スポーツ

レスリングパワハラ事件の内容まとめ!告発者と栄和人の真実は?

投稿日:

『伊調馨選手に対して行われた』

と言われる栄和人さんのパワハラ事件。

一部で風評被害があるようですが、そんな中、至学館大学の学長が怒りの会見を開くという新展開が見られました。

この会見が支離滅裂な会見だったためか、炎上騒動が巻き起こり、より事態は悪化しているわけです。

単にパワハラ事件だけの問題ではない…。

少なくとも筆者の目にはそのように映っています。

そこで本記事では、今回のレスリング協会で巻き起こったパワハラ事件をまとめながら、告発者と栄和人の真相に迫りたいと思います。

そして、その上で、日本レスリング協会が抱えている本当の闇(問題)を検証していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

レスリングパワハラ事件とは?

栄和人

栄和人

国民栄誉賞をも受賞した吉田沙保里選手や伊調馨選手など、数々のオリンピックメダリストを輩出した、女子レスリングの指導者である栄和人さん。

彼が、日本レスリング協会の強化本部長で、レスリングパワハラ事件の渦中の人物の一人なのは、みなさん知っての通り。

伊調馨選手に対して、練習場所を奪うだけでなく、彼女の指導を受け持っていた田南部力コーチの居場所すら奪ったことで告発状が内閣府に届けられた…。

そのことで、至学館大学の選手にも、いろんな影響が及ぶとんでもない騒動が、巻き起こっています。

至学館大学学長・谷岡郁子の怒りの会見

さて、今回の一件において、現在、両者からの聴き取り調査が行われている段階です。

そんな中、さらなる騒動が巻き起こってしまいました。

その騒動とは、至学館大学の学長で、日本レスリング協会副会長の谷岡郁子さんが怒りの会見を開いたことにあります。

彼女の話によると、今回のパワハラ事件の影響を受けて、至学館大学はかなりの風評被害を受けていて、困惑しているみたいです。

また、至学館大学レスリング部の選手は声を揃えて、今回の一件で栄和人監督が衰弱してしまい、病気になってしまうのでは?と心配しているという声も…。

谷岡郁子の怒りの声は支離滅裂

そういったことをきっかけに、谷岡郁子さんが怒りの会見をしたわけです。

しかし、どうも怒りが沸点に達していたためか、会見内容はおかしい…。

一応、彼女を擁護する言い方をすれば、

『栄和人監督にはパワハラする力なんてない』

と言いたかったのでしょう。

栄監督が率いるレスリングチームの道場、これは彼の個人の物ではありませんから、私が使わせるといえば、伊調馨さんはいつでも使うことが出ます。

 

その程度のパワーしかない人間なんです。栄和人は…

 

パワーのない人間によるパワハラっていうものが一体どういうものなのか私には分かりません。

以上が、この谷岡さんの言葉に凝縮されているような気がしてなりません。

ただ、情報番組でも、取り上げられていましたが、この発言は、栄和人監督に対する言葉の暴力でもあると言えます。

すごく違和感を覚えたことでもあるのですが、なぜパワーのない人間がオリンピックの強化本部長として指導しているのか?

そして、至学館大学のレスリングチームの監督に就任しているのか?

正直なところ、言っていることと、やっていることが、矛盾しているのは否めません。

伊調馨選手に発したパワハラ発言に世間も激怒

さらに、彼女は、伊調馨選手に対しても、

「伊調馨さんは、選手なんですか?」

と記者に問いかけるという、かなりのパワハラを引き起こしています。

彼女自身、火消しのつもりで怒りの会見をしたつもりが、火に油を注いだような結果を招き、ますます話がややこしくなってしまいました。

そして、この会見でますます話題に挙がってしまった影響も出ているのか、伊調選手以外にもセクハラ・パワハラを起こしている証言が次々上がります。

このままいけば、ますます混迷してしまう事態になりかねないと危惧するばかりです。

会見の席では、一連の騒動の発端となった週刊文春に対しても、名誉毀損として訴訟の準備をしていると豪語していましたが…。

果たして、この先どのような事態に陥ってしまうのか。

もはや、ただのパワハラ事件では済まされず、至学館vs週刊文春という戦争が起こりそうですね。

 

告発者・伊調馨vs栄和人の真相

世間では、何かと伊調馨選手側(告発者サイド)と栄和人監督サイドの対決姿勢として、このパワハラ事件が報道されています。

この一件に関しては、現在、両者から聴き取り中で、まだ真相が見えていない…。

ここまでは先程も少し触れたとおりの話です。

ただ、問題はただのパワハラ事件では終わりません。

先程も少し触れましたが、なにやら、

他の元教え子たちもパワハラ・セクハラ被害に遭っていた

と証言しているみたいです。

もちろん、この話が事実かどうかは全く分かっていませんし、混乱が混乱を招いているようにも思えます。

いずれにしても、一つのパワハラ騒動が、とんでもない問題として、のしかかっていくであろうことは、間違いないものと思います。

 

パワハラ疑惑問題の裏に隠れたレスリング協会の闇

世間では、伊調馨選手に対して、日本レスリング協会の栄和人強化本部長によるパワハラの有無について議論されていますよね。

しかし、根本の問題はそんなところではないと考えています。

日本レスリング協会が抱えている闇は、今回のパワハラ疑惑以上に、もっと深刻ではないかと思えてならないのです。

では、一体何が問題となっているのか…。

その根本となる問題を、筆者の見解を交え語っていきたいと思います。

栄和人にパワーがない?

