女優

川栄李奈の演技力やMCトークの評判や評価を考察!元AKB48でNo1?

更新日:

AKB48在籍時代、『おバカタレント』として脚光を浴び、多くのファンから注目を浴び続けた川栄李奈さん。

AKB48卒業後、女優へ転身し、舞台(ミュージカル)を中心に、映画・ドラマでも活躍されていますよね。

そんな川栄李奈さんが、今度は金曜深夜のトーク番組『A-Studio』で、10代目のアシスタントMCに就任。

さっそく川栄李奈さんが出演する『A-Studio』の初回放送が収録され、MCを務める笑福亭鶴瓶さんは彼女のアシスタントMCぶりに大満足!

そこで本記事では、川栄李奈さんの演技力やMC(トーク)のスキルがどれくらい評価されているのか、評判を調査して、まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

川栄李奈が『A-Studio』の新アシスタントに就任

笑福亭鶴瓶さんがMCを務めるトークバラエティ番組『A-Studio』で、重大発表がありました。

番組を観ていた人なら知っている話ですが、まずは予定通りに、1年間のアシスタントMCを無事務めたemmaさんが番組卒業。

そして、emmaさんが最後に迎えたゲストとして、川栄李奈さんが出演するのです。

そこで、彼女が『A-Studio』の10代目アシスタント就任になったと発表されたのです。

 

長い『A-Studio』の歴史の中で、アシスタントMCを務めた人が、後にゲストとして出演するケースは、過去にもいくつかありました。

  • 本田翼さん(4代目アシスタント、ゲスト回は、2014年12月12日放送時)
  • 波瑠さん(5代目アシスタント、ゲスト回は2016年4月22日)

以上の二人が、後にゲストとして出演。

また、

  • 小泉深雪さん(夫・濱田岳さんがゲスト回の際に、取材ゲストとして写真で出演)
  • 早見あかりさん(ももクロがゲスト回の際に、取材ゲストとして出演)

のように、取材を受けた側として写真上で出演していたケースもあります。

ただし、事前にゲストとして本人が出演し、その後に、アシスタントMCを務めるケースは川栄李奈さんが初めて…

そもそも、まだ芸能人として、それほど知名度が上がっていない女性タレントをアシスタントに据えて知名度を上げてもらう狙いもあったみたい…。

事実、卒業生であるアシスタントMCたちは、その後の芸能活動で大活躍しています。

そんな中、既に女優として活躍している川栄李奈さんが、10代目のアシスタントMCを務めると発表され、多くのファンが衝撃を受けたはず…。

事実上、これで卒業となる、emmaさんと共演し、バトンタッチしたのです。

果たして、鶴瓶さんと、どんな掛け合いをしながらゲストを盛り上げてくれるのか…。

なお、川栄李奈さんがアシスタントMCを務める『A-Studio』初回放送は、2018年4月6日放送からとなっています。

 

川栄李奈の演技力の評判・評価

今ではすっかり女優として舞台はもちろん、映画・ドラマと数々の作品に出演されている川栄李奈さん。

はたして、その演技力はどれほど評価されているのか…。

やはり、現在は女優が本分なだけに、彼女の演技力の評判・評価は気になるところですよね。

 

では、さっそく個人的見解も含めて、川栄李奈さんの演技力の評判・評価をまとめていきたいと思います。

川栄李奈が演技の道を目指したきっかけ

川栄李奈さんが演技の道を志すきっかけとなったのは、

AKB48に加入しバラエティ番組でコントをしたこと

がきっかけでした。

当時、歌もダンスも嫌いだった彼女が、コントを通じて演技し、それが楽しいと思うようになり、そのことを機に演技の道へ…。

そして、AKB48メンバーが多数出演するドラマ『マジすか学園』シリーズに出演。

ただ当初は、演技力云々以前に、演技の経験そのものがほとんどなく、完全なるド素人…。

その評価も、現在とは比べ物にならないくらい酷く、現在でもその当時のことを揶揄して批判するアンチもいるほどです。

吸収力の高さが女優・川栄李奈を創り上げた

しかし、彼女の良さである

何でも吸収するスキル

が、女優業を楽しみながらこなしていくうちに発揮されたのです。

そのことで、多くの監督・共演者が川栄李奈さんの演技を絶賛するようになりました。

 

