意味の違い

シャケ/サケ/サーモンの違いとは?味の違いや見分け方をチェック

投稿日:

サケとシャケとサーモン。

果たして、この三つにはっきりとした違いはあるのでしょうか。

そして三つも言い方が存在する必要はあるのでしょうか。

 

そんな疑問に、誰もが一度は気になったことがあるでしょう。

そこで、そんなモヤモヤを解消するべく、サケとシャケとサーモンの違いや見分け方を調査してみました。

スポンサーリンク

アドセンス

サケがなぜシャケに?

本来は、"サケ"という言い方が正式な呼び方のようですが、"シャケ"という呼び方も日本語として定着しています。

 

では、どのような経緯でサケがシャケになったのでしょうか。

ここにいくつかの説があります。

サケとシャケの言語的発祥説

江戸言葉発祥説

江戸言葉は、サ行の発音に特徴があります。

江戸言葉では『さ、す、そ、』を『しゃ、しゅ、しょ』と発音することが多いのです。

それで、サケもシャケと発音してそれが定着したという説があります。

江戸は日本の中心でしたので、そこで広まり、全国にも波及していったというのは確かに納得できます。

アイヌ語発祥説

アイヌ語では

シャケンベ

という言葉があります。

これはサケではなく、マスの事を指すのですが、おなじサケの仲間なので、これもまた有力な説になっています。

 

ちなみにサケはアイヌ語では、

カムイチェプ(神の魚という意味)

と呼ばれているそうです。

言葉としての利便性を追求した結果から生まれた説

単に言いやすいから?説

濁点を付けると、なんだか言いやすくなったと思ったことはありませんか?

 

例えばカニでも、前の部分にタラバやズワイ、毛などを付けると急に言い方がガニになります。

タラバガニやズワイガニ、毛ガニといったふうにです。

 

他にも『南北』もナンホクと言わずにナンボク、『返り咲く』もカエリサクと言わずにカエリザクと言います。

それと同じような感じで、ネコもニャンコと言えば、ちいさいもちっちゃいと言ったりします。

 

それ故に、

「サケよりもシャケの方が言いやすい」

と思った人が多かったため、サケという言い方以外にシャケという言い方も広まったという説があります。

酒(サケ)と区別したいから説

漢字で書いて区別できる書き言葉の場合は問題ありません。

しかし話し言葉となると、もどちらも言い方は同じサケです。

さらには、酒の"肴"も"魚"と同じサカナですし、サケも魚で、サカナですから、ますます混乱してしまいます。

 

厳密には酒と鮭は、話し言葉でも微妙にイントネーションが違いますが、やはりシャケと表現した方がハッキリと違いが出て好都合という面はあります。

それにシャケと呼ばれるものは、世の中にはひとつだけです。

酒と鮭のように、どっちなのかと混乱することもありません。

 

サケ(シャケ)とサーモンの使い分け方

シャケ

サーモンというと外国と関係あるように思えます。

でも、一概に外国と関係あるからサーモンという言葉を使っている訳ではなく、色々な状況で使われています。

生きている状態と食用になった調理後の区別で言い分ける

よく英語などでは、生きている状態と調理などされた状態で、はっきりと言い分けられています。

 

例えば

(牛)カウ  と ビーフ

(羊)シープ と マトン

(豚)ピッグ と ポーク

などです。

 

それと同じような感じで、まだ生きて泳いでいる状態ではサケを使い、すでに切り身になっている状態のものはサーモンと区別しています。

輸入品の呼び名はサーモン!国産品はサケ!

 

最近はノルウェー産やチリ産など、海外から大量にサケが輸入されるようになってきました。

しかし、ちょっと待ってください、この場合は、サケではなくサーモンと表現するようです。

輸入品と言えば外国から仕入れたもの

外国と言えば英語

英語でサケはサーモン

という、かなり安易な発想ではありますが、輸入品はサーモンを使い、国産品はサケを使っているみたいです。

天然物はサケ!養殖物はサーモン!

 

輸入品の大半は養殖である実態があるため、養殖モノもまたサーモンと呼ばれるようになりました。

ですので、サケと呼ばれるのは天然物でしかも国産品にしか使われないという状態が出来上がってしまったのです。

 

ですから、寿司屋でもスーパーでも、たいてい目にするものはサーモンと表示されています。

 

サケの仲間には紅ジャケやキングサーモン、サクラマスやカラフトマスなど色々とあります。

しかし、サケという呼称は、サケの仲間でも特にシロザケと呼ばれる種類にしか使われません。

だから、サケと呼ばれるためには、かなりの狭き門だと言えます。

 

サケとサーモンの味の違いとは

サーモンと呼ばれているのは輸入品や、養殖ものであるということの他に、マスを養殖したものもサーモンと呼ぶそうです。

ですので、サケとサーモンの見た目の違いは、サケとマスの違い程度になります。

 

ノルウェー産のサーモンの方が、身にピンクっぽい感じを受けますが、身の色はエサによってかなり変わります。

でも、マスとサケでは、風味や味にかなり違いがありますし、マスにはマス独特の臭みなどがあります。

 

ただ、ノルウェー産のサーモン(マス)は、エサや飼育環境に工夫を凝らしており、かなり臭みはなくなっていて、とても食べやすくなっています。

とくに、ノルウェー産サーモンの場合は、冷たい水でずっと育まれているため、脂ののりがとてもよく、ほとんどが空輸で運ばれてくるので、新鮮さにも定評があります。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

以上の事から、サケがシャケやサーモンと呼ばれたのには、歴史的な言語としての背景がありました。

また、言いやすさなどの使う人の都合による変化が原因でもあったのです。

さらには、輸入品と国産品など、商業的にも大変便利なため、言い分けられているということが分かりました。

最初の時は

「なんで三つも呼び方があるのだろう、面倒くさい!」

と思う人もいたでしょう。

でも今回の解説で、『サケ』というひとつの呼び方しかなかったら、かえって不便だとさえ思ってしまうほど、180度考え方が変わった人も出てきたかもしれません。

 

やはり、シャケもサーモンも、きちんと必要とされている呼び方なので、それで正しく世の中に広まったわけですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-意味の違い

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.