これは、先日の谷岡郁子さんが会見した際に発した言葉にあった話…。

何度もお話ししているように、谷岡さんは、

「栄監督にパワハラする力なんてない」

と言いたかったのでしょう。

確かに至学館大学内での最終的な権限は、学長である彼女にあるわけで、その力がないと言われれば、その通りかもしれません。

しかし、それは学校側の権限であり、レスリングとは何の関係もないところの話です。

日本レスリング協会強化本部長は、他の誰でもない栄和人さんであり、同時に彼は、至学館大学のレスリング部監督です。

そして、女子レスリングにおいては、オリンピック選手として選ばれたほとんどの選手が、至学館大学の関係者ばかり…。

そういう状況が出来上がっている中、影響力がないとは、とてもいいきれません。

栄和人監督に指導してもらいたい一心で、至学館大学を受験している生徒もいるでしょう。

彼の指導を受けて、オリンピック選手になった選手は何人もいます。

なのに、『パワーがない』なんてことは、どう考えてもありえない話です。

大学OBである吉田沙保里選手や伊調馨選手たちなどが、どのように捉えているかは分かりませんが、少なくとも学長がその意識を持っていない…。

これは大きな勘違いであり、大問題だと思います。

パワハラの有無は別問題として、このような認識のズレが起こったままでは、どのみち権力の乱用をしかねませんし、どうしても誤解は生まれますよ。

一強多弱という世界を作ってしまった問題

女子レスリング日本代表でありながら、フタを開けてみれば、ほぼ至学館大学関係の選手たちばかり…。

このような現象に、みなさんはどのような印象を持ちましたか?

少なからずとも日本代表という言葉に、何らかの違和感を覚える人が大半だと思います。

これが、カーリングのように、チームごとに戦って代表を決めているなら、まだ話は分かります。

しかし、レスリングは個人種目で、階級ごとに強化部で選手が選考されています。

もちろん、その選考基準には、一定のルール(例えば全日本選手権で好成績を収めるとか…)はあります。

とはいえ、その基準を至学館の選手以外が絶対にクリアできないことはありえないはず…。

日本全国には、さまざまな大学もひしめいていますし、他の大学などから代表が選ばれてもおかしくありません。

それなのに、至学館大の選手かOBのいずれかのケースがほとんどです。

オリンピック出場選手の中で、唯一至学館と全く関係のない選手といえば、濱口京子さんのみ…。

そんなことが、普通あり得るのでしょうか?

このように、オリンピック代表選手が、至学館大学に集中している珍現象は、レスリングだけです。

そのため、すごい違和感というべきなのか、至学館大学を驚異的存在と見る人も増えてしまっています。

至学館大学による一強多弱がパワハラの原因?

もちろん、至学館が強いことは悪いことはないです。

ただ、一強多弱を作ってしまうことが、変な権力をもたせてしまうことも事実。

その一つの表れが、谷岡さんの会見でも見られましたよね。

至学館大学を離れた伊調馨選手のことを下に見ているのか、

「伊調馨さんは選手なんですか?」

と記者に問いかける有様…。

引退表明した選手に、

「選手なのか?」

と疑問を持つのはまだ分かるとしても、引退表明もしていないのに、

「選手なんですか?」

は、選手を全くリスペクトしていない証拠です。

普通、自分たちの大学が強いんだから何をしても許されると息巻くことはしませんよね。

つまり、オリンピックに出るための近道が、至学館大学でトレーニングすることにあるからこそ、パワハラやセクハラが起こり得てしまうのです。

本当に目を向けるべき問題は日本の女子レスリング部全体の強化

とにかく至学館大学以外が、至学館大学と肩を並べるくらい差を縮めていかなければなりません。

そして、一つの大学の監督・学長が、日本レスリング協会の副会長ならび、強化部の本部長を務めているなんてことがあってはならない…。

その上で、他の大学などにも、強化していく体勢を整えていく必要がある…。

今回の伊調馨選手と栄和人さんのパワハラ問題は、まだまだ解決するまでに時間が掛かるとは思います。

ただ、一側面の問題解決ではなく、真の意味の問題解決のために、日本レスリング協会全体が動いてくれることを願っています。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

伊調馨選手と栄和人さんの間で引き起こされたパワハラ事件に新展開が見られ、至学館大学学長・谷岡郁子さんの怒りの会見が報じられました。

そのことで事件はさらに悪化…。

残念ながら今回のパワハラ事件に関しては、両者の言い分が異なり、まだまだ真相は突き止められていません。

ただ、問題はそこではないでしょう。

過去を見ても分かるように、とにかく至学館大学レスリング部があまりにも強くなりすぎ、そのことで大きな勘違いが生まれたのでは?

今後、ますます波乱を巻き起こしていくような気がしてならないだけに、まずはその動向を見守りたいと思う次第です。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-スポーツ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.