そのきっかけは、彼女が初主演を務めた深夜ドラマ『セーラーゾンビ』かもしれません。

 

このドラマの企画・総合演出を担当された犬童一心さんは、川栄李奈さんの演技に対して、

「スキルの高い女優さん」

と称賛されていました。

また、TBSドラマ『ごめんね青春!』で共演した、関ジャニ∞の錦戸亮さんも、彼女の演技を絶賛!

舞台『AZUMI 幕末編』の経験は川栄李奈の大きな財産

本格的に女優一本でやっていくだけのスキルが身についたのは、舞台『AZUMI 幕末編』に出演したことが大きなきっかけだったと思います。

舞台は生物ですから、アドリブだって求められることもあり、とっさの状況判断が必要な場面で、彼女は鍛えられ続けた…。

そのことは大きな財産となったはずです。

ちなみにその時の演出を手がけた、演出家・岡村俊一さんは、

覚えるスピードがとにかく早い伸びという点では群を抜いている。

選抜総選挙では16位だったかもしれないけど、演技では日本一の女優。

と彼女の吸収力の高さと、ぐんぐん伸びていく演技力を大絶賛!

そして、NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』にも出演し、一気に女優としての地位を確立していった川栄李奈さん。

ネット上での川栄李奈の演技に対する評価

ネット上でも、多くのファンが川栄李奈さんの演技力の高さを評価されています。

かつての『マジすか学園』~『セーラーゾンビ』までの彼女の演技に関しては、酷評の声もありました。

しかし、それはまだキャリアが少なかった頃の話…。

川栄李奈さんは、演技の天才でも何でもなく、ただ純粋に演技を愛し、多くの経験を積みながら次々吸収していったに過ぎません。

その吸収力が他を圧倒していたからこそ、演技力をメキメキ付けていったのだと思います。

今では、キレキャラも演じられれば、妖艶な演技も、シリアスな演技もこなし、幅広く役を演じきる演技力を身につけています。

元AKBメンバーの中で川栄李奈の演技力No.1は本当?

さて、川栄李奈さんの演技力に対する評価として、元AKB48の中でNo.1という評判も聞かれます。

確かに、彼女の演技力は高いですが、No.1かどうかと聞かれると、その評価は必ずしも一致しているとは言い難いです。

彼女と同じ様に、舞台女優として、大絶賛されている秋元才加さんもいます。

ファンの好みも含めて、評価は大きく分かれると思いますよ。

ただ、一つ言えることは、前田敦子さんや大島優子さんのように、ドラマ・映画を中心に演技してきた人とは演技力が大きく違うこと…。

舞台という、その場で何が起こるかわからない中で演技力が鍛え上げられているわけです。

秋元才加さんにしろ川栄李奈さんにしろ、その演技力は高いはずです。

川栄李奈がNHK大河にも出演

2019年の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に、主演ではないものの、川栄李奈さんが出演します。

このドラマでは、主演を務める中村勘九郎さん・阿部サダヲさんはもちろんのこと、ビートたけしさん、綾瀬はるかさん、杉咲花さんなども出演。

まさに豪華絢爛なキャストが起用され、その中で、川栄李奈さんがどんな演技を見せてくれるのか。

彼女自身、ますます女優として磨きがかかり、多くのファンを魅了してくれることと思えるだけに、期待がどんどん膨らんでいきますね。

 

川栄李奈のMC(トーク)の評判・評価

川栄李奈さんが吸収力の高さを活かし、どんどん演技力を身に付け、演技派女優として絶賛されている話は先程お話ししたとおりです。

しかし、バラエティ番組のMCとなると、演技とはまた別物…。

アシスタントとはいえ、彼女にMCを務めるスキルがあるというのでしょうか。

そこで、実際のところ彼女のトークスキルがどれくらい高いのか、評判・評価を調べてみました。

『A-Studio』のMC笑福亭鶴瓶も絶賛!

