漫画

ハンターハンターのジャンプ連載再開はいつ?休載理由をチェック

更新日:

週刊少年ジャンプで連載中の『HUNTER×HUNTER』(ハンターハンター)が、2018年11月26日発売の週刊少年ジャンプ52号で、

休載を発表

しました。

2か月連載してからのまたしても休載…

正直なところ、こんなことがおなじみになってほしくはないのですが…

具体的に一体いつから再開となるのか?

また、なぜここまで『ハンターハンター』は休載が多いのかについても、当記事で考察していきます。

アドセンス

スポンサーリンク

『ハンターハンター』がまたもや休載に…

『ハンターハンター』といえば、1998年から連載が始まり、2018年で20周年を迎えた漫画作品ですよね。

冨樫義博先生が描く漫画作品で、現在は『王位継承戦』の真っ只中。

クラピカや幻影旅団にも動きがあり、冨樫義博先生の言っていた

「全員○にます」

という言葉が冗談じゃなく思えてくるようになった…。

そんな、かなり物語の風呂敷が広がったところまで来ていたのですが…。

 

2018年の『ハンターハンター』は、1月に連載を再開した後、4月から休載…

そして2018年9月後半に連載が再開されたかと思いきや、その2か月後の2018年11月26日に、

次号よりしばらくの間休載いたします。再開が決まり次第、本誌でお知らせします。

との一文が…

そうです、『ハンターハンター』は、

2018年9月の連載再開から2か月後となる11月に、またもや休載が発表

となってしまったのです…。

先が気になる展開が続くのに、また冨樫病が発症してしまったのかと落胆する人もいるようです。

確かに、見ている漫画が年に2回も長期休載が発表されるなんて、たまったものではありませんよね。

 

ただ、長年の『ハンターハンター』ファンにとってこの休載は予想通りだったみたいで、なぜなら…。

『ハンターハンター』は、2014年以降、単行本1巻分となる10話連載するごとに休載している

からです。

 

近年の『ハンターハンター』は、

  1. 連載再開
  2. 1巻分の話数を連載
  3. 長期休載

このパターンになっていて、2018年11月の休載も、9月の連載再開からちょうど1巻分のストックが貯まったからだったんですね。

ファンとしては、これが数年続いているので、そろそろ休載がくるだろうな、と言われていたみたいですね。

ちなみに、2018年11月の休載理由については語られておらず、巻末コメントには、

次の10週分ネームは出来ているので体調や状況と相談しつつ原稿進めて行きます。

と記載されていました。

このコメントは、もう既に、

事実上、単行本1巻分連載したら休載するということを認めた

ということになってしまいましたね。

大半の人からすれば、だいたい察しがつくことではあるのですが…

だからといって、漫画家自身がこのコメントをしてしまうのは、よくないことだと思います。

いくら事情があるとはいえ、今後も再開後は1巻分しか書かないです、というような内容を発言してしまうのは、週刊誌に連載をしている漫画家として失格なのではないでしょうか…

 

それにしても、こんなに休載が多いと、ゲームでサボるにしろ、腰痛によって連載が厳しいにしろ、

月刊誌に移動した方がいいんじゃないか?

と思ってしまいますよね。

ジャンプには月刊誌のジャンプスクエア(ジャンプSQ)もあることですし…。

月刊誌だと話数が多くなるとはいえ、週刊誌の4週分に比べると、ページ数は週刊誌4週分の約半分くらいで済みます。

そのため、『ハンターハンター』を月刊誌に移動する手もアリだとは思います。

 

『ハンターハンター』の連載再開はいつ?

気になるのは、『ハンターハンター』の連載再開時期がいつになるか?ということですよね。

連載再開時期を予想するにあたって、これまでの冨樫義博先生の長期休載をデータとして集めてみました。

すると、以下のようなスパンで休載をしていることが判明!

ハンターハンターの休載期間

2006年2月~2007年10月:約1年8カ月

2007年12月~2008年2月:約3カ月

2008年5月~2008年9月:約6カ月

2008年12月~2009年12月:約1年

2010年6月~2011年8月:約1年1カ月

2012年3月~2014年5月:約2年3カ月

2014年9月~2016年4月:約1年8カ月

2016年7月~2017年6月:約12ヶ月

2017年9月~2018年1月:約4ヶ月

2018年4月~2018年9月:約5ヵ月

改めて、こうして見てみると、すさまじい長期休載ですね。

漫画家としては考えられません。

2015年に至っては、

休載率100%!

つまり1度も漫画を描かなかったのです。

そして、基本的に休載期間は、大半が約1年を超えています。

 

…が、ここ最近になって、残念なことばかりではなくなってきました。

2017年以降の休載期間を見てもらえればわかるのですが、休載期間がかなり短くなってきていますよね。

これは朗報です。

2018年は今回休載になるまで、休載率がわずか60%ほどだったのです。

休載率60%でも、"わずか"と言ってしまえるのが、既に異常事態ではありますが、それに突っ込んでいたら、『ハンターハンター』のファンはやっていられないでしょうね。

 

さて、肝心の『ハンターハンター』の連載再開時期がいつになるか?ということですが…

筆者は、

5~6か月後の2019年4~5月頃になるのではないか?

