スポーツ

濱田美栄(宮原知子のコーチ)の経歴とクラッシャー指導の評判を調査

投稿日:

浅田真央さん、高橋大輔さん、羽生結弦さんなどなど。

フィギュアスケート界を牽引する選手(元選手も含めて…)の活躍は、めまぐるしいですよね。

しかし、その裏では山田満知子コーチを筆頭に、彼ら・彼女らを支えるコーチの奮闘も大きな力となっています。

さて、そんな陰で支えているコーチの一人として、宮原知子選手や、過去には本田真凜選手を育ててきた濱田美栄コーチが、注目されているそうです。

そこで本記事では、濱田美栄コーチの経歴や評判・評価を探り、また一部で囁かれている彼女の指導法の是非について、まとめていきます。

アドセンス

スポンサーリンク

濱田美栄コーチの経歴

宮原知子と濱田美栄

宮原知子と濱田美栄

みなさんは、『濱田美栄』というフィギュアスケートのコーチを知っていますか?

平昌五輪を通じて、話題になっていた話も耳にしますので、すでに知っている人も多いかもしれませんね。

濱田美栄コーチは、現在、宮原知子選手、過去には本田真凜選手のコーチに就くなど、有名フィギュアスケーターを育てています。

平昌五輪では宮原知子選手が、日本女子の歴代最高得点を塗り替える222.38点をマーク。

最終的には、4位に付ける活躍を見せていますよね。

残念ながらメダルには届きませんでしたが、次に繋がる演技だったように思います。

濱田美栄コーチの経歴・プロフィール

さて、そんな濱田美栄コーチは、

生年月日:1959年10月29日(58歳)

出身:京都府京都市

の元フィギュアスケーター。

彼女がフィギュアスケートをはじめたのが小学校3年の頃の話。

2年後には、関西のフィギュアスケートの大会で優勝。

中学時代には全日本選手権に出場するなど才能を開花させていました。

しかし、才能があるといっても、関西という狭いエリアの中での話。

全日本に視野を広げてみると、既に全日本8連覇を成し遂げた渡部絵美さんがいたのです。

まさに『上には上がいる』世界をまざまざと魅せつけられ、彼女は同志社大学卒業とともに選手を辞め、コーチ業へ転身。

その後、数々の教え子たちを世界に輩出。

プライベートでは、素敵な男性と結婚し、1994年に長女を出産しているみたいです。

ジュニアの育成に実績を持つ濱田美栄コーチ

結婚相手や娘のことなどの詳しい話は掴めませんでしたが、一人の母として、またフィギュアスケートのコーチとして、多くの子供たちを育てています。

コーチとしての実績としては、

『ジュニアの子供の育て方がうまい』

と言われています。

しかし、シニア選手に対しては、なかなか思うような結果を出せていません。

宮原知子選手にしても、怪我に苦しむ日々が訪れていました。

ただ、その怪我を乗り越えての平昌五輪での4位は素晴らしい結果です。

それでもメダルには手が届かず…。

厳しい世界といえばそれまでですが、コーチとしての一つの課題となっているのかもしれませんね。

濱田美栄コーチの教え子たち

ちなみに、濱田美栄コーチが指導してきた選手をみると、有名な選手が何人もいます。

  • 宮原知子
  • 本田真凜(2018年3月31日まで)
  • 白岩優奈
  • 紀平梨花

など、次世代を期待されている選手達ばかり…。

彼女らが、濱田美栄コーチに師事を仰いでいることでもわかるように、ジュニアの指導には定評があるのです。

ぜひ、次世代を背負えるような素晴らしいフィギュアスケーターを育て、世界に輩出していってほしいですね。

 

