恋愛

電車で婚活は可能?気になる女性や男性に声を掛ける方法を考察!

投稿日:

恋人や結婚相手を欲しくなったり、婚活をしていると、日常生活で見かける人も気になるものです。

たとえば毎日の通勤電車は同じ時間帯で利用します。

ですから、好みの人はもちろん、よく見かける人にも親近感を持ちますよね。

そして、しばらくするといつの間にか

気になる女性・男性

になっていたりするものです。

そんな気になる女性・男性と仲良くなりたくても、他人同士なので、どのように声を掛けたらいいのか分かりません。

そこで今回は、電車での婚活は可能なのか。

さらには気になる女性・男性に声を掛ける方法についても考察します。

スポンサーリンク

アドセンス

通勤電車で婚活は可能?

目的の駅までマンガを読む女性

目的の駅までマンガを読む女性

結論から言えば、

通勤電車でも婚活は可能です。

年齢層は幅広いですし、服装やルックスなどの見た目も色々な人がいるので、

自分の好みに合った相手

を探せるでしょう。

一方、いつもの通勤電車で見かけない人が気になってしまうこともあります。

一期一会の出会いです。

もちろん、一期一会でも声を掛けることができるなら交際に発展する可能性もあります。

ただ、よく見かける人でも一期一会の人でも、やはり見かけるだけの関係だと声を掛けて迷惑にならないか心配になってしまいますよね。

では、電車で出会う相手に声を掛けるには、どのような方法があるのでしょうか?

 

気になる女性・男性に声を掛ける前にすること

電車内

電車内

すぐに電車で声を掛ける方法を知りたいと思いますが、まずは

声を掛ける前にしておいた方がいいこと

があります。

1つずつ見ていきましょう。

声を掛ける前にすること1 相手を観察する

せっかく声を掛けるのなら、好みであるほど嬉しいですよね。

しかし、相手の年齢が分からず未成年に声を掛けて交際に発展してしまうと、

悪意はなくても法律違反として訴えられてしまう可能性

もあります。

だから、

  • 相手の年齢
  • 服装

の少なくても2つは見ておきましょう。

たとえ私服で電車に乗っていても18歳未満の場合もあるからです。

余裕があれば、バッグやアクセサリ、ストラップなど、個性が出る持ち物を観察して、声を掛ける時に話題になりそうな物を見つけておくと安心です。

でも、あまりジロジロと見すぎると不審がられてしまうので注意しましょう。

声を掛ける前にすること2 清潔感に気をつける

電車での出会いは他人同士ということもあるので、知り合いと会う以上に清潔感が大切です。

  • 服にシワがついている
  • 髪がボサボサ
  • 口臭がある

という状態では日頃の人間関係も上手く行きませんし、そんな人と仲良くなるのは難しいです。

相手のことも考え、

  • 服や靴の手入れをきちんとする
  • 髪型は爽やかな状態を保つ
  • 口臭のケアを欠かさない

といったことに気をつけましょう。

プレミアムブレスクレール

声を掛ける前にすること3 声を掛けるタイミングを考える

勇気がある人ならどこで声を掛けてもいいのですが、まだ仲良くなっていない人に声を掛けるのは気が引けますよね。

その場合は声を掛ける前に

声を掛けるタイミング

を考えておきましょう。

電車内で好みの人に出会えたとしても、その場で声を掛けると相手の迷惑になってしまう可能性もありますし、自分も恥ずかしいですよね。

そんな人におすすめの声を掛けるタイミングがあります。

それは

  • 電車を降りてすぐ
  • 改札を出た後

の2つです。

電車内だと他の人の目がありますが、降りてしまうとみんな目的の方向へ歩くのに集中しています。

だから、他の人も電車内ほど、あなたのことは見ていません。

声を掛ける相手も他人の目をそれほど気にする必要がなくなるので、電車内よりずっと話を聞いてくれるでしょう。

 

