イベント

入学式に出席する母親・保護者におすすめの髪型と服装を紹介

投稿日:

暖かい春の日差しに迎えられ、子どもたちの新生活がいよいよ始まりますね。

そして、子どもたちの新生活最初の行事といえば

『入学式』

子どもたちはドキドキ、ワクワク。

母親(保護者)としては少し心配ではあるものの、大きく羽ばたくこの日をとても楽しみにしているのではないでしょうか。

そんな新生活一発目の行事に、母親(保護者)自ら失敗をしないように、入学式での服装のマナーを調べたので紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

入学式に出席する母親(保護者)におすすめの服装

おすすめの服装

入園式・入学式などの式典では、カジュアルな服装ではなく、

セミフォーマル(略礼服)

で参列するのが一般的です。

とくに人気なのは、春らしく明るい色のスーツ

  • ホワイト
  • ベージュ
  • パステルカラー

などの色が、とても人気があります。

しかし、華やかにしすぎて目立ってしまうことだけはないよう、気を付けてくださいね。

主役はあくまで、子どもたち。

子どもたちより目立つのは、最大のマナー違反

になるようです。

母親の服装パターン1 ジャケット+ワンピース

ジャケット+ワンピース

ジャケット+ワンピース

スカート丈は、ひざ周辺の長さのものが、一番良いとされています。

母親の服装パターン2 ジャケット+スカート

ジャケット+スカート

ジャケット+スカート

こちらのスカート丈も同じです。

短すぎず、長すぎず。

母親の服装パターン3 ジャケット+パンツ

パンツスーツ

パンツスーツ

最近は、パンツスーツの母親(保護者)も多いですね。

動きやすいパンツスーツは、まだ小さい子どもがいる母親などに、人気があるようです。

バッグ

 

黒やベージュなどの落ち着いた色が人気です。

模様が入っていると、カジュアルになってしまうため、できるだけ

シンプルなもの

がおすすめ。

は虫類系のバッグや、キラキラした装飾がついたバッグも控えた方がいいようです。

入学式当日は持ち帰るものが多い場合もあるので、サブバッグがあると便利です。

アクセサリー

昼のフォーマルの場では、

『光る素材のネックレスはつけないのがマナー』

ということで、光らない

パールが一番の人気

となっています。

パールは上品だし、迷った場合はパールをつけると間違いないありません。

1連、2連、3連どれでも大丈夫です。

ブラックパールは喪のイメージが強いため、おすすめしません。

ストッキング

肌に近い色のストッキングが良いです。

色タイツや柄タイツ、黒いストッキングも全てフォーマルな場にふさわしくありませんので、やめた方がいいですね。

インナー

  • ラウンドネック(襟が丸く開いたもの)
  • ボウタイブラウス(襟の部分が蝶結び状になっているもの)

などがおすすめです。

色は、ホワイト・ベージュ・薄いピンクなどが人気です。

 

ラウンドネック

ラウンドネック

 

ボウタイブラウス

ボウタイブラウス

くつ

ベージュや黒、白など、目立たない色であれば問題ありません。

バッグと合わせた色にすると統一感がでていいようです。

コサージュ

 

コサージュを着けるだけで、とても華やかな雰囲気になるのでおすすめです。

生花を使ったコサージュや、ブリザーブドフラワーのコサージュなど、種類はたくさんあります。

しかし真っ黒のコサージュは喪をイメージさせるので、やめた方がいいです。

コサージュを着ける位置は、胸の左上が一般的ですね。

 

卒業式で着た服を入学式で着回す方法

卒業式では、黒・ネイビー・グレーといった落ち着いた色で、シンプルな服装を選ばれる方が多いですよね。

一方、入学式で着るのは明るい色。

この短期間で2つもスーツを新調するにはちょっと、躊躇(ちゅうちょ)しませんか?

ただでさえ、新しい学用品を買いそろえたりで出費がかさむ時期ですよね。

そこで卒業式で着た服を、入学式でも着回す方法を調べました。

卒業式

卒園式

卒業式

ワンピースを着回して、ジャケットだけ変える。

入学式

入学式

ジャケットを着回して、中のワンピースを変える。

入学式

入学式

小物を変える

小物を華やかにするだけでもいけそうですね。

最近は、

卒業式と入学式の両方をセットにしたお値打ちな3点セット

などもありますので、悩んだ場合は一度覗いてみてください。

 

入学式に出席する母親(保護者)のおすすめの髪型

やはり髪型でも、

派手にならないように注意

が必要です。

あまりにも派手で明るい髪の毛の母親(保護者)は、入学式前に色をおさえる人もいます。

一度、まわりの母親にも確認してみた方がいいです。

気が付いたら一人目立つ髪型で、周りの母親に目をつけられることになるかも…。

あと、大きなヘアーアクセサリーも目立ってしまうので、やめた方がいいです。

 

そこで、おすすめは次のような髪型。

入学式の母親の髪型① ハーフアップ

ハーフトップ

ハーフアップ

ボブからロングまで、幅広く手軽にできる髪型ハーフアップ』

簡単なのに、上品にみえるので、どんな場面でも活躍します。

バレッタなどを付けると、華やかさがアップしていいですね。

上の両サイドだけを三つ編みにして、ハーフアップにするアレンジもあります。

入学式の母親の髪型② ギブソンタック

ギブソンタック

ギブソンタック

低い位置で髪の毛をまとめ、とても上品な髪型『ギブソンタック』

フォーマルの場では、欠かせない人気の髪型ですね。

難しそうだけど、意外と簡単なのでおすすめです。

 

入学式に母親(保護者)が着物を着る場合

着物姿で入学式に参列されるママさんは、とても上品な感じがして、すてきですよね。

「いつかは着物を着て入学式に参列してみたいなー」

という母親のために、入学式で着る着物について調べたので紹介します。

まず、着物の種類と格式を紹介しますね。

  • 黒留袖(既婚者の第一礼装)
  • 色留袖(既婚者・未婚者の礼装。五つ紋で第一礼装)
  • 振袖(未婚者の第一礼装)
  • 訪問着
  • 付け下げ
  • 色無地

その他、黒喪服・小紋・紬(つむぎ)・浴衣

最も格が高いのは、正礼装と言われる、黒留袖・色留袖・振袖・喪服です。

そして、入学式にふさわしい着物は、その次に格の高い略礼装

  • 『訪問着』
  • 『付け下げ』
  • 『色無地』

の3つと言われています。

そして、華やかな雰囲気の次の色が人気↓↓

  • ピンク
  • ベージュ
  • 淡いピンク・ブルー・藤色

これで、入学式に着る着物を見つけやすくなったのではないでしょうか。

最近は、ネットで手軽にレンタルもできるので、入学式に着物を着るというのも難しくないようです。

着物レンタル365

着物にあこがれるママさんは、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

入学式の主役は子どもたちなので、

子どもたちよりも目立つ服装・振る舞いは控えた方がよい

です。

目立ちすぎず、しかし華やかで上品な服装を目指しましょう。

入学式の服装ポイント

  • セミフォーマルを着用し、コサージュなどで華やかさをプラス。
  • スーツの色は、春らしく明るい色。ホワイト・ベージュ・パステルピンクなど。
  • 卒園式の服を着回す場合は、暗くなりすぎないよう注意。小物などで明るさをプラス。

これで、新しく始まる生活も問題もなく始めていけるのではないでしょうか。

入学式での子どもたちのにこやかな笑顔

を堪能してきてください。

そして美しい桜と子ども、そしてきれいな服装で一緒に、思い出の写真をぜひ撮ってきてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-イベント

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.