お笑い芸人

チャーミング(お笑いコンビ)解散の理由とは?2人の仲・関係を考察

投稿日:

お笑いコンビというのは、いつどこで解散があるかわかりません。

コンビとして全く芽が出ず、そのままずるずると続けることもあれば、数年でスパッと解散することもある…。

そんなビジネス的な関係が多いのです。

そしてまた、新たにある1つのお笑いコンビが解散となりました。

それが、お笑いコンビ『チャーミング』。

正直、名前も聞いたことがないようなお笑いコンビだったのですが、実はコンビを組んでもう14年になる中堅コンビ。

それがなぜ、今になって解散するのでしょうか?

当記事では、チャーミングの解散理由について、2人の仲や関係を探りながら考察していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

お笑いコンビ・チャーミングとは?

まず、お笑いコンビ・チャーミングについて紹介しましょう。

正直、チャーミングと言われても、

「誰?」

というコメントが多いと思います。

事実、ヤフーニュースのコメント欄でも、

「誰だ?」

「全然聞いたことない」

「こんなコンビいたんだ」

と言われている始末…

お笑いファンであれば、ある程度知っている人ではあると思います。

しかし、お笑いファンであれば誰でも知っているというほどでもなさそう。

一応、『キングオブコント』では2度準決勝まで進むも敗退…

という実績持ちですが…。

 

簡単に言えば、野球ファンでも、自分のとくに応援しているチームではないチームの育成選手の名前は全くわからない…

というようなものですね。

比較的有名である井上二郎さんも、筆者は同じ名前のNHKアナウンサーが最初に浮かんでしまったほどなので…(笑

どちらかというと、『芸人生活』の作者の井上二郎さんがいるコンビ…と言った方がわかる人が多いかもしれないくらい。

 

そんなチャーミングは、井上二郎さん、野田航裕さんからなるお笑いコンビです。

まずはお笑いコンビ・チャーミングについて、それぞれのプロフィールを紹介しましょう。

野田航裕のプロフィール

生年月日:1975年8月31日

出身地:福岡県柳川市

血液型:AB型

身長:174cm

体重:52kg

学歴:大分大学卒

靴のサイズ:26.5㎝

趣味:文学

特技:映像

井上二郎のプロフィール

生年月日:1977年7月5日

出身地:福岡県

血液型:A型

身長:172cm

体重:75kg

学歴:福岡大大濠高校卒業

趣味:漫画

特技:柔道

正直なところ、あまりにも全国的な知名度がないだけに、野田航裕さんについては詳細なプロフィールが全くと言っていいほどありません。

チャーミングのネタ作り担当、そしてボケをやっているくらいです。

そもそも、井上二郎さんが本を出して有名になっただけ。

チャーミングというコンビとしては、

全く売れていない

ので仕方のないことですが…

 

一方の井上二郎さんは、2018年で、芸歴23年を迎える結構なベテラン芸人です。

高校卒業後、吉本、ホリプロ、あと渡辺プロなど、いくつかの事務所を転々としていて、今のSMA NEET Projectに収まりました。

特技は柔道で、初段取得時に抜群という6人抜きを達成しています。

そして、井上二郎さんを語る上で欠かせないのが、『芸人生活』ですよね。

もともと、父親の影響で漫画が好きだった井上二郎さんは、高校時代には4000冊ほどの漫画を持っていたという漫画マニア。

ダウンタウンに憧れて芸人という道に進んだものの、自分の漫画を連載できるようになったのは嬉しかったみたいですね。

そんな『芸人生活』は、最初はアメブロ、後に『note』で連載を始めたコミックエッセイ。

もとは、今の相方の前にコンビを組んでいた、ヤマカワくんという人の話を描くところから『芸人生活』はスタートしたようです。

自身を『じろうちゃん』という主人公キャラクターにし、売れない下積み芸人の日常を面白おかしく描かれています。

時には同じ事務所のバイきんぐやロビンフット、ハリウッドザコシショウといったお笑い芸人たちも登場。

SMAに所属している芸人たちの生活が語られていくのです。

ちなみに、事務所は違うものの、友達関係にあるということで、少しだけ日本エレキテル連合も登場しているんですよ。

この『芸人生活』は、Twitterや推薦文でバイきんぐの2人が紹介するほど面白く、時に涙するシーンも散りばめられています。

井上二郎さんの父親との関係を描いた『福岡のやばい父ちゃん』シリーズなどはそうでしたね。

また、井上二郎さんは奥さんもいて、パンクバンドをしていた奥さんとの馴れ初めも描かれています。

 

ここまで見ると、なんとなくチャーミングというお笑いコンビが14年目にして解散をする理由が見えてきたような気もしますが…

一体なぜ、チャーミングはこのタイミングで解散を選んだのでしょうか?

