意味の違い

ウインナーとソーセージとフランクフルトの違いをチェック!

投稿日:

近年の日本人の食生活は変化し、洋食化が進みつつあります。

朝食にはパンに目玉焼き、昼食にはファーストフード、また夕食には焼肉やバーベキューなど。

昔と比べて油や肉類を食べる割合が増えてきました。

そして、ひとくちに肉類といってもいろいろあります。

とくに食べる機会が多い肉はウインナーではないでしょうか?

ウインナーは、焼いても茹でてもおいしく食べることができる手軽で便利な食材です。

でも、ここで疑問になってくるのは、

「ウインナーと同じような形をしているソーセージやフランクフルト。この違いは何があるの?」

という点だと思うのです。

そこで、この記事ではウインナーとソーセージとフランクフルトの違いについてチェックしていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

ウインナーとソーセージの違いとは?

お弁当のおかずやバーベキューなど、よく使われる食材といえばウインナーですね。

スーパーに行けば、さまざまなメーカーからたくさんの種類のウインナーが売られています。

それではウインナーとソーセージの違いとは何でしょうか?結論から言いますと、

実は

ウインナーとはソーセージの一種

なのです。

まずソーセージとは、豚肉や牛肉などの畜肉を細切りにして、香辛料と練り合わせます。

そして、主に動物の腸などで作った薄い膜上の袋であるケーシングに詰めた食肉加工品を一般に『ソーセージ』と呼んでいるのです。

 

一方、ウインナーは豚肉や牛肉を塩漬けしたものにブラックペッパーなどの香辛料などを加えて練り合わせています。

その後、

『羊の腸で作ったケーシングに詰めたもの、もしくは太さが20ミリメートル未満のもの』

をウインナーと呼ぶのです。

これはJAS(日本農林規格)で決められており、正式名称は

ウインナーソーセージ

と呼びます。

また、ウインナーの語源はオーストリアのウィーンが発祥地であることから、『ウィーン風の』という意味で名付けられたのです。

 

フランクフルトとソーセージの違いとは?

お祭りの屋台やコンビニのホットスナックコーナーで良く見かけるフランクフルト

焼きたてにケチャップやマスタードをつけて食べると、あふれる肉汁と相まって何とも言えない味わいになりますよね。

それではフランクフルトとソーセージとの違いは何でしょうか?

やはりウインナー同様、

フランクフルトもソーセージの一種

になります。

こちらもJASによって、

『豚の腸で作ったケーシング、または太さが20ミリメートル以上36ミリメートル未満のもの』

と決められています。

そして、正式名称はフランクフルトソーセージと呼びます。

また、フランクフルトの語源はドイツのフランクフルト地方に由来しているのです。

 

他にもあるソーセージの種類

ウインナーとフランクフルト、どちらもソーセージの一種であることが分かりました。

ただ、この2つ以外にもソーセージはあるのです。

例えば、お中元やお歳暮などのギフトに良く用いられるとても太いソーセージ。

これはボロニアソーセージといい、

『牛の腸に詰めたもの、もしくは太さが36ミリメートル以上のもの』

と、これもJASで決められております。

こちらもイタリアのボローニャ地方から名前が付けられたのです。

また、原料の肉のうち、魚肉及び鯨肉の割合が50パーセント以上のものを、魚肉ソーセージと呼びます。

他にも保存性を高めるため、乾燥させて水分を少なくしたソーセージをドライソーセージと呼びます。

有名なものは、牛肉・豚肉を使用したイタリア発祥のサラミ、牛肉・豚肉・鶏肉を使用したロシア発祥のカルパスなどが挙げられます。

そして、細かく刻んだ豚肉とスパイスから作られる豚の腸詰めでスペインのイベリア半島発祥のチョリソも有名ですね。

 

ソーセージの『腸』には人工の腸も!

ソーセージが世界的に広がり、多くの国で消費されるようになると、ソーセージ作りに必要なケーシングを作る腸が足りなくなってきました。

これ以上生産するには、食肉として処理するよりも多くの動物から腸を取らなくてはならない事になってしまいます。

しかし、現在は科学技術の進歩によって、動物の腸の代わりになる物が発明されました。

野菜や果物などに含まれる天然の食物繊維であるセルロースや、天然のタンパク質を原料とした『人工ケーシング』が開発されたのです。

動物の腸から作られる天然のケーシングと比べて、衛生面やコスト面において有利な事が多くあります。

よって、今は多くのソーセージ作りにおいて人工ケーシングが用いられるようになったのです。

 

ソーセージを用いたことわざ

『秋茄子は嫁に食わすな』『腐っても鯛』など、食材を用いたことわざが日本には多くあります。

同じように、海外ではソーセージを用いたことわざがあるのです。

 

『ソーセージの中身は肉屋と神様しか知らない』

真実とは当事者以外には分からないものなので、むやみに他人の言葉を信じてだまされないようにという意味です。

 

『ソーセージと法律は作る過程を見ない方がいい』

どんなにきれいにまとまった良い政策でも、その立法過程は根回しなどで、醜いものであるという意味です。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

以上から、ウインナーとソーセージとフランクフルトとの違いをまとめると、

  • ウインナーもフランクフルトも原料や製造方法が同じソーセージ、違いはケーシングの種類と直径の太さ
  • ウインナーは、羊の腸または太さが直径20ミリメートル未満の人工ケーシングに詰めて加工したもの
  • フランクフルトは、豚の腸または太さが直径20ミリメートル以上36ミリメートル未満の人工ケーシングに詰めて加工したもの

であることが分かりました。

他にも、ボロニア、魚肉、サラミ、カルパスやチョリソなど様々な種類のソーセージがあることも分かりました。

ソーセージの世界はなかなか奥が深いのですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-意味の違い

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.