濱田美栄コーチへの評価・評判

宮原知子選手を平昌五輪4位に入賞させるなど、名だたる教え子を輩出。

一部から高評価を得ている濱田美栄コーチ。

自身のフィギュアスケート選手としての実績は、羽生結弦選手や、浅田真央さんのように、それほど輝かしいものではありませんでした。

しかし、コーチとして、どのように後進を指導していくべきか徹底的に研究し、そのノウハウを身に付け、多くの選手を指導してきています。

基本的には基礎からみっちり指導。

とにかく我慢させることを覚えさせる指導法

とのこと…

その上で、

従順になんでも素直に聞く子には、ちゃんと指導する

というスタンスを持っているそうです。

では、濱田美栄コーチの実績に対して、世間の評判・評価は、どうなっているのでしょうか。

濱田美栄コーチへの評価・評判は賛否両論

そこで、実際の濱田美栄コーチに対する評価・評判を調べてみると、決して声を揃えて絶賛しているわけではないことが判明。

もちろん彼女の評価がすこぶる悪いわけではありません。

まさに賛否が分かれているのです。

その理由に関して、また彼女の指導法の是非に関しては、このあとに、お話ししていきます。

なんにしても、肯定派・否定派に分かれてしまう現状のようです。

 

濱田美栄コーチの指導法の是非

濱田美栄コーチの指導法について、評判が賛否分かれるとお話ししました。

選手に怪我を負わせるほどの厳しさを持ち、

『クラッシャー』

と呼ばれている反面、多くの教え子が彼女の師事を仰いでいる。

そのことが、賛否が大きく分かれている大きな要因ではあります。

さらに付け加えるなら、結果が出ていないことも影響しているように思えますね。

クラッシャーと呼ばれる指導法で教え子に怪我が多い

濱田美栄コーチは、教え子に”怪我が多い”ことから『クラッシャー』という不名誉なあだ名がついてしまっています。

ネットユーザーから彼女は、

ジュニアの指導は成功

しているが、

シニアになると生徒が怪我で大成できない

と言われています。

ジュニアからシニアになるときに

  • 骨格が変わる
  • 体の柔軟性が変わる

と、体が変化しますよね。

こうした中で、ジュニア時代は怪我をしていなかった生徒が、シニアになって怪我をして結果を残せないことになってしまっているようです。

 

しかし、怪我の原因がすべて”濱田美栄コーチのせいだ”というのは、言い過ぎではないでしょうか。

スポーツ選手には怪我はつきものです。

体の変化によって怪我をしてしまう選手は、濱田美栄コーチの生徒ばかりではないです。

濱田美栄コーチが必要以上に叩かれるのは、

将来有望と言われていた教え子たちの怪我が続いたこと

にあると思われます。

つまりこのことは、

将来有望と言われるような優秀な生徒をたくさん育てている

というコーチとしての実力があることも示しています。

しかし、ジュニアで成功してシニアでは結果がでないことを言い換えれば

『体格ができる前のジュニア世代までしか育てられない』

ということになり、そのような評判も聞かれます。

教え子が五輪で結果(メダル獲得)を出せていない現実

もちろん、結果だけが全てではないでしょう。

しかし実際問題、濱田美栄コーチの師事を受けた選手が、五輪でメダルを獲ったことはありません。

グランプリシリーズなどでメダルを獲る選手はもちろんいます。

しかし、グランプリシリーズは毎年開催されています。

当然、メダルを取るチャンスもオリンピックの4倍もあります。

それだけメダルを獲るチャンスが多いわけですから、結果は出せて当然と見ているファンが多いのでしょう。

もし、そこで結果を出せないと、それこそ大問題ですし、師事を求める選手も激減してしまうはず…。

濱田美栄コーチがオリンピックメダリストを輩出できない理由

では、なぜ濱田美栄コーチの指導がシニア世代で通用していないと思えるのか…。

それは、ひとえに根性論や我慢をさせて育てることの限界ではないかと思うのです。

もちろん、根性や我慢をすることも必要です。

しかし、全ての根底にそれがあった場合、選手のモチベーションは上がっていくでしょうか?