実際にA-Studioの収録で共演していた笑福亭鶴瓶さんは、

場数を踏んでいるから“うまい”

さり気なく話を振ったらすっとしゃべるし、黙るべきところやちゃんと黙って邪魔にならないので、すごくやりやすいし、サブと思っていないです。

と、彼女のアシスタントMCとしての立ち居振る舞いを絶賛していた模様。

川栄李奈を進化させたアドリブ力

川栄李奈さんは、AKB48時代の劇場公演で嫌というほどにアドリブトークも経験しているだけに、その辺のところは心得ているのでしょう。

また彼女自身、auの『三太郎』シリーズのテレビCMで、濱田岳さんと共演し、アドリブで面白おかしくCMを盛り上げています。

濱田岳さんといえば、NHK朝ドラ『わろてんか』で、女優・徳永えりさんと夫婦役で出演していますよね。

その掛け合いはまさに漫才そのもの。

台本に沿って演技しているのかと思えば、その多くがアドリブによる演技とのこと…。

徳永さんも、最初はあまりのアドリブの多さに戸惑い、一時は苛つきすぎて

「あなたは、本番意外では全く役に立たない」

と、きつい一言を伝えたこともあったんだとか…。

ちなみに、彼のアドリブ演技は、西田敏行さんとの共演を機に身についたものなんだそうです。

そんな濱田岳さんと恋人役として、川栄李奈さんは出演されているのです。

当然CM撮影中は、アドリブ合戦の連発。

急に濱田さん演じる金太郎が愛の告白をすると、川栄李奈さん演じる織姫がツンデレキャラ化。

調子に乗る金太郎に釘を刺すアドリブで返答するのです。

「彼氏づらすんじゃねぇよ」

というセリフは、完全に川栄李奈さんのアドリブ。

これに濱田さんは、タジタジになってしまったみたいですよ。

そんなアドリブが自由にこなせる川栄李奈さんですから、トーク番組においても、押し引きが感覚で分かるのでしょう。

舞台(ライブ)に強い川栄李奈の適応力

芸人ではないものの、川栄李奈さんも、ある意味、芸人の名MCたちと同じです。

ジャンルこそ、お笑いとアイドル・女優の違いはあるものの、同じ舞台という生きたステージで、さまざまな経験を積んでいることは同じ…。

だからこそ、彼女はMCでも押し引きを理解し、周囲から称賛されるのでしょう。

ネット上での評判は、アンチも多いので賛否分かれるところですが、八方美人では場をコントロールするのは大変です。

相手に気を使いすぎて、何もトークができずでは、全く話にもなりません。

なので時に、

「こいつ、何出しゃばってんだよ!」

なんて、アンチから批判されつつも、それに恐れることなく、状況に応じたトークを展開できる彼女は、まさに適任と言えそうですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

元AKB48の川栄李奈さんが、トーク番組『A-Studio』の2018年4月6日放送分から、アシスタントMCを務めることが決まりました。

『A-Studio』では1年毎にアシスタントMCが変わり、2018年で10年目の放送。

これを迎えるにあたり、川栄李奈さんにオファーがきたそうです。

番組制作スタッフからも期待され、さっそくMCの笑福亭鶴瓶さんを絶賛させるアシスタントぶりを発揮したそうですよ。

演技力においても絶賛されるようになり、今後は、演技派女優でありながらMCを務められるタレントとして、さらなる飛躍が期待できそうです。

川栄李奈さんがアシスタントMCを務める『A-Studio』が楽しみですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-女優

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.