テレビ

ドクターXの続編(ドラマ6期シーズン)はいつ?米倉涼子が拒否の噂も

投稿日:

「私失敗しないので…」

が、代名詞となって大ヒットしたドラマ『ドクターX』シリーズ。

このドラマの主演を務めているのが女優・米倉涼子さんであることは、みなさん知っている話ですよね。

第5期シーズンでは、後腹膜肉腫による余命三ヶ月を通告され、これで完全終了となるのかと思いきや見事に復活…。

多くのファンは続編(第6期シーズン)を期待しているそうですが、一方で主演の米倉涼子さんが難色を示しているんだとか…。

一体どういう理由で、彼女が難色を示しているのか。

また『ドクターX』の続編(第6期シーズン)放送の予定はいつになるのか、本記事で探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

早くもドクターX続編(第6期シーズン)待望の声

2017年10月期のドラマとして放送された、人気ドラマシリーズ『ドクターX』の第5期シーズン。

その平均視聴率は、なんと20.87%。

同時期に放送された池井戸潤先生原作ドラマ『陸王』をも超える20%超えと大人気でしたね。

もちろん、同時間ではなかったとは言え、相手は日曜夜21:00という絶好の時間帯。

対して『ドクターX』は、木曜21:00枠と平日の放送と分が悪い…。

このことは、あるアンケート調査でも明らかにされている事実であり、本来ならばドラマ『陸王』が視聴率で上をいってもおかしくはなかったのです。

一方は大人気シリーズ作品、一方は池井戸潤先生原作の作品…。

どちらも、間違いなく視聴率の取れるドラマ作品であることに違いありません。

しかし、フタを開けてみれば、『陸王』の16.00%に対し、『ドクターX』は20.87%。

完全なる『ドクターX』の圧勝と言ってもいいでしょう。

 

大人気ドラマ『ドクターX』の迎えたピンチ

そんな大人気シリーズ作品として描かれた第5期シーズンでは、米倉涼子さん演じる大門未知子に後腹膜肉腫(ステージ3)が発症。

余命3ヶ月という宣告まで受け、

「これで(ドクターXが)最後になるのか?」

と、心配するファンの声も非常に多かったと聞きます。

『ドクターX』の大門未知子がピンチ大脱出!

しかし、手術を受けた大門未知子は、最終回のラストシーンで、キューバ・クバナカン医科大学の教壇に立ち、手術室に入っていくシーンが描かれます。

そうなんです!

大門未知子は、この生命を失うかもしれない大ピンチを乗り越えたのです。

もちろん、これはドラマ上の設定であり、はじめから脚本上で演出されたシーンです。

なので、ドラマ『ドクターX』のピンチというのとは、少しニュアンスも異なるかとは思います。

ただ、視聴者の心理としては、最後の最後までどうなるか分からず、『ドクターX』完結のピンチと感じていたことは間違いありません。

その点において、ファンを安堵させる大きな展開で、第5期シーズンは幕を閉じたと言えるでしょう。

大門未知子生還から続編(第6期シーズン)への期待

そして、安堵できたからこそ、

『続編が見たい』

と、『ドクターX』続編(第6期シーズン)の声をあげはじめたわけ。

打ち切りを示唆されているドラマも多数ひしめいている中、これだけ続編が望まれているとは…。

まさにドラマ制作サイドにとっては、泣きたくなるくらいに、うれしいことだと思いますよ。

やはりファンの声があるわけですから、なんとか続編を完成させ、視聴者の下に届けてほしいと願うばかりです。

 

『ドクターX』の続編(第6期シーズン)に難色な理由

米倉涼子

米倉涼子

ドラマ『ドクターX』第5期シーズンが、爆発的ヒットし、今もなお、続編(第6期シーズン)を待望する声が止まない状況が続いています。

なにやら一部では、『ドクターX』続編(第6期シーズン)の制作に難色を示す声も聞かれているようです。

では、『ドクターX』の続編に難色を示している理由とは一体何なのか?