と考えています。

なぜなら、2018年11月の休載では、冨樫義博先生が、珍しく次の10週分のネームはできているとのコメントをしています。

それに加え、ここ最近の休載期間が約半年ということを考えると、今回の休載も半年ほどで済むのではないでしょうか。

逆に言うと、最近の休載期間がやや無理をしていたというのなら、また1年以上の休載になってしまいますが…

おそらく、2019年の春頃には『ハンターハンター』の連載が再開されると思います!

 

それにしても、冨樫義博先生は、なぜこうも『ハンターハンター』の休載をするのでしょうか?

最後に、その理由にも迫っていこうと思います。

 

『ハンターハンター』が休載する理由は?

そもそも、冨樫義博先生は、なぜここまで長期休載が多いのでしょうか?

休載理由にはいくつかの理由が考えられ、また実際に過去には休載理由を明かした時もありました。

ハンターハンター休載の理由1 ゲーム中毒

漫画ファンの間では、この話は有名な話です。

冨樫義博先生は、FFシリーズや、ドラクエシリーズ、オンラインゲームに中毒レベルでハマっています。

依存症

と言っていい域に達しているとも言われ、そのせいで睡眠時間を削り、体調不良になっているのでは?

そう言われているみたいですね。

ゲームによって漫画を描きたくない…。

という、漫画を描きたくなくなってしまう病が、通称:冨樫病です。

ハンターハンター休載の理由2 アシスタント

冨樫義博先生の描く漫画作品『ハンターハンター』は、他の先生たちの作品とは創り方が大きく異なります。

なぜか

アシスタントを雇わずに一人で描いている

そうです。

昔はアシスタントを雇っていて、しかもボーナスまで支給していたことが話題になったこともある冨樫義博先生です。

しかし、今はアシスタントがいないんですね。

一時期は、まるで手抜きとも言えるようなひどい作画だったり、文字ばかりのコマがあるのも、全てを一人で描いているからだと言われています。

一応、妻に手伝ってもらうこともあるみたいですが…。

基本的には、1人で描いているので、かなり疲れが溜まると思います。

そこからくるストレスなどで、休載をしてしまうのではないかと言われています。

ハンターハンター休載の理由3 腰痛

冨樫義博先生は、長い間にわたって腰痛に悩まされています。

事実、この腰痛が休載理由だったことが何度かありました。

たとえば、2014年の1年8カ月におよぶ休載の時は、

重度の腰痛により執筆が困難な状況

と週刊少年ジャンプで理由が掲載されたことがありました。

復帰後、しばらくしてまた休載した時の2016年7月の時も、理由ははっきり言われていませんが、ロケットニュース24が集英社に取材したところ、

前回の休載でも腰痛で休まれていたんですが、今回、再び腰の具合が悪化してしまい次号から休載となりました。

と編集部の人が説明していたので、2016年の時も腰痛が原因だったのでしょう。

一説には、ヘルニアと言われていますが、真偽は不明です。

いずれにしても、冨樫義博先生の腰痛は、かなりひどい状態みたいですね。

過去にアシスタントを務めていた人物・味野くにおさんの著書『先生白書』によれば、

冨樫義博先生の腰痛は、『幽☆遊☆白書』の頃から発症していた

とのこと。

しかも、腰痛の症状が出た時は、

症状が出たとき冨樫氏は寝そべった状態で原稿を描いていた

と、かなり無理をしていたことも語られています。

それでいて、『幽☆遊☆白書』の頃は、それほど休載がありませんでした。

ここで無理しすぎた結果、腰痛は治らず慢性的なものとなってしまったのかもしれません。

となると、今の1巻分連載しては休載というのは、長い間腰痛と付き合っている中で、これが最善の方法だと判断した…。

その可能性もありそうですね。

ただ、そうなると心配なのは、冨樫義博先生の存命中に、『ハンターハンター』が完結するのかということですよね。

ファンとしては、冨樫義博先生の無事を祈るしかなさそうです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

ちょうど単行本1巻分の話数分の連載が終わったタイミングで、『ハンターハンター』はまたもや休載に…

今回は、

『10週分のネームが完成している』

という理由を残しての休載…

原因が冨樫病にしろ、腰痛にしろ、正直なところ、漫画家自身が1巻分の連載をしたら休みますよ、という旨の発言をしてしまっているのはどうかとも思いますが…

最近の休載期間は以前に比べると短めなので、今回も半年ほどで連載再開になることに期待するしかなさそうですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-漫画

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.