野球選手

イチローの年収や年俸はいくら?マリナーズ復帰理由は引退のため?

更新日:

メジャーリーグでのプレーを目指すも、44歳という年齢が壁になり、なかなか獲得先が決まっていなかったイチロー選手。

そのイチロー選手が、古巣マリナーズへの復帰と報道されました!

しかしその一方、メジャーリーグで最初の球団でプレーすることは、ある意味で花道を用意されたとも考えることができ、引退の2文字がちらつくことも…。

果たして、イチロー選手は、これで引退となってしまうのでしょうか?

当記事では、イチロー選手について、マリナーズ復帰の理由や、年俸、さらには年収などイチロー選手情報を紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

イチローが古巣・マリナーズに復帰!

7年連続首位打者

という驚異的な記録を日本プロ野球で残し、その勢いのまま、イチロー選手がメジャーリーグに渡ったのは、2001年のこと。

2018年のシーズンで、もうメジャー18年目を迎えることになります。

しかし、イチロー選手にとってのメジャー18年目は、今までで一番苦難の多かったスタートダッシュになったと思います。

44歳という年齢的もありますが、メジャーの2017年オフのFA市場は、歴史上稀に見る大停滞!

あのダルビッシュ有投手やジェイク・アリエタ投手ですら獲得先がなかなか現れない、もしくはまだ決まっていない状態でしたからね。

現在でも、アリエタ投手やL・リン投手、ムスタカス選手などは、いまだにFA状態なので、かなり異様な事態だと言えます。

こういった30前後のFA選手ですら去就が未定なので、44歳で成績も安定しなくなってきたイチロー選手を獲る球団があるかというと、それは難しい話です。

 

日本では村田修一選手の去就が決まらず、結局独立リーグに行き、そこからプロ野球復帰を目指すことになりました。

イチロー選手にも、似たものを感じていて、

「もしかしたら引退なのかな…」

と、筆者は心のどこかでイチロー選手の引退も頭によぎっていました。

しかし、2018年3月6日に、

イチロー選手が古巣・マリナーズ復帰濃厚

との報道が!

背番号はイチロー選手の代名詞とも言える『51』。

実に6シーズンぶりに、イチロー選手がマリナーズに復帰、その合意になりました。

イチロー選手といえばマリナーズというイメージが強い人も多いでしょうし、シアトルもかなり盛り上がりそうですね。

まぁ、その肝心のシアトルの野球ファンの反応としては賛否両論。

『嬉しい』という声もあれば、『あんな年寄りは今更いらない』という声もあり、何とも言えない雰囲気だそうです…。

 

そういえば、マーリンズでともにプレーした仲のいいゴードン選手もマリナーズに移籍していて、イチロー選手の報道に対し、

「イチは僕の方が好きみたい」

とインスタグラムで大喜びしていましたね。

マリナーズでは、ゴードン選手が外野手へコンバートされる予定なので、今度は同じ外野手でプレーすることになります。

 

さて、マリナーズ復帰が濃厚になったイチロー選手ですが、一体なぜ、マリナーズ復帰となったのでしょうか?

大ベテランの選手の去就先が見つからず、最後に古巣が手を差し伸べたという風に見ると、

引退

という2文字が浮かんでしまいますよね。

果たして、イチロー選手がマリナーズに復帰する理由は、引退なのでしょうか?

 

イチローがマリナーズへ復帰する理由は?

イチロー選手がマリナーズ復帰間近と報道されましたが、果たして、イチロー選手が復帰する理由は何だったのでしょうか?

というのも、メジャー最初のチームに、44歳にして復帰となると、どうしても引退への花道という意味合いにとれてしまいます。

果たして本当にイチロー選手が引退なのか?

 

ただ、これについては安心してください。

表向きには、引退が理由ということではないみたいですよ。

マリナーズがイチロー選手を獲得した理由は、

外野手不足

という部分にあるからです。

実は、マリナーズの外野陣は、ネルソン・クルーズ選手が打撃を活かすため2017年からDHへ。

そして2018年のシーズンは、スタメンクラスだったギャメル選手が故障で、復帰まで4~6週間かかることに…。

センターは先述したコンバートによって外野手となるゴードン選手となるわけですが…。

今のところ、計算できるのがセンターのゴードン選手のみ。

ギャメル選手復帰までの間、マーリンズでは第4の外野手として活躍したイチロー選手に頑張ってもらいたいと考えているようです。

そういう意味合いで、イチロー選手のマリナーズ復帰が決まったわけですね。

つまり、マリナーズはイチロー選手をしばらくの間、

スタメン起用するつもり

で獲得したということですよね。

となると、まだイチロー選手も引退するつもりはなく、挑戦者のつもりで野球に取り組むと思いますよ。

なので、まだ引退の心配はない…と思いたいのですが…。

 

