有名人の整形の噂 芸能人

GENKINGの過去から現在を画像比較!整形と性転換手術で別人に!

更新日:

中性的なルックスで芸能活動をしていたGENKINGさん。

 

GENKINGさんは、

「オネエ」「オ◯マ」

と呼ばれることを非常に嫌がり、

『ニューキャマタン』

という造語を生み出しましたよね。

そんなGENKINGさんは、オネエ系の人々や視聴者から批判されることも。

 

2017年には、

性同一性障害

と診断されていたことを公表。

2018年には、

性別適合手術

を受けて、戸籍も女性となりました。

 

今回は、GENKINGさんの過去から現在を画像で比較し、整形と性転換手術で別人になった姿を調査していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

GENKINGの整形を過去から現在の画像で比較!

GENKING

GENKING

名前:GENKING(ゲンキング)

旧名:田中 元輝(たなか げんき)

本名:田中 沙奈(たなか さな)

生年月日:1985年11月18日

生まれ:大分県別府市

出身地:愛知県豊橋市

GENKINGさんは、

物心がついたころから性別に違和感

があったのだそう。

女性ものの服を着たりしていたことから、いじめにあった経験もしてきました。

 

2015年3月1日放送の『行列のできる法律相談所』では

同性愛者

であることをカミングアウトします。

 

2017年1月22日には、インスタグラムで

2016年10月28日に性同一性障害

と診断された診断書を提示。

2018年1月29日に、自著『僕は私を生みました。』の中で

性別適合手術

を受けて戸籍も女性になったことを公表したのです。

 

さらにGENKINGは、本名も

『沙奈さん』

となりましたね。

女性らしくて、可愛い名前です。

 

では、GENKINGさんの過去の画像から現在の画像を比較して整形について調査していきます。

GENKING

GENKING

こちらは、GENKINGさんの男性感が強い画像ですね。

眉毛が細くイケイケなギャル男!

現在のGENKINGさんとは、全然印象が違います。

 

次に、テレビでよく見かけていたころのGENKINGさんです。

GENKING

GENKING

GENKINGといえば、この頃のGENKINGさんのイメージがとても強いです。

テレビ番組に数多く出演していましたよね。

当時は、性転換手術をしておらず、身体は完全に男性でした。

しかし、もともと

華奢でスレンダーなスタイル

だったこともあり、一見すると女性に見えていましたね。

GENKING

GENKING

メイクも、とても清潔感があって綺麗です。

指も長くて、ネイルやアクセサリーもとても似合います。

 

デビュー前の顔画像と比べると、

  • 鼻筋が細くスーッとしている
  • 唇がぽってりしている

ような気がしますが、昔の画像は画質が荒いので、はっきりとは分からないところです。

目はメイクでばっちり囲っているので、昔の画像よりは大きく見えます。

でも、この時点で整形しているのかどうかは、はっきりとは分かりません。

 

そして現在のGENKINGさんがこちら。

GENKING

GENKING

もう、すごく印象が変わりました。

まさに

別人。

海外セレブのような雰囲気がありますね。

 

過去のGENKINGさんの画像と比較して変わっていることは、

  • 目が大きな二重になっている
  • 鼻筋が細く、鼻が高くなっている?
  • 唇の形が変わっている
  • 顎がすっきりよりシャープになっている

というところ。

整形によって、かなり顔が変わっていることが明らかです。

GENKING

GENKING

そして驚きなのが、この画像。

完全に別人

で、昔のGENKINGさんの面影すらありません。

髪色やメイク

が、ギャルっぽいものから落ち着いた雰囲気になっている点も変わりましたね。

GENKING

GENKING

この画像は、矢沢心さんにそっくりだと思いました!

矢沢心

矢沢心

髪型や雰囲気までも似ている感じがします。

もともとの顔だちがなんとなく似ていましたが、GENKINGさんが整形したことによって、さらに似てきたなといった印象です。

 

過去と現在の画像調査の結果、GENKINGさんは整形によって

全くの別人

となっていました。

 

GENKINGの性転換手術後の画像を調査!

GENKINGさんが変わったのには、整形がありますが、もっと大きなことは

性別適合手術・性転換手術

を行ったということ。

 

この手術ではホルモン摂取が身体へ負担となり

大幅に寿命が縮まることもある

と言われたのだそう。

そんな厳しい条件があるにも関わらず、GENKINGさんは

「余命がたとえ1年になったとしても、本来の姿に戻りたい」

と決意しました。

 

術後は、患部と下腹部が痛み、身体は四六時中痙攣しっぱなしで涙を流しながら、痛みと闘ったのだそうです。

GENKINGさんは、入院中の17日間の激痛に耐えて、

女の体=本来の体

になることができたのでした。

本当に生死にかかわる大変な手術だったみたいです。

GENKINGさんはそんな手術を乗り越えて、ついに本来の姿になったのです。

術後の痛みは想像をすることもできないほど、本当に辛く厳しいものだったと思います。

GENKING

GENKING

こちらは性別適合手術後のGENKINGさんです。

女性らしい身体のラインがでるドレスを綺麗に着こなしていますね。

とても似合っていてすごく素敵です。

GENKING

GENKING

こちらはGENKINGさんの誕生日のときの画像。

とても美しいですね!

もともとスレンダーでスタイルのよかったGENKINGさんですが、女性らしい身体のラインになって、ますます綺麗ですよね。

これから本来の身体で、色々なファッションを楽しんでもらいたいものです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、GENKINGさんの過去から現在を画像で比較し、整形と性転換手術で別人になった姿を調査しました。

 

GENKINGさんは、整形によって

  • 目が大きな二重になっている
  • 鼻筋が細く、鼻が高くなっている
  • 唇の形が変わっている
  • 顎がすっきりシャープになっている

という点が変わっていました。

メイクや髪色などの雰囲気も落ち着いた印象になっていましたね。

 

そして、性適合手術・性転換手術によって、

本来の体(女性の身体)

を手に入れましたのです。

 

画像を見る限りでは、女性らしいタイトなドレスも綺麗に着こなして、とても綺麗でしたね。

これから、本来の身体でより人生を楽しんでいってほしいですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-有名人の整形の噂, 芸能人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.