村上佳菜子の山田満知子コーチの場合

これは、村上佳菜子選手が、山田満知子コーチに師事を仰いでいた頃の話です。

彼女は、3歳の頃から姉の影響を受けてフィギュアスケートをはじめていますが、当初は母に言われて嫌々やっていたそうです。

それが山田コーチと出会い、その指導を受けて変わったのです。

小学校3年生の頃にジャンプが飛べて拍手してもらったとこに喜びが忘れられず、のめり込んでいった…。

軍隊方式の指導法では通用しない現代社会

もはや軍隊方式の指導法は通用せず、ただ選手のモチベーションが下がるだけでしょう。

なので、五輪メダルという結果も出せず、その上、怪我までさせてしまって、我慢・従順さだけを求めていたとしたら…。

濱田美栄コーチの指導法は、あさっての方向に進んでいる可能性も…。

濱田美栄コーチの指導には愛も

しかし、濱田美栄コーチは、根底に我慢や従順さを求めながらも、決してそれだけではなさそうです。

あの宮原知子選手や本田真凜選手などが、彼女の師事を仰いでいるわけです。

そのことを見ても、明らかなメチャクチャな指導を受けているとは思えません。

あれほど賢くスキルのある選手が、もし根性論や我慢・従順さだけを求められ、事あるごとに罵倒を受けていたとしたら…。

すぐに指導者を変えていることでしょう。

厳しさは持っていますし、時にそれが怪我を生んでしまうこともあるとは思います。

その裏には、ちゃんと愛を持って指導されている…。

そして、褒めるべきところは、しっかり褒めて伸ばしてくれるのでしょう。

だからこそ、賛否両論ではあるものの、濱田美栄コーチに高い支持をする人もいれば、酷評する人もいる現状に繋がっています。

濱田美栄コーチの指導法の賛否は結果・見え方の違い

基本的に『指導』は、一言で簡単に片付けられるものではありません。

濱田美栄コーチは、選手を指導するにあたって、自分自身も追い込んで、何が正しい指導法なのか徹底的に研究しながら指導しているそうです。

そのことからも分かるように、ただ怒鳴ってけなして指導しているだけでは、結果なんてついてきません。

現在は、シニアの部での結果が出ていないことで、評価・評判は賛否真っ二つに分かれています。

だからこそ、選手とともに濱田美栄コーチも成長し、なんとか五輪メダリストを自身の手で育てていけるようになって欲しいですね。

本田真凜が濱田美栄コーチからラファエル・アルトゥニアンにコーチ変更

2018年4月に、本田真凛選手は幼少時代から師事した濱田美栄コーチの元を離れて

ラファエル・アルトゥニアンコーチ

にコーチ変更をしています。

ラファエル・アルトゥニアンコーチは

2006年夏~2008年まで浅田真央選手のコーチ

を務めていた名コーチ。

気になるのは、なぜ幼少時代から師事したコーチを変更したのかという点です。

実は

濱田美栄コーチと本田真凛選手の不仲説

が囁かれているんですよね。

さきほどもお話した通り、濱田美栄コーチの指導法が厳しいという話ですが

とくに本田真凛選手に対しては、かなり厳しかった

と言われています。

濱田美栄コーチは、本田真凛選手について

「きちっとした練習ができていない」

「凄く甘い」

「練習が合格点をつけられない」

「人間は絶対に失敗をするのにその後のリカバーをする練習をしない」

「メディアのみなさんも、あの子に甘すぎる」

「真凜が勘違いしてしまうのが怖い」

と、かなり厳しい言葉で語っていました。

 

本田真凛選手は、タレントとしても活動していて、オリンピックシーズンにテレビCMに出演したりしていました。

これによって、

「練習に集中ができていないのではないか?」

と感じた人も多くいたようですね。

そうした中で濱田美栄コーチは、本田真凛選手に

「もっと練習してほしい」

と注文をつけていたのです。

濱田美栄コーチの練習量が多いのか?

本当に本田真凛選手の練習不足なのか?

この点については、わかっていません。

しかし、本田真凛選手は、あまり結果を出せていない今の現状を変えるために、コーチを変更したと考えることが自然でしょうね。

スポンサーリンク

アドセンス

まとめ

宮原知子選手、過去には本田真凜選手を指導してきた濱田美栄コーチ。

彼女の現役時代は、それほど輝かしい実績は残せていません。

そして、コーチとしても、ジュニアの部では実績を残しながら、シニアの部では五輪メダリストは誕生していません。

もちろん五輪でメダルをとることは難しい話です。

ただ、どうしても結果が見えていない以上、濱田美栄コーチの指導に対する評価・評判は賛否が分かれてしまいます。

実際に厳しい指導法で、我慢と従順さを求めているところもあり、さらには、けが人も増えているので賛否が分かれるのも、理解できます。

だからこそ、周囲を黙らせるほどの結果を見せられるよう、今後の濱田美栄コーチの手腕に期待したいところですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-スポーツ

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.