それでも筆者としては、やはりマリナーズは、

マリナーズなりにイチロー選手の引退への花道も作ろうとしている

と考えているのではないかと推測します。

殿堂入り確実なレベルの素晴らしい大ベテランが古巣マリナーズへ復帰…。

この流れが、どうしてもケン・グリフィーJr.の引退までの最後の花道と同じコースを辿っていると考えてしまうんですよね。

奇しくも、ケン・グリフィーJr.は、イチロー選手が憧れた存在。

その憧れの存在と同じコースを進もうとしているあたり、もうイチロー選手を見られるのも、あと1~2年なのかなと感じさせてしまうのです。

50歳まで現役でいたいイチロー選手の目標も見てみたいです。

しかし、ここまで最後にふさわしい花道を用意されると、古巣マリナーズで引退というのも素晴らしいと思えてしまい、見る側としてはどちらがいいのかわからなくなってしまいました。

ただ、全ては成績次第なところもあります。

2018年の成績次第では、2019年も現役を続けられることもあるでしょう。

イチロー選手が引退となるのかどうかは、まずは2018年のシーズンを見てから…。

なので、イチロー選手の引退については、今語ることではないだろうと思います。

可能性自体を考えるならば、イチロー選手本人の気持ちは、引退など全く考えていないでしょう。

事実、2018年も今の今まで耐え忍び、日本復帰を考えずにメジャー球団からの契約を待っていたわけですから…。

 

イチローの年俸推移をチェック!年収はいくら?

イチロー選手というと、日本で一番成功したメジャーリーガーという印象があります。

そして、メジャーリーガーと言えば、すさまじい年俸ですよね。

日本プロ野球とは比べ物にならない大型契約が多く、やっぱりメジャーリーグは格が違うなと、金銭面でも感じさせられます。

そこで、イチロー選手の年俸の推移も調べてみました。

イチローの年俸推移

日本時代

1992年 430万円(契約金4,000万円)

1993年 800万円

1994年 800万円

1995年 8,000万円

1996年 1億6,000万円

1997年 2億6,000万円

1998年 4億3,000万円

1999年 5億円

2000年 5億3,000万円

メジャーリーグ時代

2001年 約5億6,666万円

2002年 約3億6,960万円

2003年 約4億6,666万円

2004年 約6億5,000万円

2005年 約12億5,000万円

2006年 約12億5,000万円

2007年 約12億5,000万円

2008年 約18億円

2009年 約18億円

2010年 約18億円

2011年 約18億円

2012年 約18億円

2013年 約6億5,000万円

2014年 約6億5,000万円

2015年 約2億4,000万円

2016年 約2億4,000万円

2017年 約2億4,000万円

2018年 8,000万円+出来高(合計2億1,000万円)

マリナーズとの契約となったイチロー選手ですが、当初の情報ではメジャー選手で最低の年俸5,780万円でした。

しかし、その後の調査によると、年俸8,000万円で出来高プラスαで2億円以上になるとか。(実質と前年と大きくは変わらない)

ただ、おそらくは日本に復帰すれば、これ以上の年俸も見込めたと思いますが、やはりメジャー志向が強いというわけですね。

 

さて、こう見ると、メジャーリーグ時代は、すさまじい年俸になっていますね。

最高で18億円…。

これまでの年俸を合わせれば100億は軽く超えています。

さらにここに、イチロー選手の場合はユンケルやオリックスのCMなども入ってきます。

そして、イチロー選手のCMのギャラは、

約1億円

だと言われているため、これにさらに億単位でプラスされることになります。

さらにすごいのは、この1億円ほどのギャラ、実は1本なんですよね。

つまり、イチロー選手が出演しているすべてのCMを合わせたギャラが1億なのではなく、1社のCMが1億なのです。

そしてイチロー選手はオリックスのCMやキリンビールのCMなど、2桁のCMに出演しています。

なので、軽く10億円以上はCMのギャラで年間得ている計算になるのです。

そのため、イチロー選手の現在の年収自体、

軽く10億円を超えている

と見てよさそうです。

ちなみに、全盛期のイチロー選手の年収は2010年。

なんと年収32億円!

年俸の18億円に、スポンサー料などで14億円を手にしていたわけです。

世界を代表するアスリートは、ほぼセレブと言って間違いないと、改めて手にしているお金の凄まじさを感じさせられた次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

去就が長らく決まらなかったイチロー選手。

結局、古巣マリナーズ復帰。

このままいけば、2018年のイチロー選手はマリナーズでプレーすることとなります。

イチロー選手本人としては、目標の50歳までのプレーをするため、引退という2文字は全く頭にないと思います。

しかし、マリナーズがイチロー選手のために花道を用意したとも考えることができ、われわれファンはどうしても引退を考えてしまいます。

イチロー選手ほどであれば、自分の引き際は自分が一番わかっているはず…。

イチロー選手自身から、その2文字が語られない限り、引退ということはまずありえないでしょう。

ひとまず最低でも、まだ1~2年はメジャーリーグでイチロー選手の活躍を見ることができると思います。

もしかしたら、3~4年後も、メジャーリーグのグラウンドを駆けめぐるイチロー選手の姿を見られるかもしれませんね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-野球選手

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.