気になる女性・男性に声を掛ける方法

声を掛ける方法1 挨拶をする

やはり基本は挨拶です。

声を掛ける内容は何でも大丈夫ですが、相手の意表を突いてしまうと不審がられる可能性もあります。

返事のしやすい挨拶から入るのがいいでしょう。

声を掛ける方法2 相手の持ち物に注目する

『最新機種のスマホを使っている』

『変わったストラップをつけている』

など、声を掛けやすいアイテムを探します。

髪型やアクセサリに注目するのもいいですね。

異性の服装に詳しければ、服や靴、バッグなど、普通の人ではなかなか気づかないような部分について声を掛けると好感度が高くなります。

褒めることができるとさらに印象がよくなるでしょう。

声を掛ける方法3 道や駅について聞く

知っていても有名な店への行き方を聞いたり、次の駅やアナウンスされた駅周辺について聞く方法もあります。

相手や自分について話すことが恥ずかしい場合には有効な方法です。

声を掛ける方法4 連絡先を聞く

一番勇気が必要な方法です。

『声を掛けても進展がない』という関係になる前に一歩踏み込むことができる方法です。

「気になっていたので声を掛けました」

と直球で伝えた方が好印象でしょう。

そして

「どうしても嫌だったらブロックしても構わないので、連絡先を交換してもらえませんか?」

と相手の気持ちを考えた言葉を選ぶのがおすすめです。

 

声を掛ける方法が実践できない時のきっかけづくり

『挨拶くらいはしてみよう』

『面白いストラップをつけているな』

と話題を探すことはできても、声を掛けるのは難しいものです。

いざ声を掛けるとなると緊張して声を掛けられなくなってしまいます。

では声を掛けなくてもできるきっかけづくりとは何でしょうか?

初対面でもできることから、よく会う人にもできることまで、応用して使える5つのきっかけづくりを紹介します。

声を掛けるきっかけづくり1 見つめる

魅力的な人を見ると、ついやってしまうことだと思いますが、『見つめる』というのはきっかけになる方法の1つです。

視線が自分に向いていると気になるものなので、相手も見つめられていることに気づくでしょう。

ただ、あまりじっと見つめすぎると怖いので、

ほどほどにする

のがいいですね。

相手が嫌な顔をしたら、それ以上見つめるのはやめておきましょう。

声を掛けるきっかけづくり2 会釈をする

あなたが見つめるのに相手が気づいたら次は会釈です。

ずっと見つめているだけでは不審者と思われる可能性もありますからね。

会釈をして友好的であることを伝えます。

声を掛けるきっかけづくり3 微笑む

笑顔には人の心を和ませる力

があります。

好感を持てる人はいつも笑顔でいるイメージはありませんか?

だから、笑顔をきっかけづくりとして取り入れると効果は高くなるでしょう。

しかし、急に微笑むと

『ニヤニヤして怪しい人だな』

と思われてしまうかもしれないので、様子を見ながら微笑んだ方がいいでしょう。

微笑みを返してくれたら、あなたに好感を持っている可能性があります。

もし相手から微笑んでくれた時は、少しびっくりして恥ずかしいかもしれませんが、おどおどせずに微笑みを返しましょう。

声を掛けるきっかけづくり4 落とし物をする

見つめる、会釈をする、微笑むの3つが恥ずかしくてできない場合は、相手の目の前で落とし物をしてみるのも1つの方法です。

電車内でも電車を降りてからでもできますが、拾ってほしい相手と違う親切な人が拾ってくれる可能性もあります。

その場合は、諦めないで目当ての人に拾ってもらえるように日を空けてまた落とし物をするか、別の方法を試してみましょう。

声を掛けるきっかけづくり5 手紙を渡す

『これまでの4つの方法がうまくいったけどまだ話すのは恥ずかしい』

『どの方法もできなかった』

という時は、思い切って手紙を渡してしまうのも手です。

この方法は、会話のきっかけや交際のきっかけになる可能性もありますが、

怖がられてしまう危険性

もあるので注意が必要になります。

しかし、想いを伝えずに後悔するより、たとえ直接言えなくても

『相手に想いを伝えた』

という経験を今後に活かせる方がずっといいはずです。

会話が少ない段階では、お互いのことをよく知らないので、手紙の内容はあまり長々とした文章ではなく、相手の心に負担が掛からない文章にしましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

電車内には周りに人がたくさんいますし、駅にも多くの人がいるのでハードルが高いと感じるでしょう。

しかし、通勤電車でも婚活は可能です。

職場や飲み会などで日常的に会話をする相手とは違う形で出会うので、最初のきっかけを作ることは、なかなか難しいでしょう。

挨拶や会釈など、取り組みやすいものから、はじめてみてください。

もし、うまくいかなくて気まずくなった場合は、

電車を1本前後にずらしたり、車両を変えたりすること

で乗り切ることも可能です。

職場や自宅周辺で失敗した場合は、その場所に行きにくくなる可能性もあります。

そういった面では通勤電車の方が、失敗を恐れずに婚活がしやすいとも言えます。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-恋愛

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.