美容・健康

ヘッドホン/イヤホン難聴とは?恐ろしい症状と予防対策を紹介!

投稿日:

ヘッドホンやイヤホンをつけて、音楽や動画などを大音量で聴いている人は、多くいると思います。

でも実は、

ヘッドホンやイヤホンをつけて大音量で音を聴くこと

というのは、非常に危険で、

  • ヘッドホン難聴
  • イヤホン難聴

という難聴になってしまう人が増えているのだと言います。

これには治療法も多くなく、予防をしっかりして、ヘッドホン難聴にならないよう気をつけたいですよね。

では、ヘッドホン難聴やイヤホン難聴とは、どんな症状なのでしょうか?

当記事で、ヘッドホン難聴・イヤホン難聴について紹介していきます。

スポンサーリンク

ヘッドホン難聴・イヤホン難聴とは?

日常的にヘッドホン・イヤホンをして音楽や動画を楽しむ人は多いと思います。

通勤中だったり、通学中の電車の中で音楽を聴きながら、目的地までの時間を潰したり、よくありますよね。

ただ、たまに隣から音漏れが聞こえるくらいの大音量で音楽を聴く人もいるそうです。

音楽は大音量で聴くことが、『気持ちが良い』という話も聞きます。

また、ゲームでも、FPSといったようなジャンルを好む人であれば、足音や物音が重要な要素になるため、ヘッドホンをして音量を高めに設定してプレイするでしょう。

筆者もヘッドホンを利用して音楽を聴く1人です。

ただ、音量としては小さめで聴いているので、大音量で聴いたことはありません。

大きい音量だと不快に感じてしまうところから、この習慣になっているのです。

ただ実は、

ヘッドホンやイヤホンの外にある音が普通に聞こえる程度

に留めて、楽しむ方が健康的にいいのです。

というのも、ヘッドホンやイヤホンで音楽などを大音量で聴き続けていると…。

ヘッドホン難聴・イヤホン難聴

という難聴が起きてしまうからです。

ヘッドホン難聴・イヤホン難聴は、分類としては

音響外傷によって生じる難聴症状

大きな音を聴くことで、内耳の蝸牛の有毛細胞が傷ついてしまうこと

が原因で発生します。

例えばライブやコンサートに行ったとして、耳が痛くなったり耳の聞こえがしばらく悪くなったりすることがあると思います。

それも音響外傷の1つ。

今回話題のヘッドホン難聴・イヤホン難聴に近い症状と言えるでしょう。

有毛細胞が残っていれば、回復していくのですが、これが酷く消耗してしまったり、強烈なダメージを受けてしまうと

回復しなくなってしまいます。

ヘッドホン難聴・イヤホン難聴で生じる症状は、軽度であれば有毛細胞回復するため、

2~3日で戻る

のですが…

難聴の症状が重いと、薬の処方が必要になったり、あまりに重度だったため、もう治らない段階まで進んでしまうことも…。

 

ヘッドホン難聴・イヤホン難聴の症状は?

ヘッドホン難聴・イヤホン難聴で起きる症状は、基本的には難聴と呼ばれるものと同じ症状が発生します。

よくある症状は、

  • 両耳か片耳の聴力が低下
  • 耳鳴り
  • めまい

この3つです。

この全ての症状が発生する人もいれば、1つだけしか発生しない人もいるので、

「この中の1つだけだから、難聴とは違う」

と勝手に判断し、放置しておくのは絶対にやめましょう。

少しでも異常を感じた場合は、耳鼻科にかかることをおすすめします。

 

それにしても『難聴』というと、聞こえにくいだけが症状だと思っていたのですが、耳鳴りやめまいも引き起こすのですね。

どうして難聴でめまいが…と思いましたが、そもそもヘッドホン難聴・イヤホン難聴の場合、内耳が傷ついて生じるものです。

内耳には三半規管など、身体のバランスを整える器官もあるわけです。

その全体である内耳が傷つけば、身体のバランスも悪くなるわけで、難聴とめまいが大きく関係しているのも頷ける話。

そのため、ただ音が聞こえにくくなるだけでなく、めまいが起きやすくなってしまうので、とても危険な症状なのです。

 

では、肝心の、耳の聞こえが悪くなる症状は、ヘッドホン難聴・イヤホン難聴ではどこまで進行するのでしょうか?