その理由・原因を探ってみたところ、以外にも難色を示しているのが、他ならぬ主演の米倉涼子さんだという話なのです。

『ドクターX』は米倉涼子の足かせ?

どうやら彼女としてみれば、『他の役も演じたい』と考えているそうです。

とくに海外(ブロードウェイ・ハリウッド)での活動もしたいため、『ドクターX』は足かせになるみたい…。

なぜ『ドクターX』が足かせになるのか…。

その理由は大きく二つあると言われています。

大門未知子のイメージに縛られる

一つは、一つのキャラで印象づけられたイメージが定着してしまうと、そのキャラに縛られてしまいます。

そして、他のタイプのキャラが演じられなくなってしまうため、ある種の足かせと捉えているのではないかという考え…。

たしかにイメージに縛られる点においては、悪女キャラとしてブレイクした菜々緒さんを見れば一目瞭然です。

実際に、菜々緒さんは、悪女キャラとして強烈なインパクトをファンに与えてきました。

そのことは、決して悪いことではありません。

しかし、同時に、明るく優しいキャラクターや、清純派なキャラクターは演じられなくなってしまいます。

米倉涼子さんは、ゆくゆくはハリウッド進出も考えているそうです。

その中で、演じる役に制限が課せられてしまうのは、支障をきたしてしまいます。

そのため、これ以上『ドクターX』は続けられないと難色を示しているのでしょう。

ハリウッドやブロードウェイに時間を取られる

さきほどの話のとおり、米倉涼子さんは海外進出を考えています。

しかし、海外進出するとなると、撮影期間など現地に長期滞在が求められてしまいます。

そんな中『ドクターX』の続編(第6期シーズン)のオファーを受けてしまうと、海外に長期滞在できなくなってしまいます。

結果、ハリウッド進出もブロードウェイの舞台に立つこともできなくなるかも…。

そのことを危惧して、難色を示しているのではないかと思います。

 

以上が、米倉涼子さんが『ドクターX』の続編(第6期シーズン)に否定的な主な理由と見ていいでしょう。

あくまで『ドクターX』は、米倉涼子さんあっての作品です。

彼女が出演オファーを受けない限り前には進めません。

それだけに、現時点では、なかなか続編は難しいと言わざるを得ないでしょうね。

 

ドクターXの続編(第6期シーズン)の放送はいつ?

さて、『ドクターX』の続編ですが、現時点では、見通しが立っていません。

ただ、決して米倉涼子さんが『ドクターX』を嫌っているわけではなく、

  • イメージに縛られないこと
  • ハリウッド・ブロードウェイに支障がないこと

この二つの条件にさえクリアしていれば、問題はないと考えている様子が伺えます。

そのことを考えると、2~3年後なら続編の可能性は高まるでしょう。

つまり、『ドクターX』の続編(第6期シーズン)は、

2020年前後

ということになるのではないかと思われます。

これはあくまで予想であり、本当にこうなるかどうかは分かりません。

ただ、続編(第6期シーズン)の可能性がゼロであるわけではないだけに、期待しながら、その動向を見守りたい次第です。

スポンサーリンク

 

まとめ

『ドクターX』の視聴者たちから、続編(第6期シーズン)を望む声は高まっています。

しかし残念ながら、その予定はなさそうです。

理由としては、主演の米倉涼子さんが、

  • 大門未知子のイメージに縛られたくない
  • 海外志向が強く、他の撮影で海外進出の支障をきたしたくない

この2つの理由が大きく影響していたとのこと…。

ただ、決して『ドクターX』を嫌っているわけでもありません。

今後、これらの問題点がクリアできれば、『ドクターX』の続編(第6期シーズン)のオファーに応じてくれるはず。

そういった意味で、2~3年後にはまた、『ドクターX』が観られると信じて、その動向に注目したいと思う次第です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-テレビ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.