 

お笑いコンビ・チャーミング解散の理由・仲や関係は?

結成から14年目を迎える2018年に、チャーミングは突如解散することとなりました。

井上二郎さんはTwitterで、

【お知らせ】チャーミングは話し合いの上、3月9日〔金〕月イチライブをもって解散することとなりました。

応援してくれた皆様!関係者の方々!ありがとうございました!

お互いピンでやりますのでどーぞ、よろしくお願いします!

とコメント。

話し合いの上で解散を決め、今後は二人ともピン芸人として活動していくことになりました。

 

さて、コンビ解散となると、やはり原因として囁かれやすいのが…

コンビ仲が悪くなった

ということですよね。

とくに、片方だけ知名度が出てしまうと、そこから一気にコンビ仲が冷え切ることも十分にあり得ます。

元Wコロンのねづっちさんと木曽さんちゅうさんなどが、そのいい例ですよね。

そこで、チャーミングの2人の仲や関係についても調べてみました。

 

そもそも、チャーミングの2人が出会ったのは、東京の吉本をやめてからあたりみたいですね。

渋谷公園通り劇場と銀座七丁目劇場がつぶれ、それによって辞めた人の中に、井上二郎さんと野田航裕さんがいました。

そして、やめてしまった人たちに、あべこうじさんが声をかけて路上ライブをしていた時に知り合い、2人はコンビを組むことになったのです。

最初は、井上二郎さんの方が芸歴が上なので、野田航裕さんに

「井上さん」

と呼ばれていたみたいですが、今では

「お前」

と言われるようになってしまったり、野田航裕さんはかなりぶっとんでいる性格だそうで、『芸人生活』発売の時は

「印税を全部くれるか、本が一冊も売れないのが俺の望みだ」

と言ったり、井上二郎さんの彼女がライブを見に来るときに、わざと下品な台本を用意するなど、井上二郎さん曰く

「彼はドSな異常な性格」

だそうです。

ちなみに、2015年の段階では、

  • ネタが覚えられなくてかなり怒られ、その後2倍の台本が送られてきた
  • 思い切り20発くらい殴られる台本があって、よく口の中が出血した
  • 殴られる台本で顎に入れるのをやめてと言ったら怒られて喧嘩になった

など、野田航裕さんのかなり異常な性格に苦労していたみたい。

ただ、チャーミングのコンビ仲は決して険悪というわけではなさそうです。

まぁ、仲は悪くないように見せかけて、本当は井上二郎さんが不満を抱いていた可能性もあるにはあります。

あくまでもビジネスライクな関係だったのかもしれません。

筆者ならば、こんなドS行為をされ続けたら、もうコンビを組んでいるのを辞めたくなりますし…。

そう考えると、バイトをしながらお笑いに打ち込むほど売れておらず、それでいて井上二郎さんはドSの相方からきつい目に遭っていたので、

「これ以上は2人でやっていたももう伸びる余地がないな」

ということを、コンビで確認し合って解散に踏み切ったのでしょう。

さすがに14年もやっていて全く売れないのでは、そろそろ限界でしょう。

ビジネスライクな関係なら、そもそもビジネスライクになっていないのが現状ですからね…。

 

ただ、仮に不満を抱いていたとしても、井上二郎さんは野田航裕さんとチャーミングというコンビがベストだと考えていたみたいですね。

今後はピンで活動するみたいですが、2015年の段階で、解散について問われた時は

「そうしたら僕は、もうたぶんコンビ組まないです。やるとしてもピンでやりますね」

と語っていたので…。

不満はあったかもしれませんが、相方としては信頼をしていた…そんな関係だったのだと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

チャーミングというお笑いコンビが、2018年3月9日をもって解散することになりました。

正直、井上二郎さんだけが知名度が少しあるようなコンビだったので、14年も続けていたのが意外なほどです。

肝心のチャーミングの解散理由は、

『話し合いで決めた』

というだけで何も語られていません。

ただ筆者の予想だと、コンビ仲が原因というよりは、

もうすぐ結成から15年を迎えるのに全く売れていないから、いい辞め時かもしれない

ということでコンビを解散する…。

そんな印象でしたね。

コンビ解散後、ピン芸人としてどちらかが売れる日は来るのか?

チャーミングの2人の今後に期待しましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-お笑い芸人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.