難聴の度合いは、正常状態を含めて5段階(難聴自体は4段階)に分類ができます。

難聴の程度区分 聴力 症状
正常 25dB未満 特に問題なし
軽度難聴 25dB~40dB 小さな音や騒音内で、聞き間違いや聞き取りにくくなる
中等度難聴 40dB~70dB 普通の大きさの会話で、聞き間違いや聞き取りにくくなる
高度難聴 70dB~90dB 大きい声、補聴器を着用しないと会話が聞こえなくなる
重度難聴 90dB以上 補聴器でも聞こえないことが多い

このようになっています。

ヘッドホン難聴・イヤホン難聴の場合は、この中の分類では、

軽度~中等度難聴くらい

になることが多く、いきなり重度難聴に陥ることはあまりないそうです。

ただ、遠くから呼ばれても聞こえなかったり、複数人で会話をしていて聞き取りにくくなったりもします。

こうなると、日常生活に支障が出るのは確実。

どう考えてもヘッドホン難聴・イヤホン難聴にはなりたくないものです。

 

ヘッドホン難聴・イヤホン難聴の予防対策は?

ヘッドホン難聴・イヤホン難聴にならないためには、どうすればいいのでしょう?

実は、ヘッドホン難聴・イヤホン難聴には

重度になると治療法が存在しません。

軽度であれば、時間経過や薬の処方でもなんとかなるのですが…。

重度難聴に陥れば、もうこれ以上悪化させないようにするくらいしかできず、回復は絶望的になってしまいます。

そうならないためには、そもそも軽度であろうとヘッドホン難聴・イヤホン難聴にならないことが一番ですよね。

 

そこでヘッドホン難聴・イヤホン難聴の予防対策方法を紹介します。

予防対策をするにあたって、まずは原因を知っておきましょう。

ヘッドホン難聴・イヤホン難聴は、

  • 音量を大きくして聴く
  • 長時間ヘッドホンやイヤホンで聴き続ける
  • 周波数が高い音を聴く

この3つが主な原因です。

逆に言えば、これらをしなければ、ヘッドホン難聴・イヤホン難聴は防げます!

ヘッドホン難聴・イヤホン難聴の予防対策1 音量は上げ過ぎない

大きな音を聴くことが、もっともわかりやすい音響外傷の原因です。

ならば、大きな音で聴かなければいい話ですよね。

例えば、

100dBの音だと、15分以上聴くだけで難聴の危険性がある

と言われています。

100dBというと、

  • 電車が通過している時の高架下(ガード下)
  • 地下鉄の構内
  • 自動車の警笛

これくらいの音のことを指します。

周りの音がうるさいと、自然と音量を上げてしまうでしょう。

それが、ヘッドホン難聴・イヤホン難聴につながるのです。

そういう意味では、大きな音にし過ぎない対策の一環として、

遮音性の高いヘッドホンを使う

ということも、間接的に大きな音を聴かない対策になりますよ。

 

ヘッドホン難聴・イヤホン難聴の予防対策2 長時間聴くのは避ける

たとえ100dBでなくても、長い間ヘッドホン・イヤホンで何かを聴き続けると、それだけでも外傷の原因となります。

適正な音量であっても長時間聴いていたら、それは難聴を引き起こす原因であることには変わりありません。

長時間聴くことは控えましょう。

基本的には、

1時間おきに10分は耳を休ませる

ようにしてください。

連続1時間以上も聴くのは、あまりよくありません。

考え方としては、目と同じ。

1時間ずっと映像を見たら、少し目を休めなさいと言われた経験もあるはずです

耳も目と同じように休憩を与えるべき部位だという認識を忘れずに!

スポンサーリンク

 

まとめ

ヘッドホン難聴、イヤホン難聴は、スマホなどで音楽が聴けるようになり、さらにはBluetoothが発達した現代だからこそ起きうる難聴の1つ。

若者でも発症しやすいため、注意が呼びかけられています。

あまり大きな音で音楽などを聴きすぎず、聞いていても会話ができるレベルまで抑えること。

また、長時間も聴き続けず、1時間おきに5分でいいので耳を休めるなど、自身の耳を労わってくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.