、

『ムーンダスト』

と名付けられ、色は青紫色をしているのです。

白いカーネーションに青い水を吸わせた、くっきりとした青のカーネーションも存在します。

花言葉の『永遠の幸福』は、研究者たちの思いが込められたものと言われていますね。」

 

虹色のカーネーションの花言葉

 

  • 感謝

『レインボーカーネーション』

と言われる虹色のカーネーションです。

オランダで品種改良されて作られました。

白いカーネーションに虹色の水を吸わせて色をつけています。

まだどこのお店でも売っている、というわけではありません。

なので、

とても珍しく、喜んでもらえること間違いなし!

花言葉は『感謝』なので、ぜひ母の日にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

  • カーネーション全体の花言葉=『無垢で深い愛』

ポジティブな花言葉をもつ色

  • 赤=『母への愛』
  • ピンク=『女性の愛』
  • オレンジ=『熱烈な愛』
  • 緑=『癒し』
  • 紫=『気品』
  • 青=『永遠の幸福』
  • 虹=『感謝』

ネガティブな花言葉をもつ色

  • 濃い赤=『私の心に哀れみを』
  • 白=『私の愛は生きています』
  • 黄色=『軽蔑』

カーネーションと言えば、母の日のイメージですよね。

でも意外と、母親以外に恋人や意中の人に贈るのにもピッタリの花言葉をもっています。

お花をプレゼントする際には、相手に合うカーネーションをぜひプレゼントしてあげてください。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-意味の違い

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.