雑学

早生まれの子供のデメリット考察!発達や成長の差で学校は不利?

投稿日:

指を咥える新生児

指を咥える新生児

『早生まれ』について考えたことがありますか?

自分が早生まれだと、子供の頃に他の子よりも物事が上手くできなかった時に気になったり、すでに大人になっている人は自分に子供ができると気になったりするものです。

早生まれだと、生まれた時期によっては遅生まれの子とは、

ほぼ1年の開き

があるので、発達や成長に差が生まれます。

学校に通うようになると、勉強の成績や運動能力にも少なからず差が現れるでしょう。

では、早生まれはいつからいつまでの期間に生まれた人のことを言い、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

そこで今回は、『早生まれ』の定義やデメリット、学校では発達や成長の差が不利になってしまうのかどうかについてお伝えします。

スポンサーリンク

アドセンス

早生まれって何?

『早生まれ』とは、

1月1日から4月1日までの3ヵ月の間に生まれた人

のことを言います。

反対に『遅生まれ』は、

4月2日から12月31日までの9ヵ月の間に生まれた人

のことです。

この基準は小学校に入学する時期である4月に合わせられて考えられています。

1学年の期間が、4月1日から次の年の3月31日までと決められているのです。

 

ですが、ここで疑問があります。

3月31日と4月1日というキリのいい分け方ではなく、4月1日と4月2日という中途半端な違いで学年が変わってしまうことです。

実はこれは、年齢が加算されるルールによって決まっています。

年齢計算に関する法律

年齢が加算されるルールとは『年齢計算に関する法律』という法律です。

この『年齢計算に関する法律』によると、なんと年を取るのは

誕生日の前日の午後12時(24時)

となります。

一般的な感覚では

『誕生日になったら年を取る』

という感じです。

誕生日のお祝いメールやメッセージも日付が変わった瞬間に送ったりしますよね。

ですが、実はその前に年齢そのものは加算されているのです。

なんだか不思議な感じですね。

この『年齢計算に関する法律』があることで、

4月1日生まれでも年を取るのは3月31日で、4月2日生まれだと4月1日に年を取る

ということになります。

だから、早生まれと遅生まれが4月1日と4月2日で分けられていたんですね。

 

早生まれの子供のデメリットとは?

身体の成長が遅い

早生まれのデメリットといえば、やはり身体の成長ではないでしょうか。

小学生の間は、身長も体重も大きく変化する時期です。

遅生まれの子とは、最大で約1年も離れていると体格に大きな違いが出てしまいます。

例えば、中学2年生の男子の場合、遅生まれの子比べると

身長は4.6cm

体重は3.3kg

の差があります。

体力測定では立ち幅跳びで14cm、50m走では0.4秒の差

があるそうです。

最終学歴が低くなる可能性

早生まれと遅生まれは生まれた時期はずれていますが、入学するタイミングが同じです。

なので、学校での勉強が進む速さに違いはありません。

ところが、内閣府経済社会総合研究所が2006年6月に発表した研究報告書によると、誕生月と最終学歴は関連しています。

なんと!早生まれだと最終学歴が低くなってしまうそうなのです。

総務省の就業構造基本調査では、

4年制大学へ進学した人の卒業率は早生まれの人の方が低い

という結果でした。

学校に入学するタイミングが同じでも、生まれた時期の違いによって学歴にも差が出てしまうのですね。

児童手当の損

『児童手当』は、0歳からもらい始めることができ、15歳まで受け取ることができるお金です。

なぜこの児童手当が早生れにとって損なのでしょうか?

それは15歳が終わるまでお金を受け取れるのではなく、

15歳の年度末である3月31日まで

しか手当を受け取れないからです。

15歳の終わりまでもらい続けられるなら、遅生まれの子と比べても合計金額に違いはありません。

しかし、年度末という期限があるので、遅生まれの子より

最大で11ヵ月分

少なくなってしまいます。

12ヵ月分でないのは、子供が生まれて申請した次の月からの受給となるからです。

扶養控除の損

児童手当が支給されるようになってから『扶養控除』は16歳以上が対象になりました。

扶養控除も誕生日から始まれば嬉しいですよね。

しかし、扶養控除は12月31日での年齢で決められます。

なので、12月31日に16歳になっていないと、控除が受けられません。

『扶養控除』は納税者の所得税を控除する制度ですので、課税対象となる期間である

1月1日から12月31日まで

に合わせてあるんですね。

遅生まれの子は、高校1年生のうちからアルバイトをしても控除対象になります。

しかし、早生まれの子が控除対象になるのは高校2年生になってからになります。

早生まれだと遅生まれと比べて、丸1年も損をしてしまうのです。

 

発達や成長の差は学校で不利?

ピカピカの一年生

ピカピカの一年生

知能の発達や成長は3歳から5歳までは生まれてからの期間が短いので、

発達する期間が長い遅生まれの子の方が頭が良い

と言えます。

ただし、小学校に入学する頃には差はなくなるようです。

一方、身長や体重の面では、高校生になるまでは不利になります。

やはり遅生まれの子の方が早く身体が成長するので、体格差によってスポーツでは能力に差が開いてしまうでしょう。

デメリットとしてもお伝えしたとおり、身長や体重、体力測定の結果にも大きな差があります。

生まれた時期が、約1年違うだけでこれほど差があるのに同じ学年だと、早生まれの子が不平等で可哀想に感じてしまいますね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は『早生まれのデメリット』について考察しましたが、いかがでしたでしょうか?

体力や学力は生まれた時期が違う以上、仕方がない部分があります。

しかし、児童手当や扶養控除など、国の制度の不備によって早生まれの人の不利益になってしまうのは残念ですね。

早生まれの本人は、体力や学力について気にしていなくても、親や周りの人が気にすると本人も気にしてしまい、結果、萎縮することにつながってしまいます。

人間には得意なこと、苦手なことがあって当然なのです。

早生まれの子でも勉強やスポーツの能力をちゃんと伸ばしてあげられる社会にしていきたいですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.